赤毛のアンちゃん

赤毛の柴犬アンちゃんは2014年11月、14年5カ月の生涯を閉じました。『決してリードは放しま宣言』発信中のブログです♪

オードリーが好き[42] ALWAYS 三丁目の夕日 後編

2005-11-21 06:44:48 | (2)オードリーが好き


この映画をごらんになった当時を知る方は、
どんな思いで観ていたのでしょう?
ある方は、楽しかったことを、ある方は辛かったことを
また、なつかしさに涙した方も。
それでも・・・幸せだった時代です。
未来への夢があった時代です。



いい作品でした。
自分自身の思い出も投影しながら観せてもらいました。

ただ、残念だったことを2つ書いておきます。
まず、2世代での暮らししか画面には描かれていません。
当時としてはまずあり得ない設定です。
自分が子どもとして見るなら、家の中には何人もの兄弟がいて
両親がいて、おじいちゃん、おばあちゃんが一緒にいたはずです。
この映画のこだわりを考えるなら、最も今に伝えたいことでは
なかったのでしょうか。
もう一つは、キャスティングです。
演技力についてではなく、この時代設定に「小雪」はないでしょ?
こんなにスタイルが良くて小顔の女性・・・
今は当たり前でも、当時では皆無といっていいぐらい。
(当時の美人の代名詞は、最初のミス日本・山本富士子でしたね)



こんな時代は、もう戻ってこない。
ひたすら空腹をまぎらし、新しいものを求めて
大切なものを捨て去ってきた日本。

ちょっと振り返ってみるのも悪くはないですね。

(上映時間:2時間13分)
■作品評価 ★★★★(★4つ・・・もう一歩のこだわりが)

昭和33年はこちらから→ ALWAYS 三丁目の夕日公式サイト
ごらんください。



人気blogランキング参加中です。

人気blogランキングへ←ここをクリちゃんしてネ

コメント (4)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« オードリーが好き[42] ALWAY... | トップ | 季節がみごろ[45] 『春に向... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
原作 (xina-shin)
2005-11-21 22:02:14
原案エピソードの原作を読みました。

原作の設定をある程度なぞった為に核家族的な家庭になったという事も考えられます。

「小雪」は・・・美人なら何でも許してしまう中年男でスイマセン。

xina-shinさんへ (アンちゃんパパ)
2005-11-22 07:12:32
おそらく原作に沿ったための設定になったことはよくわかります。

でも今なぜ昭和30年代を伝えなければならないのかを考えれば

この設定は、変更すべきだったと思います。

ただなつかしむだけの映画なら、後には続いていかないでしょうし、観る人もいなくなります。



「小雪」は、一歩譲りますけどね。

世代について (hirota)
2005-12-10 08:21:56
はじめまして

記事に書かれている家族構成のお話ですが場所が東京ということ、鈴木オートが昔からすんでいた地元の人間ではないということを考えてもお年寄りがいなくても不思議ではありません。

私の家も両親は田舎に住んでいましたし、私の友達のいえもお年寄りはすでに他界しており兄弟は居ませんでした。

鈴木オートの社長は車の整備工と言うことを考えても地元の人間ではなく(自動車整備工場は当時はまだ新しい方の仕事)地方出身者が所帯を持つと当然両親が田舎に残るわけですから当時の東京を考えても標準とは言いませんが私の経験からしてごくふつうの家族構成だとおもいます。
hirotaさんへ (アンちゃんのお父さん)
2005-12-10 23:21:42
コメントありがとうございます。

世代については、今ならおっしゃるような捉え方が一般的だとは思います。

記事に書いたのは、今なぜ昭和33年という設定を映画化したのかに起因します。

ですから、東京でなくてもいいんです。今の時代にあってこの時代になかったもの

逆にこの時代にあって、今失われたものをもう一度見直してもらいたいということを

この映画はメッセージしているはずです。

映画は、その奥にあるものが見えてくるかこないかで

評価が別れるものと理解しています。

ですから、人によって違います。多数決はないのです。

いつもこう思いながら観るようにしています。

コメントを投稿

(2)オードリーが好き」カテゴリの最新記事

5 トラックバック

「ALWAYS 三丁目の夕日」の回 (小宇宙ぶろぐ)
映画を見にいってきました。 場所は池袋HUMAXシネマ。 「ALWAYS 三丁目の夕日」 昭和33年の東京タワーが出来るまでの間に起こった出来事を面白おかしく、そして超感動的に描いた作品です。 おれの理想の街の風景の一つがそこには描かれていました。 (駅でのCGがすこし
「三丁目の夕日 映画化特別編」購入 (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
『ALWAYS 三丁目の夕日』の原案エピソードを集めた『三丁目の夕日 映画化特別編』を買ってきました。 三丁目の夕日 特別編小学館このアイテムの詳細を見る 収録エピソード ・干しいも兄ちゃん ・スカスカ人生 ・テレビがわが家にやって来た! ・コオロギの唄 ・秋深し
ALWAYS 三丁目の夕日 (たこブログ)
今日は『ALWAYS 三丁目の夕日』観てきました☆ とりあえず結構前の時代の話なんだろな~ってくらいで行ったんだけど・・・ これがマジに感動もんよw 笑えるとこは思いっきり笑え
ALWAYS 三丁目の夕日 今年の234本目 (猫姫じゃ)
ALWAYS 三丁目の夕日 泣いた、、、 ホント、久しぶりに映画館で見た。札幌で、夜の出撃に備えて、英気を養うためにぶらぶらしていたんだケド、この映画の評判が良いのは知っていたので、たまたま通りかかった映画館へ。 SFXとは、こういう使い方をするんだぁ! 年代は
「ALWAYS 三丁目の夕日」夢や希望が恥ずかしくない頃 (soramove)
「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ 堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子主演 山崎貴監督、2005年 予告編を見た時、 「この映画はやめよう」と 思っていた。 「泣き」の映画の あざとさのようなものを 嗅ぎ取ったからだ。 で、映画館の暗闇で上映開始を待...