週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

#328 -’18. 日本ではフランダースの犬で有名なアントウェルペン(アントワープ)聖母大聖堂

2018年12月18日 13時24分10秒 | 海外旅行(ヨーロッパ)
先日、音楽会でお邪魔した上野のお山の西洋美術館でルーベンス展が開催されていた。
家内からアントウェルペン(アントワープ)にお邪魔した時、「聖母大聖堂でルーベンスの絵画が飾られていたよ」と言われたものの記憶がそれ程鮮明ではありませんでした。
帰宅してから自分のブログのスレッドを見ても見つかりませんでした。
アップロードしていませんでしたので、美術館に収蔵されて展示されてもおかしくないルーベンスに限らず素晴らしい絵画の数カスと、美しいステンドグラスの数々をその一とその二に分けてアップします。
撮影したのは2015年の5月ですから記憶が少し薄れていますので、追って追記させて頂きます。
最近は総てエクスペリアですが、今回の画像は総てニコン一眼レフでの撮影です。
ダウンサイジングとトリミング以外は行っておりません。

聖母大聖堂前の広場には、御影石らしき石で造られてご覧の通りのベンチとも椅子ともつかぬモニュメントが置かれています。
書かれている文字はご覧の通り日本語だけです。
ベルギーの方や他の国の観光客には読めません。
多くの方が座っておりました。
日本人はフランダースの犬のアニメで良く知っているネロとパトラッシュの悲しい物語ですが、ベルギーでは知られていません。
イギリス人の児童文学家が書いた本ですから致し方ないかもです。
それでも最近は少し変わったようです。
a1



文字は読めませんがトヨタが寄贈した銘盤が埋め込まれていました。
a2



アントウェルペン聖母大聖堂(アントウェルペンのノートルダム大聖堂)です。
聖母大聖堂に近すぎて全体が収まりません。
a3




a4



峠の我が家でもウッドデッキでこちらの蝋燭を立てて星空を眺め音楽を聴いております。
無神論者と言うかお願い毎は宗教&宗派を問わずに神様にお願いしますので、この時もお布施をして灯してきました。
a5



ステンドグラスのイエスの頭上に掲げられているラテン文字のINRIとは?何かごぞんじですか。
長崎の教会のイエスの磔刑の上にも書かれています。
a6


ウキペディアから引用させて頂きます。
INRI は、ラテン語の「IESUS NAZARENUS REX IUDAEORUM」の頭字語であり、日本語では「ユダヤ人の王、ナザレのイエス」と訳される。これは「キリストの磔刑」において十字架の上に掲げられた罪状書き(イエスが自らを神の子でありユダヤ人の王であると称し、神を冒涜したとの罪状)であり、磔刑図と呼ばれる磔刑を描いた絵画や、十字架の上のイエス・キリストを彫った磔刑像(crucifix)という彫刻においては、イエスの頭の上に「INRI」という頭文字が記された札・銘板(titulus)が描かれるのが普通である。また絵画や彫刻によっては、INRI の文字が直接十字架に彫られていたり、イエスの頭上にINRI の文字が現れているような場合もある。古代の磔刑では、処刑場に引かれてゆく罪人の首には罪状を書いた銘板がぶら下げられ、その銘板は磔刑時に十字架上にかけられていた。



a7



a8




a9




a10




a11




a12




a13




a14




a15




a16




a17




a18




a19




a20




a21




a22




a23




a24




a25




a26




a27



a29




a30




a31




a32



a33




a34



a35




a36



a37




a38




a39




a40




a41




a42




a43



a44




a45




a46




a47




a48




a49




a50





『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« #327 -’18. 2018年... | トップ | #329 -’18. 味の素スタ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (katananke05)
2018-12-20 10:18:01
たしかに 十字架のうえには
この文字がかかれていますね〜
意味をかんがえたことがなかったので
教えていただき 感謝〜
ヨーロッパの教会は 建物もさりとて
ステンドグラスの美しさに
魅虜されますね〜
わたしは イギリスソールズベリーの
青のステンドグラスが 印象にのこっています〜
文盲 (原村)
2018-12-20 16:04:51
こんにちは、katananke05 さん。

不思議な感覚なんですが、ヨーロッパの教会を訪れるとキリスト教に対して宗教心も無い自分なのに敬虔な気持ちになります。
小さな教会や大聖堂などの教会に言うに及ばず宗教画とバラ窓、そしてステンドグラスの荘厳さには息を呑みます。
文字が読めない一般の庶民が神父、牧師の説教を聞いて神の前に頭を垂れる姿を思い浮かべます。
文字が読めない人にも神の教えを説くステンドグラスと宗教画を思い浮かべてしまいます。
読み書きそろばんの日本に西洋の知識人が渡来して自国の識字率と比べて驚いたのも頷けます。
美しさもさる事ながら芸術的にも凄いですね。
再度アップするので写真を調べえみました。
ソールズベリー大聖堂をネットで探してみました。
主祭壇の後ろに青の濃いステンドグラスを見ることができました。
トランスファーではなくイギリスのお邪魔したのは一度だけだったので、訪問したいないようです。
素晴らしステンドグラスですね。
機会があればと思いますが、訪問した事の無い景観の素晴らしい国が優先しそうです。
でも、美しいですね。

いつもコメントありがとうございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

海外旅行(ヨーロッパ)」カテゴリの最新記事