週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

tb. 30 -’09. T.P.O. で考えて

2009年10月24日 21時49分10秒 | トラックバック練習板
今回(10月23日)のトラックバック練習板のお題です。
「あなたの好きな飲み物は?」


自然と脳裏に浮んだのはアルコール類でした。
人に依って思い浮かぶのは千差万別の筈ですが、それ程飲まない自分が思ったことはビールでした。
近年地盤沈下の激しい感じのビールです。
世間一般ではとりあえずビールと言う雰囲気でしょうか。
自分は他の物も勿論飲みますが、チャンポンで飲んでも最後までビールは放せません。(飲み屋での話しですが。)
それ程喉越しのビールが好きです。
大人数でもビールは最高ですが、二人で煩い大きな酒場で口から泡を飛ばして激論しながら飲むのも楽しいものです。


そのビール大好き人間の私でも飲むのは多くて週一程度です。
一番多く飲むのは勿論日本茶です。
先日も買い置きが切れて、静岡の農協に注文していました。
日本茶ほど値段と味が相関する飲み物は無いと思うほどです。
いつも飲む煎茶は美味しい物を飲みたいものです。
物流も発達して注文した翌日に届きます。
凄いものです。
日本茶に勝るブレークタイムの飲み物は無いと思っています。

コーヒーも飲みますが、精神的にもブレークタイム時といった飲み方ではありません。
コーヒーの香りとあの味のためでしょうか。
我が家でもストレート、すなわちブラックで飲んでいます。
先日も兄が峠の我が家に来て、コーヒーをたてましたが、兄に聞きながらたてたまでは良かったですが。
兄は砂糖を入れるとの事。
肝心のコーヒーに入れる砂糖のありかが分かりません。
見たこともないから、無いと思いましたが念のため家内に電話したら、
ある場所が分かり事なきを得ました。
コーヒーに砂糖を入れるとお菓子的な飲料になる感じがしてしまいます。
嗜好品としてのコーヒーはヤッパリブラックだと思うのですが。

紅茶を飲むことは殆どありませんんが、今年の夏からハマッテ居る飲み物。
それがリプトンのレモンティーの1リットルのパックです。
他の銘柄も時々買いますが、このリプトンのレモンティーが一番美味しいです。
あの爽やかな美味しさと、脂分が体内から出て行くような爽快感。
冷蔵庫には欠かせない飲み物になりました。
(今も飲んで来る時パックを初めて読んだら、リプトンのレモンティーなんですが、森永乳業となっていました。しりませんでした。)

冷蔵庫に欠かせないで思い出すのが昔から我が家の定番の牛乳です。
宅配ではなく、1リットルのパックの牛乳が一二本必ず入っています。
それ程、我が家では牛乳をがぶ飲みします。
明治乳業の方が宅配如何ですかと、訪問してきますが、牛乳瓶で宅配を受けたら幾らあっても足りない我が家です。

日本酒は気が向いた時に飲む程度になりました。

それこそ、ウイスキーは全くと言うほど飲まなくなりました。
コメント

#277 -’09. 王ヶ鼻ツアー(その一)

2009年10月24日 00時00分01秒 | 長野県の名所旧跡
ホテルを午前6時に出発する王ヶ鼻ツアーです。
リピーターが多いと感じたのも、続々と参加者が集まってきます。
これ程マイクロに乗れるのかと思う程でした。
来た車はホテルの大型バスです。
少し古いですが、観光バスと同じです。
王ヶ鼻ツアーその一では、王ヶ鼻に行くまでを。
そのニは絶景の王ヶ鼻を。

乗っていったバスです。


行きはバスで、帰りは半数程度の方がホテルまで歩いて帰りました。
途中の景色を堪能しながら歩いて帰るわけです。
我が家は行きも帰りもバスに揺られて帰りました。
歩いても1.1キロとの事ですから若干の上り下りがあってもノンビリ歩いても30分あればホテルには着きます。
バスから降りたここからは、歩行用の道のみで王ヶ鼻まで200メートルとの事です。



落葉松の木々の間から朝日が昇ってきました。



王ヶ鼻に着く前から素晴らしい景色が眼前に現れてきます。
観光客は立ち止まり見とれてしまいます。
ガイドを務めるバスの運転手さん観光客を急かせて、200メートル先の王ヶ鼻へ。
後で分かったことですが、観光客を急がせる必要があったのです。



上り下りのキツイ道ではありませんが、細い道で立ち止まると時間が掛かってしまいす。



木々の間からこんなに素晴らしい雲海が見えてきます。



嶺に当る朝日が。



一番手前の葉を落とした木々の間に青く見えるのは雲海です。
一番奥に白い嶺が見えるのが北アルプスです。
右手の槍ヶ岳からキレット・穂高連峰へ。
眼前にこんなに素晴らしい景色が見えれば立ち止まりたくなります。



朝日が当る尾根筋と日が当らない谷筋が際立って美しく見えます。




振り返ると王ヶ頭の電波塔ではない、王ヶ鼻の電波塔かな~。



富士山が見えました。
感動ものです。
雲海の美しい事。



王ヶ頭ホテルは国定公園内と言う事でペット同伴の宿泊は出来ません。
また、牧場の中にあるといっても過言ではありません。
何故かノーリドのわんちゃんがいました。
牧畜犬のロットワイラーのようにお見受けしまいた。
ブログを書き上げる為、今写真を見るとセントバーナードにも見えますが、実物を見たときはセントバーナードが脳裏には浮びませんでした。
従って、ロットワイラーだと思います。
直ぐ脇には初老のご夫婦が勿論おりました。
コメント

カウンター