生活之音楽ピース社

~そしてピアノとすこし猫~

~ようこそ生活之音楽ピース社ブログへ~

こちらはクラシック音楽ライター/翻訳の飯田有抄のブログです。 音楽と人と猫のことを、書いています。*最新記事はこの下です*
主な活動とプロフィール
全音楽譜出版社、音楽之友社から出版される楽譜の作曲者による解説の英語訳。CDブックレットの解説日本語訳等。
雑誌「ムジカノーヴァ」、「CDジャーナル」、「ぶらあぼ」等の雑誌でインタビューやレポート記事を執筆。CDの楽曲解説やコンサートのプログラムノートなど。
「ブルクミュラー特集」にてNHK-FM番組、NHK Eテレ「ららら♪クラシック」出演。
東京交響楽団・サントリーホール主催「こども定期演奏会」楽曲解説執筆。
2016年杉並公会堂 小林研一郎指揮 日本フィルハーモニー交響楽団 「ベートーヴェンツィクルス」全6回プレトークおよび楽曲解説担当。
クラシック音楽専門インターネットラジオOTTAVA、木・金「Salone」19:00~22:00生放送 プレゼンター

念願のブルクミュラーの本を出版いたしました!
飯田有抄・前島美保著『ブルクミュラー25の不思議~なぜこんなにも愛されるのか』(音楽之友社)



その他書籍「あなたがピアノを続けるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2011年9月
「あなたがピアノを教えるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2013年2月

1974年北海道小樽市生まれ。東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了(武満徹研究)。Macquarie University 通訳翻訳コース修士課程修了(英語⇔日本語)。趣味:猫情報を収集すること、猫と昼寝すること。ピアノ小品を愛すること。着物選び。三味線端唄(松永流端唄師範 松永花有)。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

チッコリーニのリサイタル@すみだトリフォニーホール

2012年12月01日 | 音楽
すみだトリフォニーホールでのチッコリーニのリサイタル、素晴らしゅうございました。御年87歳。パワーではなく引き算で階層を浮き彫りにするような演奏。「年を重ねてもきちんとお洒落を楽しむ紳士」のような音楽。
ドビュッシーの前奏曲集、一貫して、どこにも人を驚かせるような怖い感じの音色はない。ホッコリしつつ、でも聴いていると内側からじわじわとエナジーをもらう。脱力とうねり。とりわけ「沈める寺」が描く大きな波形には惹き付けられた。
私的には“メイン”だったセヴラックの「休暇の日々から」第1集は、詩的に洗練されていた。「セヴラック、都会に行くの巻」みたいな印象。
アンコールで弾いたスカルラッティのソナタK.380では、照明を絞りきってチッコリーニの顔・手だけが浮かぶ。ピアノの姿が暗闇に隠れ、もはやチッコリーニが音楽そのもの見えた。
会場のスタンディングオベーションは、聴衆の心からのもの。それが伝わる。いい演奏会だったなぁ。
コメント