ごじゃ満開

いすみ市内外の隠れた情報と
ちょっとしたエッセイ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

いすみ看板遺産

2018-07-19 17:22:56 | 看板を考える
言いたくはないが、
やっぱ、
『暑いっ!』

仕事中は、
「水分・塩分・休憩!」
「水分・塩分・休憩!」
「水分・塩分・休憩!」

帰宅して
シャワーあびたら、
「カポッ・グビッ・げふ~」
「カポッ・グビッ・げふ~」
「カポッ・グビッ・げふ~」

「パパのみすぎ」
「まだ3本だんによ!」

こんな調子で
とりあえず
毎日を繋いでます。



先日、

「錆びてボロボロだかんカッコ悪くて」

という、
市内某店舗の店主様から
看板撤去のご依頼。

行ってきました。

亜鉛引き鉄板製の
箱文字。

ハシゴを登って、

「さぁ、やっか!」

と、
ヤシヤシやろうと思ったが、

「んっ!?」

エライ代物だ。

(俺)「コレ、いい年代物ですね」
(店)「うん、俺が生まれてすぐくらいだから、50年以上?」
(俺)「・・・っすよね」

撤去作業あらため、
撤収作業として
ちょっと丁寧に
やってみた。

その
撤収してきたモノがコレ。


たしかに
錆びもあり、
塗装も何色だったか
わからないほどだが、
50年以上経っても
カタチを留めているのは、
スゴイ。

さらに、
表面は
叩き出しの
カマボコ型だ。


裏面を見てみる。


「おぉ・・・」

ハンダづけ、
ビッチリでキレイ。


立ち上がりの帯部分、
接続部分さえも
わからぬほどの
精巧さ。

(俺)「このシゴト、スゴイっすね」
(店)「あぁ、言われてみりゃそかもね」
(俺)「どでこせたんすか」
(店)「いやぁ、わっかんねぇなぁ~」
(俺)「こーゆーシゴトできる人、いまでもいるんっすかね?」
(店)「どーかなぁ~、もういねぇかもねぇ~」

自身、
作り方はわかるが、
いざやろうとなれば、
何日かかることだか。

ということで、
店主様の了解を得て、
いちばん程度のイイ
この一文字だけ、
『看板遺産』
として、
保管しておくことにした。

こういう代物は、
数が少ないです。



俺は毎日、
胃酸過多。

錆びてボロボロにならぬよう、
気ぃつけねっばネ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« OS-1 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

看板を考える」カテゴリの最新記事