ダイヤフラムの株式会社 永島パッキング製作所

ダイヤフラムについて、設計、制作の様々な情報を発信しております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ダイヤフラム設計時の注意点 その4

2011-09-12 09:13:02 | 日記
ダイヤフラム設計時の注意点 布について

1.伸びない、柔軟性の在る平織の布
 糸の撚り数の少ないもの、フィラメント糸の細い
 単糸の使用

2.厚みが薄く、強度の高い布
 ダイヤフラムの強度は布により決まる

3.屈曲に対して耐久性のあること
 織り目の移動及び接着処理による剛性化は耐久性
 を阻害する。

4.ゴムとの接着性の良い事
 接着の状態は耐久性、ヒステリシスなどに影響する。

5.耐環境性の良い事
 特に熱の影響について注意すること。

6.また織り方は、近年3軸、4軸織など新しい織り方が
 開発されていますがダイヤフラムに使用できるまで、
 まだ時間がかかりそうであります。

 次回はポンプとしての考えを述べたいと思います。

 http://www.nagashima-pk.co.jp/

コメント   この記事についてブログを書く
« ダイヤフラム設計時の注意点 ... | トップ | ダイヤフラム設計時の注意点 ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事