週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

#023 -’12. 原村も遠くなりにけり

2012年02月19日 12時17分06秒 | 別荘生活
今週末、東京でも雪がちらついたが積もるほどではなかった。

太平洋岸が天気が悪くて雨が降るときは、原村には雪が降る。
今回も東京から原村まで雪の走行になる恐れがあり、お山行きをパスした。
実際は積雪の恐れもなく、原村までたどりつけたようだあった。

今日の原村のHPを見ると気温は-12.5℃(午前7時30分)を表示していた。
峠の我が家では軽く-15℃を下回っているはず。
別荘地を購入するときセールスマンから「冬は寒いですが、雪は少ないですよ。」との事であったが、どうしてどうして積雪も多いこと。
雪かきがイベントとして考えられなくなった近頃は雪かきに行くのが億劫になってしまった。
原村も鉢巻道路より上だと一層雪深くなる。
鉢巻道路に限定しても、原村から富士見町に入ると温度も上がり格段に雪も少なくなる。
軟弱になってしまった自分を痛切に感じる昨今である。

冬のこの時期、原村を訪れるのは月一でも良いかと思うようになってきた。
自分の心の中は『原村も遠くなりにけり』といった心持である。
今朝の菅平での最低気温が-29.2℃で記録を更新したとの事。
本州で観測した最低気温を更新したとの報道であるが、この気温は富士山頂で記録された過去の記録より低いと言う事か。

早く春が訪れ原村が精神的にも近くなるのが待ち遠しい。


『長野県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« § デフレと円高 | トップ | Phone 025 -’12. 街角@松本 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
行ってきました! (さくとら♪)
2012-02-23 01:24:02
こんばんは。お久しぶりです。
明日は一日中雨のようですねぇ。

私たちは2/9からお山の家に行ってきました。
到着は2/10午前0:15。深夜割引を使い、0時過ぎに諏訪南を降りました。
思っていたほど雪がないのには驚き!
実はスキーに来たのに…。
弟一家も誘ったものの車は2WD。
実家の4WDを借りてくるように伝えたのですが、このままじゃ必要ないかも…。
と思ったのもつかの間。
別荘地内はツルツルでしたので、結果オーライです。

到着時の室内は-9度。頑張って暖めましたよぉ。
でも、建物全体が冷え切っているので、簡単には暖まらないものですね。

翌日のスキーはお天気も、雪のコンディションも良く、最高のスキー日和でした。
が、リフトの下は土でしたけれど…。

「最近スキーを積んで走る車が少なくなったね」と我が家でも話題になりましたが、もちろんスキー人口が激減した関係もありますが、昨今の車事情の影響もあると思います。
ミニバンやワンボックスカーが増え、スキー板も短くなり(スノーボードも)、車内に積める!
我が家の車は荷台があるので、何でも積めますけれど…。
鍵が無いので不用心です(笑)

横浜の実家の庭には「ふきのとう」が出始めました。
もう少ししたら(と言っても4月に入ってからかな?)お山も山菜がたくさん採れますね。
父は今から楽しみにしていて、とりあえず、ふきのとうで「ふきみそ」を作っていました。

私は冬も大好きですが、ぽかぽかの春も待ち遠しいです。
これは原村さんも同様でしょうか?

それではまた! (^^)/
スキー (原村)
2012-02-23 21:45:25
こんばんは、さくとら♪さん。

訪問頂きコメントまでありがとうございます。
雪かきが応える年ということでしょうか。
二時間程度の雪かきは良い経験であり且つ適度の運動を思えたのも遠い過去になりつつあります。
雪が降ると嬉しくて外に出て雪かきに勤しんでいるという感覚でした。
でも、車を敷地内に入れるために雪かきせねばならぬとの感覚に変わって来てしまいました。

スキー板も峠の我が家に持ち込んでいましたが一度も行かない内に廃棄処分してしまいました。
家内が殆んどしない為に、スキーも遠い過去に。
息子が腕前を上げたりした為に、スキー場内での連絡用にとハムの資格も取ったのも大昔になりました。
本当に最近は板を室内に積んでいる事もありラックに載せている車を見なくなりましたね。
我が家の竣工をスキーシーズンに合わせて無理に早めようとしたのが嘘のようです。

マイナス10℃を下回ってい室内が凍えるほど寒くは感じませんが暖房機総動員になります。
空気だけ暖めるなら直ぐに温まるのですが、建物がマイナスの温度を蓄積していますので、上げるまでが大変です。
上がるまで時間が掛かるということは、家が熱を蓄える能力が高いということですから、いいことなんですが。
でも、時間が掛かるのには閉口します。
一旦温まれば東京よりしのぎ易いかもしれません。
我が家の特殊事情で東京の家もドアや襖などは開け放っています。
何処でも猫が出入りできるようにということで。

横浜の実家にふきのとうが出たのですか。
春は確実に近づいてきているのですね。

厳しい凛とした星空の美しい原村も大好きですが、草木が芽吹く春もまた、良いですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

別荘生活」カテゴリの最新記事