気まぐれ日記☆着物の小部屋

2007年耳下腺癌の手術で顔が変わり、生活が一転。街歩きと着物と芝居のブログをどうぞ宜しく♪

NHKスペシャル 「風の電話」

2016-03-11 13:11:56 | その他

 東日本大震災から5年。

亡くなられた方の追悼の意を込めて、 あの時間に静かに手を合わせたいと思います。

 

 今日は外出する気もおこらず、あの日あの地震と その後に続く被害の報道に驚愕した日々を思いおこしている。

地震の時は立川の古いビルの5階で和裁のお稽古でしたが、鉄筋コンクリートのビルがギシギシ軋み、今にも壊れそうな恐怖。

揺れが一時おさまった時には、6、7人いた和裁の仲間達は皆興奮でおかしくなり、

ただただ喋りつづけて、恐怖を隠し、何が起こったか確認しようとしていた。

 

けれど、家に帰ってからの恐怖の方が大きかった。

刻々と知り得た被害状況の大きさに、ただただ驚愕の連続。

そして原発事故。

高度な先進技術を誇ると言われた日本がいかに脆弱なのかを思い知らされた日々だった。

 

 家族、友を失い、生活基盤を失い、ふるさとを追われ、今なお避難生活を続ける方々。

日本の歴史に残る大災害に今も苦しむ人たちが多くいるという事を 絶対に忘れてはいけないと思うし、

今自分に何ができるかを考え続けていきたいと思う。

5年たち、ともすれば忘れがちの自分に、3月11日は喝を入れる日としていきたいと思う。

 

 3月11日にちなみ、東日本大震災関係のテレビドキュメントが多く放映されている。

できるだけ見るようにしていますが、心に残ったのは10日・NHKスペシャル 「風の電話」

 

 

 津波で大きな被害を受けた岩手県大槌町。

海を見下ろす高台の庭園に、不思議なたたずまいの電話ボックスがある。その名は「風の電話」。

中にあるのは、線のつながっていない黒電話と1冊のノート。亡くなった、あるいは行方不明になった家族や友人と

もう一度言葉を交わしたいと願う人々がここで受話器を握り「会話」をする。。

復興が徐々に進んでも、大切な人を失いなかなか前に進めずにいる人たちが数多くいる。

口に出すことのできない思いを抱える人たちにとって風の電話は大切な支えになっている。

 

 番組では 電話ボックスに入った人達話の内容を録音し、放送していた。 (もちろん許可を得て)

父母、妻、子供を亡くした男性は、壮絶な寂しさを語りながらも、

「彼らの事は忘れない。忘れたら誰も彼らが生きていたことを覚えていてくれないから」と語っていた。

電話ボックスの中の言葉は、短い、切れ切れの言葉が多かったけれど、それぞれの人達の5年間を思いおこさせ、

涙を禁じ得なかった。

 

これからも沢山の震災関連番組が放送されるだろうが、できる限り見て、

せめて、東日本大震災を忘れ無いように心がけていこうと思った。

 何かできる事があるかもしれないとアンテナを張っておこう!

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   この記事についてブログを書く
« 花粉症と ひな祭り♪ 2つ | トップ | 退職記念・伊豆旅行 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
風の電話 (花水木)
2016-03-11 15:28:24
NHKスペシャル「風の電話」、予告を見ました。
見ようかな~とは思ったのですが、何だか見るのが辛くて・・・・。
今日正午のニュースで毎日、なくなった息子にメール(電話?)をしているという父親の事を放映していました。
返って来る返事は「この電話は電源が切られているか、電波の届かないところ・・・」。
空しいですよね~。分かっていても息子の携帯の番号を押してしまう心境。
愛する者を失った人の悲しみは体験したものにしか理解できないと思いますが、
どこかで少しでも寄り添って声にならない励ましでも送れればと思います。
鎮魂の一日ですね。雨が日本中の悲しみの涙に思えます。
でも、あの日を決して忘れることなく、皆で前を向いて歩きましょう!
Unknown (tona)
2016-03-12 08:48:09
「風の電話は」は直接見てないのですが、内容を詳しく書いていらした方がおられたので、聞いて凄く感動しました。恐怖の心を癒やすのにこんなやり方があったとは驚いたものでした。
あの悲惨な震災の当事者ではなかったですが、自分だったらどのように立ち直っていったかはわからない。きっと多くの見知らぬ人からの心からの支えのほかに、自分を吐き出すこんな方法があったら自分だけではなく弱き人をも励ませる立場に立てたのではないかと思ってしまったほどでした。
昨日は東北の人の強さを感じた日でもあり、また全国で温かくいろいろな方法で協力した人たちがたくさんいたという力強さを感じた日でもありました。
もう少し若くて体力があったら体を使ったボランティア活動に打ち込めたのであろうとおもうと残念です。
でも協力はいろいろな方法がありますからね。
Unknown (ラッシーママ)
2016-03-12 17:24:45
昨日は5年前の映像が流れ、酷い状況の中でも沢山の人達に励ませれ立ち直り
落ち着いた生活を取り戻そうと、未だに頑張ってる人達を見て
何も出来ない私ですが心から応援するばかりです。

今朝の新聞に、震災後に何か手伝いたいと出向いたが
今は人出は足りてるので、現地で何かを買ってお金を使って下さいと言われたそうです。
ラッシーパパは2,3年続けて、東北に旅行に行くようにしてます。
この日は決して忘れる事は無いでしょう。
ぽつんと立つボックス (だんだん)
2016-03-13 18:06:23
風の電話ですか、見逃しましたが胸に迫ります。
悲しみと憤りと喪失感を吐き出す場、必要ですね。
私たちも避けたり、逃げたりしてはいけないと思います。
その気持ちで、毎年拙い悼みの文を記しています。

4年前の3月11日、歌の発表に来てくださいましたね。
あの時、銀河さんが震災を想って涙をいっぱい溜めていたのです。
先生も挨拶で、感極まって泣かれた・・・
歌い終わった安堵で、自分は皆さんに感謝するので精一杯でした。
ずっと忘れません、あの日のことも~
花水木さん (☆銀河☆)
2016-03-14 11:51:22
 お返事が遅くなってすみません。
娘と会ったり、検診や、外出と立て込んでしまいました。

見る前から辛そうなお話で、ためらって、始め録画しようとしました。
でもこんなドキュメントは震災至近の放映日に見なければ意味ない気がして・・・

私はなんの被害も受けていないのですが、
こういう番組を見て、大切な方を失った方達の気持に少しでも寄り添えればと思います。

返事のない電話でも、気持ちを吐露する事で
次の一歩を歩み出す勇気が出たり、
大きな悲しみをぶつけに来られる方、様々でした。
吐きだす場が無ければ生きられないのですね。

tonaさん (☆銀河☆)
2016-03-14 12:00:12
 この電話の事は、震災後マスコミで何回も取り上げられていましたね。
でも、今まで続いていたとは思いませんでした。

個人で設置されたのですが、
その方は電話ボックスの手入れを欠かさず、
周囲が、居心地良くなるように、植栽にも心を配ってらっしゃいました。
心落ち着く景色という配慮あってこその風の電話ですね。
この場所自体が包み込むような温かさがありました。

自分が何をするか・・・・これからも考え、実行していきたいです。
ラッシーママさん (☆銀河☆)
2016-03-14 12:15:45
>落ち着いた生活を取り戻そうと、未だに頑張ってる人達を見て<

新しい場所に家を建てても、なかなか地域になじめなかったり、
土を生活の糧と喜びとしていた方が、人生の目標を見失ってしまったり、母子家庭はより貧困に追いやられ、孤独死・・・・まだまだ様々な問題かかえてますね。
オリンピックどころではないでしょと言いたいです。
もっともっと行政の力を必要としている方が沢山いらっしゃるのに何してるのでしょう!!

パパさんは東北旅行で協力ですね。
大賛成!!
私も、震災一年後、25名ほどのいとこ会を福島で企画し、友人との旅行は再開して間もなくのスパリーゾートハワイアンズ。
去年は福島桜巡りをしました。
産地直売の品を買うのはいつでもできるので、
今は主にこの協力です。
だんだんさん (☆銀河☆)
2016-03-14 12:41:14
>悲しみと憤りと喪失感を吐き出す場、必要ですね。<

tonaさんも書いてらっしゃいましたが、
本当に自分だったらどう立ち直っていいかわかりません。
何でもいいから すがりたいという気持ちも出てくると思います。
風の電話にたどり着くまでの苦しさを想像してしまいました。

そうでした!!
あの音楽会はちょうど一年後でした!!
先生の挨拶に胸が詰まり主催者や観客が、涙しました。
今もあの時のだんだんさんの緑のドレス姿と歌声を鮮やかに思い出します。
私もこの日を忘れません。
Unknown (yasukon)
2016-03-15 20:24:22
こんばんは!

この番組は見られなかったのですが この電話のことが童話になっています。
孫たちに買ってやりました。
まだ小さいので本当の意味あいはよく分からないだろと思いましたがいつかきっと分かってくれる時が来ると思います。
その時孫たちもこの大震災のことも知って後世に伝える人に育って欲しいと思ったりします。
こんばんわ (lily)
2016-03-15 20:50:57
NHKスペシャル「風の電話」私もこれは見るつもりでいました。
のに、すっかり忘れてしまいました。
銀河さんのブログを拝見して思い出したらNHKでよく似たタイトルが
再放送となっていたので録画していて、夜に見たら違った内容でした。
それはそれで良かったのですが私は銀河さんが見られた「風の電話」が見たかったです。
とても惜しいことしたと残念でなりません。

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事