週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

§ シー・シェパード

2011年02月19日 22時25分42秒 | たわごと(少し硬派に振って)
爽やかな原村からの記事ではありません、後味の悪い記事かも知れませんよ。
スルーするも良し、読むも良しですが、気分を害するも害しないも読むかたの責任で・・・。


昨日、農林水産省が今年の調査捕鯨を中止することを発表した。

自分は捕鯨論者でも捕鯨禁止論者でもない。
強いて言えば、人類の食料の多様性と地球上の動植物に配慮した消極的な捕鯨賛成論者かもしれない。

日本人だからと言うわけではないが、シーシャパードの妨害行為には憤りを感じる。
地球上で一番大きな哺乳類である・・・鯨。
その知能からしても生態からしても愛すべき存在であることに異論はない。
その愛すべき対象物である鯨を如何なる名においても捕獲すべきではない。
そのような主張には理解できないでもない。
国際捕鯨委員会(IWC)の構成国家が全く捕鯨をしたことが無い国が多くなり商業捕鯨が禁止されるに至った。
白ナガス鯨等絶滅が心配される種が存在することも確かである。
種の保存が学術的に研究されてその生息数が解明されるべきである。
その経費を捻出するためにも、調査捕鯨で採取した鯨肉を販売しているのである。
それが、商業捕鯨と変わることが無いと非難する口実を与えている。

日本人は鯨肉を食べるが欧米人初め沢山の方達が牛を豚を羊を食しているではないかと言う気持ちはない。
道交法違反者が他の人もしているではないかと言う理論を使う気はない。


それでもシー・シェパードの違法な妨害行為に屈して調査捕鯨を中止することが納得できない。
違法な妨害行為に起因しないで調査捕鯨を中止するならば賛成できたかもしれない。
グリーン・ピースから派生した暴力的な活動を行うシー・シェパードの行為は決して許容することはできない。
その違法かつ暴力的なテロ行為に屈しての調査捕鯨が中止される事が納得いかないのである。
日本人の生命財産が犯される行為に屈して中止する事に決した日本政府の行為が許せないのである。
主権を侵害してまでの暴力的なテロ行為を許容するが如くの決断が許せない。
日本人の生命財産を守るべく海上保安庁の巡視船などを派遣するなどの行為もおこなっていない。
日本政府は違法行為に対して自国民を守る事もせずにしっぽを巻いて屈するとの誤った情報を与えることが許せないのである。
国家の主権をいかにしても死守するとの強い信念を持たない政府が許せない。

北京の日本大使館に北朝鮮からの脱北者が逃げ込んで来たことがあった。
ニュースのVTRの画像を見ると、日本大使館の職員が中国の警察官が大使館の敷地内に入って脱北者を連れ出していく行動に異を唱えるのではなく、協力しているのである。
その外務省職員(大使館員)の行動に目を疑った。
中国の公権力が日本の主権を侵している事になんら異を唱えないのである。
そんな日本であるから、主権を守るべく巡視船を派遣する考えを持たないことに驚きはしないが、こんなことで良いのだろうか。
真に鯨を愛し食生活の中から排除するために調査捕鯨を中止するなら賛成できたはずである。

シー・シェパードの活動資金は活動の賛同者たちの寄付金で賄われている。
その寄付金は暴力的な違法行為を行えば行うほど募金の金額が増えると言う。
好むと好まざるに関わらず、今回の件でシー・シャパードの活動資金は潤沢になるのである。
テロ活動と言っても良い事が、国際的に是認されたしまうのが納得できないのである。
シー・シェパードの活動家はこの潤沢な資金を得るための活動家になっている可能性も否定できない。
資金を得るための職業の一環であり、自然保護と言う隠れ蓑に包まれた集団に他ならない。
和歌山県の太地町でのイルカ漁でも問題になっている。
紀伊半島には三度ほど旅行したことがあり太地町にもお邪魔した。
歴史的に営まれた来た漁については、国際的に許されてきている。
捕鯨と長い付き合いのある日本。
でも、国家、主権と言う立場でテロに対峙してほしいと願ってしまう。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« #029 -’11. 別荘VS宿泊施設 | トップ | #031 -’11. 落ち穂拾い(夏) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
単純利益より大切な事 ()
2011-02-24 12:10:16
このニュースと言い、中国漁船の船長解放と言い、
心から、日本政府の知恵のなさ加減に、
失望すると同時に怒りを覚えました。

捕鯨をする事で、シーシェパードから危害を加えられ、
調査船やイルカ猟の船が危険な目にあうのであれば、
わざわざ発表せずに漁を控えさせればいいのだと思います。
まさに、簡単にテロに屈する国として、
横暴な連中や国をつけあがらせる以外の何物でもないと思うんですけどね。

生き物には、必要な栄養素があり、それを植物や動物や魚から摂取していたからこそ、
生きてこられたわけで、「食文化」というヤワな事ではないと思えます。

鯨だって、猿だって、犬だって、激減の保護は必要でしょうが、
生物学的に考えれば、その土地の食物連鎖の形だと思いますし、
それを他国がとやかく言うのは、まったお門違いもいいところですね。

それなのに、強引な相手に、簡単にすぐに屈する政府、情けない限りです。
その裏には、経団連も見え隠れする気がしないでもありませんが・・・


暴力に屈すること (原村)
2011-02-25 05:56:24
おはようございます、翠さん。

違法な暴力に屈する事をなんとも思わない政府・マスコミ・それに多くの国民。
暴力で危険な目に遭う恐れがあるならと、しり込みする国。
それらが気に入りません。
自分が遠吠えしても変わらないのですが。

鯨油だけを採っていた欧米の鯨漁とは異なり長い歴史があるのに。

経団連には考えが及びませんでした。
確かにオーストラリアなど資源国との摩擦を避ける為に影で糸を引いているかもしれないですね。
流石、翠さんですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

たわごと(少し硬派に振って)」カテゴリの最新記事