Padmashri〜囚われからの自由、意識の目覚め〜

人生は、ほんとうの自分を想い出す旅・・・

瞑想&気づき、タロットや数秘で

一緒に花咲きましょ♪

共鳴とシンクロの不思議

2018-10-23 | 直感と気づきのトートタロット

こんにちは〜

 

ブログにおいでいただき、ありがとうございます

 

さて今日は、鹿児島でのトートタロットベーシックコースと、そのあとでの出来事をシェアさせてね

 

タロットがくれるメッセージは、いつもびっくりのシンクロ、

 

鹿児島で講座に参加してくれた、Mちゃんのお話です。

 

 

彼女には、去年ガンで余命半年と宣告された親友がいて、

そのお友達のことを、とても大切に思っているMちゃんは、

我が身を投げ打って、

できる以上とも言えることをして、献身的に看病していたとのこと。

 

その甲斐あって、

春ごろには随分調子も良くなって、

身の回りの整理や、家族との間でし残したことも随分かたづいてきていたらしい。

 

それがこのところ、また具合が悪くなってて、

また入院したって知らせがきたのは、講座の中ばでした。

 

Mちゃんは、直感的に、きっと最後の入院になるだろうなって感じたんだって。。。

 

講座の中で、

カードからアドバイスをもらう時間があったのだけど、

その時、彼女にどう向き合ったらいいのか、タロットに聞いてみることにしたのでした。

 

その時に、出たカードがこの「アジャストメント」

感情移入せずに、距離を置いて見守ってね、というアドバイス。

 

親友のことをとても親身に思う彼女には意外なカードだったけど、

 

出来事に同一化しないで、全体を見守るこのカードからは、

 

彼女の運命を静かに受け入れる、穏やかな意志と配慮が感じられました。。。

 

 

 

 そして、彼女が旅立ったとの知らせを受けたのは、

講座終了後間もなくのこと。

 

その前日にMちゃんは、

病院に面会に行き、穏やかに話すこともできたそうです。

 

 

それから数日たったある朝、

九州ツアーを終えて自宅に帰った私はふと気になって、

 

「このカードのメッセージ、役に立ってるといいね・・・」

と彼女にカードの写真とメールを送ったの。

 

早速来た返事には、

 

彼女は苦しみから解放されてホッとしてるかも、と思いつつも、

最愛の友人の旅立ちに、

やはり気持ちが沈んでどうしようもない、

とあって、

 

なので、彼女との関係性のカードを引いてみた、とのことだったのね。

 

そして送ってくれた写真を見た私は、まさに鳥肌ものだったよ

 

あの「アジャストメント」が、またしっかり出てたからね。

 

ざっくり解説すると、

 

1枚目が表しているのは、彼女の解釈で、

「自分の中で、この出来事を消化しよう、消化しなくちゃと思ってる」んだけど、

 

それに対する、2枚目の、高次元からのアドバイスは、

「ただ見方を変えてごらん、そうしたら問題はないってわかるから」

ってメッセージ。

 

3枚目は、

そのアドバイスに従った結果としてやってくる、今いられる最高の状態。

 

それは手を離して、距離を置いて、静かに見守ること・・・

 

それがなぜ最高の状態なのか、

それを教えてくれてるのが、4枚目のカード、

「彼女の今の状態」のカード。

 

 

これを見れば、

彼女は、大きな流れに運ばれてる、

流れに乗って旅しているってわかるよね。。。

 

 

 

タロットは、

私たちの日常意識の狭い解釈を超えて、 

全体がつながった、広い世界を見せてくれる。

 

だいたいが、

伏せたカードを引いて、

毎度、ちゃんとメッセージが来るってこと自体が、

理解不能、論理を超えたすごいことだと毎回感じるよ

 

 

すべては共鳴し合い、

織物のように相互に影響を与えあっている。


 

そんな視点から見れば、

当たり前なのかもしれないけど

 

 

古い思考から抜け出して、

 

すべては起こるべくして起こってるって見えてくると、

「自分がしゃかりきになってがんばらないと」

って生き方とは違う視野が広がってきます。

 

 

その世界は、深い慈愛に溢れていて、

タロットはその場その場で必要なことを教えてくれる。

 

私も、どれほどカードに助けられているかわからない

 

この素晴らしいツールを、

ぜひ学んでもらいたいし、深めていってもらえたらって、心から思うのです

 

今日も来てくれてありがとう

 

 

11月の講座は9日からの週末4日間。

興味があれば、見てみてね

 

直感のタロット・秋のトートタロット講座

 

川崎「Padmashri」にて

11/9(金)~12(月) 

私が訳してます。名著です

マンガラ著・伊藤アジータ訳
わかりやすいと好評のトートタロットのテキスト
大好評発売中
 
 

 

 

おまけ

秋薔薇の季節。

「生田ばら苑」のお花で和んでね。

 

 

  

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 豊かさのシェアリング | トップ | 死ぬこと、生きること »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

直感と気づきのトートタロット」カテゴリの最新記事