車を買取査定してもらう時の注意

古くなった車を高く査定してもらい新車を手に入れたいのは誰でも同じ、だからその方法を調べてみた。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

下取査定との違いとは

2017-04-29 21:59:36 | 車査定


車を高く売りたいので査定をしてみた。
査定は車種とメルアドだけでだいたいの金額がすぐに出てきた。
あとはオークションも検討し高く値がついた所に売るだけです。
高く売るためのGoo買取で車査定のポイントを見てみる。



下取査定との違いとは

下取は、車を売却して現金収入を得る買取とは違い、新しい車に買い替える際にディーラーなどの販売店に車を売却し、その分の金額を新しい車の購入金額から差し引いて(値引いて)もらうことを言います。

買取の場合、ユーザーに需要のない不人気車は査定額を安くつけられてしまうことがありますが、下取の場合は、不人気車や年式が古い車種の場合でも一定の査定金額をつけてくれ、市場の価格相場や時期に金額が左右されないというメリットがあります。

ただし、新しい車はその下取に出した店舗で購入する必要がありますし、買取とは違い、純正品以外のドレスアップ・社外品パーツは評価されないというデメリットもあります。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 車のデッドニングとは? | トップ | 年式が下がらないように売却... »

車査定」カテゴリの最新記事