週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

#0042 -’19. 祝 ルマン24時間 1・2フィニッシ TOYOTA CAZOO RECING

2019年06月16日 22時20分11秒 | 
二年連続での総合優勝です。
それでも、今回は魔物の悪戯があり単純に喜びを表すことができなかったTOYOYA CAZOO RECING でした。
今回は、一位の八号車と二位の七号車が接近していたために並んでチェッカーフラッグを受ける恒例の姿はありませんでした。
それでも、やっぱりルマンです。
こちらの画像は8号車がチェッカーを受ける画面のリプレーです。
1


24時間を戦い抜いた栄光のルマンを走ったレーシングドライバー達です。
完走せねばルマンを走ったとは言えないそうですから、完走したドライバーたちの嬉しさはいかばかりかと思うしだいです

ここからは時間は戻りファイナルラップの画像です。
2


チェッカーフラッグを受けるまでは何ともいえませんが、ファイナルラップです。
3



4


ファイナルラップの画面にロレックスの時計が24時間2秒を表示しています。
まだ、チェッカーフラッグを受けていません。
5



名誉の八号車の三人のドライバーですが、中嶋一貴選手がチェッカーフラッグを受けました。
6


八号車のチェッカーフラッグを受ける栄誉を担った中嶋一貴選手ですが、本来であればステアリングを握っていてゴールした後なのにこの表情です。
七号車に対する気持ちもあり、心は複雑だったようです。
7


八号車のドライバーの中嶋一貴、フェルナンド・アロンソ、セバスチャン・ブエミを左右に乗せて日章旗、チームフラッグそしてチェッカーフラッグをもってメインスタンド前の表彰式会場前に向かいます。
8



9


10


11


12


レーシングタイヤの粘着性には驚きました。
君が代が二年連続で聞くことが出来て最高でした。
13


トヨタ・チームはアロンソを讃えて。
24 hours of Le Mans - Farewell Fernando(日本語字幕付き)


F1のみではなく多才なフェルナンド・アロンソが大好きですが、アバのフェルナンドも大好きなのでこちらにアップします。
Abba - Fernando

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« #0041 -’19. ルマン24時間... | トップ | #0043 -’19. 京劇 西遊記 ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
流石に (Travel Jiji)
2019-06-17 13:36:25
ル・マンを投稿されるって、それも画像付きで。守備範囲広いですね。でもジジには東京界隈と原村の紹介記事がピタッと来ます。いつも「イイネ」応援アリガトです。
CATV画面を撮影 (原村)
2019-06-17 19:19:54
こんにちは、Travel Jiji さん。
画像はJ:COM のJSPORTS 1 の画像を携帯で撮影して使用させて頂きました。
モータースポーツは以前は大好きで富士スピードウェイに息子と良くレース観戦に行きました。
F3などのフォーミュラカーより、耐久レースなどの車がだいすきでした。
日本車で最初にルマンで優勝したマツダロータリーのレースも富士でみました。
メインスタンドの裏には売店やメーカーなどのブースがありレースを見ていなくても、ロータリー・エンジンは独特のサウンドでメインスタンド前を通過するのが分かりました。
メインスタンド前でレースカーが通過する前のサウンドと通過後の音程が変わるのもレース場で見るからの臨場感です。(ドップラー効果)
息子たちが大きくなったらフランスにルマン24時間とツールドフランスを見学に行こうと言っていた約束も果たせそうにありません。

最近は原村の記事が少なくてすいません。
反対に東京の街歩きは増えたと思います。
いつもコメントありがとうございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事