ダイヤフラムの株式会社 永島パッキング製作所

ダイヤフラムについて、設計、制作の様々な情報を発信しております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ダイヤフラム設計時の注意点

2011-09-08 08:40:31 | 日記
1.はじめに 
 ダイヤフラムには色々な形状の物があります。
すなわち平板型のいわゆるフラットタイプ、皿型の浅い
タイプ、溝付き形、溝付きと皿形の組み合わせ形および
ベロフラムタイプなどであります。

 ここではダイヤフラムをポンプのピストンとし
て用いるダイヤフラムポンプのダイヤフラムについて、
ゴム製品製造者から見た一考察を記してみます。

2.ダイヤフラムの特性

 ポンプとしてのダイヤフラムの特性は、センサーある
いは調節および駆動用に使われるダイヤフラムと異なる
ものと思われます。

 すなわち、後者は出力軸に連結されたセンタープレー
トの一方の側にダイヤフラムを装着し加圧室とし、反対
側にスプリングを設置加圧室に送り込まれる空気あるい
は液体による圧力とスプリングの反力との平衡により所
定の動作をするものである。

 この用途の場合ダイヤフラムに要求されることは明日、
ダイヤフラム設計時の注意点 その2で投稿いたします。


昨年産業交流展に出展時のブース

http://www.nagashima-pk.co.jp/

コメント   この記事についてブログを書く
« ダイヤフラムとは? | トップ | ダイヤフラム設計時の注意点 ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事