週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

#002 -’17. 年が明けても、変わらぬナナちゃん。

2017年01月02日 17時11分08秒 | ねこ
我が家のナナちゃんにとっては、正月三が日など何の関わりもございません。

一進一退のリハビリですが、少しだけ前途に光が見えて来た感じもしないでもありません。
キャリーケースの自宅の中で横になるようになりました。
覗くといつも横にならずに、変化する体制に対処できるように座っていたのが、緊急時の対処が不可能な横になる事が有るようになりました。
危険な対象物との認識が少し薄れて来たようだ。
我が家のナナちゃんのリハビリは牛歩の如き進歩だけど、焦らずにナナちゃんの信頼を裏切らない事に徹して行く以外にない。
家内がネットで保護猫の事を検索しまくっている。
それに依ると、何年もかかる事が有ると心配している。
愛情でリハビリの期間が短くなるのなら、たやすい事であるが強硬手段で改善を図るべきなのか思案のしどころで、リハビリ方針が定まらない。
ケージの扉を開けて部屋のドアを締め切り出たい時は自由に出すべきか迷っている。
ナナちゃんの自由意思からケージから出るので有ればリハビリも早い感じがするのだが決心がつかない。

リハビリを急ぎ過ぎて、少し後退したのがトラウマになっている。

今日のナナちゃんです。
前足をピント伸ばして座っている姿から、危険を感じなくなって来たようだ。
それでも、近づき過ぎるとハーと、威嚇して安全距離を保とうとする。
この仕草がリハビリの進み具合の目安になりそうだ。
正月二日の我が家のナナちゃんです。



こちらは、おまけの元旦のお屠蘇です。
福島から復興を願い取り寄せた三本詰めの日本酒です。
その内の一本「寿」の文字があったのでこちらを頂いた。


こちらはノンアルコールのブドウジュースです。
フランス産のスパークリングです。


ナナちゃんの猫語を翻訳して「野良猫&保護猫の皆様に。安全で幸せな一年でありますように。」とのことでした。
コメント (4)

カウンター