週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

#051 -’19. 2月20日の大使館巡りの街歩き(その一、目黒から高輪北町バス停まで)

2019年02月22日 22時56分04秒 | 街角
大使館などは後日、別途アップする積りです。

今回は、目黒から高輪(マラウイ共和国大使館)そして西麻布行き(エルサルバドル共和国大使館、ホンジュラス大使館スタンプを頂いて)、昼食後(かねいし)に慶応大学の脇を抜けてハンガリー大使館に向かった道すがらをアップします。

この日は一番最初に高輪のマラウイ共和国大使館に伺う為に目黒から大井競馬場行の都バスに乗って明治学院大で下車して大使館に伺います。
マラウイ大使館での用件が済んだ後は国道1号線から桂坂を下りバス停の在る国道15号へ。
その先の予定は高樹町の大使館マンションのエルサルバドル共和国大使館・ホンジュラス大使館へ。
食事はかねいしで頂きましたが家内は権八を予定していたようでした。
食事を済ませてから、地下鉄にもバスにも乗らず延々と街歩き開始でした。
結局都バスに乗ったのは目黒駅~明治学院大学前と高輪北町~西麻布への二度のみでした。
西麻布からハンガリー大使館へ、慶応大学脇を通り麻布十番迄歩ききました。
20日のfitbitでは14000歩でした。

それでは大使館巡りの始まりです。
明治学院前でバスを降りました。
01



02


国道一号線です。
大学一年の時に伊豆半島一周のサイクリングで真夜中に通った懐かしい道です。
03


家内から国道一号を横切った先にレトロな建物を見て聞いた来た。
何の建物?と家内。
消防署だよと。
04


何かで見て知ってはいたが、本物を見るのは初めて。
レトロ感は漂うが、建立時は超モダンな建物であった事が想像できる。
今でこそ、建物が高くなり消防署には必ず付随していた火の見櫓での見張り番もなくなった。
でも、その面影が宇宙を連想させるデザインで残っている。
05


ニッサンの時代を感じさせる消防車も鎮座している。
一度も入った事が無いが四ツ谷四丁目の交差点にも消防博物館が有る筈だ。
保育園の園児が先生に連れられて10名前後訪れていた。
港区で街歩きしていると結構保育園児を見かける。
次の高輪北町のバス停前でも可愛い園児にあいました。
06




マラウイ共和国大使館への約束の時間は午前10時半ですから、30分ほど余裕がありましたので丁度よい探索でした。
しかし、こちらの高野山東京別院昭和新撰江戸三十三観音札所の29番の霊場でした。
御朱印を頂く事が出来ましたが、今回は巡礼用具一式を持参しませんでした。
高野山東京別院は別スレッドでアップするつもりです。
07


大使館を後にして先ほどの消防署と高野山東京別院の間を通り桂坂を下り都バスの高輪北町バス停にむかいます。
08


我が家も少しだけお世話になっている野村証券の研修所だとガードマンが教えてくれました。
09


表札には高輪館となっていました。
今は東芝の迎賓館のようですが、粉飾決算を受けても持ちこたえた様である。
個人的には損得零と言ったところです。
個人には一般開放されていないようである。
10



11




道路の反対側を下っていましたので正確にはわかりませんが、もしかすると柴田錬三郎氏の旧宅かも。
12



坂を下る途中にしだれ梅が咲いていました。
13


ここから四枚の写真は全て都バスの高輪北町のバス停で撮影したものです。
国道15号の隣を並走して走る東海道本線など沢山のJR線越しに品川駅東口側の新開発されてビル群のはずれが垣間見えます。
14




15


港区旧町名由来版の内容はこちらで見る事ができます。
こちらのは二番目のシティハイツ桂坂をクリックしてみて下さい。
16


高輪北町のバス停から10停留所先の西麻布に向かいます。
その間の写真はありません。
17




高輪北町で新宿西口行きの都バスに乗って西麻布に向かいまいました。
続きの街歩きはその二です。



コメント   この記事についてブログを書く
« § 韓国軍からレーダー照射を... | トップ | #052 -’19. 2月20日の大... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

街角」カテゴリの最新記事