生活之音楽ピース社

~そしてピアノとすこし猫~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

生活する二輪

2014年06月02日 | Weblog
 普段、何やらとてつもなく大きな二輪で遊んでいる夫の人であるが、かつて「タンデム(二人乗り)で遊びに行こう」と言うので、何度か出かけた。しかしそれは拷問であった。春の風は後ろに乗っている人間にとって恐ろしく冷たく(だって高速で100km以上で走るわけだから当然)、身体の芯まで冷やし、夏は日差しに輪をかけてマシンからの熱気が全身をくったり茹で上げた。あれから数年・・・タンデム小旅行なんてゴメンだ、と断り続けていたのだが、先日、久々に乗った。

「このバイクなら大丈夫だよ。今まで乗ったのはドッドッドッドッって音とか、ギュイーーーン!!って音がしてるでしょ。でもこれは違うから。トコトコトコトコ、るるるるる♪だから」

と誘われたのである。

トコトコトコトコるるるるる♪? それなら大丈夫そう!
そう判断し、自宅から5、6km先のカフェまで後ろに乗っかってでかけた。
うん。なんか、楽しかった。ちょっと近所まで、豪華なチャリに二人乗りしてるみたい。素朴な乗り心地もいい感じ。



・・・というわけで、このセローさんというバイクでなら、もう少し気楽にお出かけできそう。今までのフルヘルメットは1200ccのバイク用だったので、少々大げさな感じがするから、スヌーピー柄の可愛いヘルメットも入手した。



 が、しかし。お気に入りのヘルメットを手にしてしまった今、なんというか、こういう、暮らしの中で活躍するバイク、身体の延長上にあると感じられるバイク、善良な市民がトコトコ可愛く乗るバイク、でもしっかりお仕事してくれるバイク、というコンセプトってあるなと気付き、その考えに我ながら魅了されてしまったw! 願わくば、自分も運転したい・・・密かな野望が頭をもたげた初夏なのであった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「レット・イット・ゴー」を... | トップ | 我が家にやってきた愛らしいR... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事