白衣の武士

世知辛い現代の世を独特のキャラクターと運の良さだけで綱渡る
とある旗本の末裔の末裔。
ユニホームは白衣。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

そんな訳でこれからエネルギーチャージ

2012-05-31 23:59:45 | Weblog
不食不休で働き続けて4日目ですが
とうとうと言うか、案の定と言いますか…


偏頭痛で倒れました。


これまでは大概、音(言葉)による外部刺激のストレスで発症する事が殆どでしたが
今回は珍しく目からキました。

もう、ね。世界が明るくって眩しくって目を開けてらんないの。
そんで、左の目だけ痛くて重くて涙が止まらないとってもカオスな状態。



でも仕事しました。


倒れたけど、診療所に運ばれたら仕事が滞るので
根性で終わらせてきました。
ルー先輩がバックアップして下さったお陰で、日付が変わる前に帰れたのが救いです。



つかれた
コメント

早くもグロッキー

2012-05-30 23:42:40 | Weblog
まだ水曜日なのに。
週半ばなのに。


もう辛くなってきました。
あゆ主任がいないと課長の厭味攻撃を直に受けるので
(そしてそれにブチ切れたルー先輩が課長に食ってかかるので)
仕事がとってもはかどりません。


職場の人に気にかけて貰えている事に感謝しなければ。とか、
手伝って貰えるのを待つのでも、無理矢理手伝わせるのでもなく
「やろう」若しくは「やってあげよう」と自主的に思える環境を作ろう。とか

そんな事を偉そうに掲げてましたけども
心の余裕も体の余裕も早々になくなりまして

本日とうとう、課長に
「高濃度茶カテキンのトクホ飲料飲んでも、
動かなかったら脂肪は燃焼しませんよ。
燃焼がてら本部までハンコ貰いに行って下さいな」

と言ってしまいました。
悪い部下です。
口も性格も態度も。

明日はも少し余裕持って、穏やかに生きたいです。


終わるのかなぁ…
コメント

何事

2012-05-29 01:39:09 | Weblog
うお。
また地震!?

揺れが強い
コメント

緊急事態

2012-05-28 23:58:04 | Weblog
あゆ主任の家庭の事情により、今週は2人で3人分の仕事を熟す事になりました。

ルー先輩は口調は独特ですが采配と実務能力は一流なので
今の処は自転車操業にはならずに済んでいます。

ユラちゃんと言う優秀な(しかも可愛い)バイトさんにも感謝です。


とは言え、これ以上の人員削減は致命的なので
あゆ殿が戻られるまで皆が健康でいられる様、祈るばかりです。

私が一番心配。
過労で倒れませんように!!
コメント

本当にあった不思議なはなし

2012-05-27 23:20:42 | Weblog
昼間、半袖の服を着てお夕飯の買物に行ったら
通りすがりの知らない人に突然話し掛けられました。


以下、会話内容↓

不知「腕、どしたの?」
あじ「は?」
不知「リストカットしたの?」


どうやら先々週、段ボールでザックリ切った傷の痕を指していた様です。

「違います。不注意による事故です」
と言ったのですが聞いて貰えず、
「辛い事があっても早まっちゃダメだよ」
と言われてしまいました。しかも腕の傷痕をを摩られながら。


アレは今時珍しい人情味のある人方だったのか
特殊な痴漢だったのか。

そして私はどれだけ不幸な顔をして歩いていたのか。
謎ばかり残る出来事でした。


何なんだ。一体。
コメント

噂のストッキングの真相

2012-05-26 23:58:52 | Weblog
見た。

昨日の日記で書きました
ストッキング嬢の事です。

前髪パッツンで髪が長い事と顔色が悪い事と
黒・青系の色を好んでいる事とピンクを挿し色にしてる事
あとはボーダー(ストライプと言うべき?)の靴下を好んで履いてる事くらいしか見た目の共通点は見つかりませんでした。


要するに、全っ然、似てませんでした。

大事な事なので2回言います。
力一杯、似てませんでした。
ゴス服なんて着た事もなければ何処で売ってるのかも知らないよ。
下睫毛だってあんな長くないし。


外見はともかく。
享楽的で浅慮としか考えられない行動をとる辛党な貧乳の姉が居る点では親しみを覚えました。

でも我々姉妹はあそこまで品がなくはないと思う…


内容はそれなりに面白かったんですけど、
それは大人になった自分が見て面白いという物であって
子供にはあんまり見て貰いたくない代物でした。

絵柄はポップなんだけどねぇ…
コメント

まさかの無機物似。

2012-05-25 23:59:21 | Weblog
出勤したら、趙さんがあじの席に座ってました。

趙さんはアジア支部長に栄転されたので中国に渡っているはずですが・・・何故ここに?

不審に思いつつも挨拶をし、「今日は中央にご用でございましたか?」と聞いてみると
「ううん。今日は休み。あのネ、中国帰る前にあじさんにどうしても伝えておきたいコトがあったから」
だそう。

特別親しくさせて頂いた訳でもないのに、最後にお話するお相手として選んで頂けるとは・・・
姿勢を正し、改めてお話を伺うと



「あじさんってストッキングにソックリだと思うヨ







まさかの無機物。
無機物に似ていると言われたのは生まれて始めてでございますよ。



驚きましたが、しかし落ち着いて話を聞いてみるとストッキングとは靴下の事ではなく人の名前なんだそうです。
深夜アニメのキャラクター何だとか。

趙さん曰く、あじは普段裸眼でいる事の方が多いので、エ●ァン●リオンの赤い眼鏡の人より
こっちのが似てるんだとか。

深夜アニメってのがちょっと引っかかるけど、明日調べてみようと思います。
コメント

長い長い推測のはなし

2012-05-24 23:59:14 | Weblog
使えない中途は今日も無断欠勤です。


課長に「どうしよう…」と相談されたので、放置なさいと言っておきました。

いい歳した大人なんだから、例え中身が中二で止まっているとしても
一社会人として世間に出ている以上、己で何とかしなければなりません。

それが出来ずに庇護される事を欲するのであれば
社会人として社員としての身分を剥奪して、半人前の扱いをすべきです。
義務と権利は常に一対なのですから、自分がすべき義務を全うする事も出来ない奴が
権利だけは一人前に主張すんじゃねーよ、と言う事ですね。


仕事しないどころか、出勤すらしない奴(病欠とか育産休でなく)が
給料だけは正社員を主張するのなら
それは立派な給料泥棒です。


「それは離職を待てと言う事?まだ会社は解雇できないよ?」
無断欠勤が続く様なら有り得るけど。と、頭を抱える課長

それも良いですけど、あの人は物事を多分に自分の都合で解釈する様なので
恐らく彼女は欠勤中にセクションが忙しさの余り、自分の存在の大きさを再認識して
再び出勤した時に「ごめんね」「あなたが居ないと回らないの」となる予想をしてそうなので

いざ来てみて、自分が居た時よりよっぽどスムーズに流れてる現状を把握したら
自主的に離職するんじゃないですかね。

そろそろ新入社員が配属されるし、客観的に身の程を知る良い機会なのでは?


「君は何だか大変な部下だ」と言われてしまいました。


まぁ。全てあじの独断と偏見に基づいた推測の下のシミュレートなので
どうなるか分かりませんけどね。

隣はともかく、我がオーダーメード医療チームは元気です。
コメント

小学校に戻って、道徳の時間をやり直してこい

2012-05-23 23:58:22 | Weblog
昨日の日記で書いた使えない中途が無断欠勤だそうです。

そういうのは義務教育中だけにしておけよ。


うちの様な優しい部署で甘やかしてないで
きこ姉様の元で根性叩き直して貰ったらいんじゃないかしら。

きこ姉様とツン上司と元課長がいるから、どんなバカでも一人前に育つと思います。
心弱いと精神疾患になる恐れもありますが。


ただのバカなら使いようによっては何とかなるかと思ってたけど
一般常識すら持ち合わせない奴は相手にしたくないな。
相手にしたくないと言うかオーダーメード医療チームに関わられると
チームを守りきる自信がないわ。
コメント

当たり前の事が当たり前でない世の中なのかもしれない

2012-05-22 23:54:13 | Weblog
これまで毎日毎日、これ見よがしに大変さをアピールしておりましたが
本日。本当に大変なセクションは他にあったと肌で感じました。


あじです。どうもこんばんは。


実験中に、あじの作業台と背中合わせで斜め向かいの作業台を使っている先輩が
5/8の日記に書いた恐ろしく使えない中途入社の社員を指導中、使えない中途が激昂。

感極まったと言うか、要するに・・・まぁ。ブチ切れた彼女は
先輩に対しパワハラであると怒鳴りつけ、こんなに頑張っている自分を評価しない先輩は
如何に卑劣で非道な人間かをまくしたてた後出てゆきました。

ヒートアップした使えない中途にぶつかられたり作業台を揺らされたりしないよう
背中に細心の注意を払っていたあじは、必然的に二人のやりとりを余す事なく聞いていた訳なのですが

そこで得た感想は、


………同じ言語を母国語としながらも全く話の通じない人種がここにもいたか。

でした。

何なのかしら。こういう人達って心か頭の病気なんでしょうかね?
悪口とかでなくリアルに。



聞いていて、確かに先輩の指導の仕方も若干キツイ口調であったとは思いましたが
それはこれまで半年以上、何を教えても教えた通りに出来た試しのない人間を相手にしていて
ストレス溜まっているだろうし
半年経っても何一つ仕事のできない人間の指導員としての焦りもあるでしょうし、

増えて行く仕事量に対し、圧倒的に時間と人数が足りない中で更に指導員として一人分人員を割いている現状で
チームの仲間に迷惑をかけない為にヒューマンエラー製造機の防波堤になる悲壮な覚悟もあると思います。

命令してやらせるのではなく、やりたくなる様に仕向ける、北風と太陽の太陽戦法のが好きなあじとしては
もちっと上手いやり方もあったろうにと思いましたが

推測ではありますが、恐らく一番の原因は、指導員が社員ではなかった事にあると思われます。
社員ではないので使えない中途には舐められるし、(これは確認済み)
舐められまいと本人は必要以上に厳しくしてしまったんじゃないかなー・・・と。


まぁ。使えない中途の方にもそれなりに色々あってストレス溜まってはいたんでしょうけれども、
先輩ほど深くは付合ってないので(先輩の愚痴はよく聞いてた)心の内は分かりません。

それでも、社会人として、これはアウトだよなぁ・・・と思うのです。
だって、叱る先輩って貴重だよ?

叱る側が相手に嫌われるかもしれないリスクを負って、尚、叱ってくれるんだから。
今の時代、叱ってくれるのなんて親くらいなモンなのに。他人の為に叱ってくれるなんて凄い良い人じゃない。

あじはこの部類に属するんだけれど、やる気のない人の指導は見切りつけて全く相手にしなくなるヤツだっているのよ。
だって時間の無駄じゃない。自分でやった方が早いし、失敗ないし。時々するけど。
凄ーく気にかけて貰えていると思うんだけれど。

何と言いますか、身も蓋もない言い方をしてしまえば、
例え社会人であっても二十歳そこそこの娘さんが言ったならともかく、
三十路に片足突っ込んでる中年女が言っていい言葉じゃないわ。失笑される。


「こんなに頑張ってるのに」と言われても世の中成果主義ですから。
汗かいた分だけ給料貰える訳じゃないのよ。

新聞配達で考えると、走って配る方が自転車より大変だと思うけど(多分)
自転車使った方が一度に大量に運べるし、速いから同じ時間でたくさん配れるのと同じよ。
楽して上手くいく方法があるのなら、無駄に疲れる事はないのさ。


さて、使えない中途の発言で気になったのが「何がいけないんですか分かる様に説明して下さい」と言うもの。
つまりこれまで、教えた通りに仕事が出来なかった際に「どうしてそうなったのか」「ではどうするべきなのか」を
飽きるまで繰り返し指導していた内容は全く頭に入っていなかったと言う事なのか。


ある意味、凄ぇ。
どういう便利機能がついたらそんな頭になるんだ。

因みに先輩に「じゃあ今日はどうして失敗したと思う?レジュメ通りにしなかったのはどこ?」と聞き返され
「今日は・・・たまたまです」と返していたのがツボでした。
本当。見てる分には最高に面白いんだけどな、この人。


指導中、先輩に噛み付いた事から推測するに、この人相手の気持ちとか場の空気とか全く読めないんじゃないかな。
あるいは読めるけど読まない。自分の言い分を最優先させる。

自分に非がない事をアピールする為に過剰に攻撃的になっている様な。
大きい声出した方が勝ちとか思っているタイプなのかも。


どんだけ年食っても、叱られると痛いですよ。
悔しいし、悲しい。何でこんな事になったんだ。とか、あの時こうしていれば。とか、これでもかと言うくらい悩む。
忙しかったから。とか、他の事やってたから。とかそもそも自分の仕事じゃなかったから。とか
沢山の「でも」とか「あいつのせいだ」とか「自分は悪くない」が過る。

でも、それを出したらダメなんですよ。人間として成長しなくなってしまう。
それにカッコ悪いじゃないですか。生き様が。

凄い悔しいし恥ずかしいし咽の奥に何か最中の皮的な変なのが張り付いてる様な気分になるけれど
そこで非を認めて頭を下げれば、失敗しない為の防御策を一緒に考えてくれるんだから。
そこから更に詰ったりネチネチいびり倒す様な人なんて、少なくとも技術開発課にはいないですよ。
だって皆忙しいもん。


・・・と、まぁ。こんな事を帰り際、あゆ主任に話した処、
「俺・・・あじさんの上司で良かった。あじさんめっちゃ漢らしい。」
との事です。
どのあたりが漢らしいのか気になりますが、多分褒められたんだと思う。
コメント