週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

#077 -’19. 赤坂金龍で昼食を戴いて

2019年03月21日 17時44分15秒 | 訪問した食事処、お茶処
以前からお邪魔したいと思って金龍さんですが、今月末(三月)をもって閉店する事ですから急がねばと思っていましたが、いよいよ押し詰まっての訪問です。

赤坂金龍さんのHPはこちらです。

頂いたパンフレットから引用させて頂きます。

     和の美しさを楽しむ「和楽美」 わらび
天然の素材である木と土と紙が巧みに調和した、日本伝統の数寄屋造り、和の心が見事に表現された調度品の数々や、季節の表情を見せる庭の風情、赤坂金龍には、ゆっくりと時が流れ、和の美しさを楽しむ「和楽美」があります。
入り口を一歩入ると、静かな和の空間が広がします。少人数からご利用いただける、掘りごたつ席やテーブル席をはじめ、和個室・広間は、ご希望により座卓・椅子席どちらでもご用意いたします。いずれのお席もゆったりとおくつろぎいただけます。
四季折々のの味覚を、心地よい和の空間でゆっくりとご賞味いただきます。食材にこだわり、器にこだわったおもてなしを、どうぞお楽しみください。


01


長大な一枚板のカウンター席です。
生ビールのサーバーがあります。
02


案内されたのは二人用のテーブル席です。
入って一番先に家内が白いアイロンの効いたテーブル席ですよとの事。
03



04


真っ白のナプキンの独特な畳み方で置かれておりました。
05


この額の中に飾られている札は何かご存じですか?
ヒント、任天堂が昔からつくっていたものです。多分今でもつくって居るかも。
    トランプに相当する昔からのカードゲームです。
    1月から12月を表しています。
こんな使い方があるとは、粋ですね。
06

答え:花札です。

白いテーブルクロスに冷えた生ビールです。
高級を謳うお店では、お盆やランチョンマットではなく、これでなければです。
07



08


北大路魯山人作の花瓶です。
09


松平健さんから贈られて胡蝶蘭です。
10


他にも由緒正しきものだと思います。
11


我が家がお願いしたのは金龍御膳です。
12


美味しく頂きました。
13


お店の担当者によると露地と呼んでいました。
14



15
『グルメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« #076 -’19. 3月20日(水... | トップ | #078 -’19. オーストリア大... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

訪問した食事処、お茶処」カテゴリの最新記事