週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

§ 安倍総理 韓国輸出規制で反論(ジャーナリストも碌な知識しか無いのが悲しい)

2019年07月10日 10時34分52秒 | たわごと(少し硬派に振って)
今回のスレッドを述べるにあたり、前回引用させて頂いた細川昌彦元・経済産業省貿易管理部長の文章を一部再掲させて頂く。

まずそもそもこれは、韓国に対して新たに「輸出規制を発動」するものではない。
韓国向けの輸出について、2004年から特別に優遇して簡略化していた手続きを、2003年までの普通の手続きに戻すものだ。
簡略化した手続きとは、3年間有効な「包括許可」を得れば、いつでも輸出できるというものだ。
本来は、輸出の契約ごとに「個別許可」が必要だ。
2003年当時は、韓国への輸出は個別許可が必要であった。
まさにこの時の手続きに戻すのが今回の措置だと言ってよい。
また、輸出に際して「個別許可」が必要なのは、輸出管理の世界では国際的な原則で、特別に信頼できる相手国についてのみ、「包括許可」による手続きの簡略化が認められている。


日本記者クラブでの記者の質問に安倍総理 韓国輸出規制で反論です。

次のユーチューブ画像で安倍総理に質問したのは、橋本五郎氏だと思われるがこれ程低能だとは今まで思っていなかった。
物事の本質を観る事の出来ないジャーナリストが多すぎる。
今回のチューチューブの動画を拝見して、支持するかしないかは別にして一刻の総理大臣に対して安倍さんと呼んでいることにも驚いた。
議論の相手に対して、内容の無い人物に限り高所から意見を言うきらいがある。
(上から目線で言えば、議論の内容・論旨で相手を論破したとでもおもうのでしょうか?)

外交は国益を掛けた戦である。
慰安婦問題から天皇(現在の上皇)の戦犯の息子発言やレーダー照射問題、そして今回の徴用工に関する韓国政府の対応である。
国際間の約束も反故にする韓国に対し、自国の正しいと思う事に対して何を憚る事があろうか。
ジャーナリストの資質が低下した意見は聞くに堪えない論旨を発揮している。


日本記者クラブの全体の記者会見を観たい方は以下のユーチューブ画像をご覧下さい。
7党党首討論会 2019.7.3



政治家の中でも特に有能な世耕経産省大臣の発言です。

対韓国輸出規制は「当然の責務」経産大臣が意義強調(19/07/02)


パブリックコメントで政府に意見を述べる事ができます。
賛成の方も反対の方も是非、自分の考えを行政府たる内閣に述べるのは如何でしょうか。

パブリックコメント:意見募集中案件詳細
案件番号: 595119079
定めようとする命令等の題名: 輸出貿易管理令の一部を改正する政令案
根拠法令項: 外国為替及び外国貿易法第48条第1項
(所管府省・部局名等) 経済産業省貿易管理課
案の公示日: 2019年07月01日
意見・情報受付開始日: 2019年07月01日
意見・情報受付締切日: 2019年07月24日

意見提出が30日未満の場合その理由 輸出管理を適切に実施する観点から、速やかに対応する必要があるため
コメント (2)

カウンター