週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

#021 -’12. HOTEL DANROKAN

2012年02月17日 00時00分01秒 | 温泉&宿
甲府の中心部にあるホテル談露館なのでビジネスユースのお客さんも多いのと、結婚式や宴会なども沢山執り行われていた。

JTBを通して一泊二食付きで一人金8000円での宿泊である。
低料金のこともあり全く期待はしてなかなった。
料金相応の部屋で料金相応の料理で、料金相応のサービスと思い込んでいた。
超豪華な宿と言う訳にいかないのは勿論であるが、総てにおいて満足のいく良いHotel でした。

部屋は最上階でした。
と、いってもこの棟は5階ですが。
部屋の前の廊下が広くゆったりとしていました。



宿泊した室内もそこそこの広さがあり、閉塞感を感じる事はありませんでした。
部屋の通路も別に狭くなく立派なものです。



シモンズ社製のベットとの事。
ベットとベットの間隔が離れすぎていて、ベットサイドテーブルがどちらからも少し遠くてかえって使い難かった。



バスルームと兼用ですが、源泉掛け流しの温泉に行きましたから問題ありませんでした。
温泉は男子用は5人の洗い場で、女性は3人の洗い場なので少し狭いかも。



老舗なので至る所に飾り物が。



我が家の部屋に向かうエレベーター脇にはティールームが。



美味しい夕食と朝食を頂いた、ダイニング 錦です。



この先に進むとフロントがあります。


談露館フロントでチェックアウトでお支払いした金額は:
生ビールが¥630-と七賢の天鵞絨(ビロード)の味の¥735-でしたが、何故か10%割り引かれていました。
総額は一泊二食付き二名で一万七千円少々でした。
大満足のお宿でした。
最近の宿代はかくも安くて、生き残りが大変であると思えてしまう。
コメント

カウンター