白衣の武士

世知辛い現代の世を独特のキャラクターと運の良さだけで綱渡る
とある旗本の末裔の末裔。
ユニホームは白衣。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

悲しいうわさはウソだと言ってくれ

2011-03-31 23:58:43 | Weblog
昨日の明け方は一緒にいたんだけどなぁ。

ウララ先輩がいなくなったそうです。
心にぽっかり穴があいたようです。

淋しいなんて感情、忘れかけてたよ。
できれば忘れたままでいたかったな。
コメント

疲れたよう。

2011-03-31 23:35:57 | Weblog
うう。停電もないし、特に忙しい訳ではないのに非常に疲れる。
主に精神的に。

あじです。どうもこんばんは。


物理的に忙しいのは全く構わないのだけれど
仕事に頭を使いつつも、周囲の空気に気を張り巡らせているのはとっても苦痛です。
空気なんて読めても気にかけるような性格じゃないもの。

寧ろ、壊れそうで不安なものなら壊してしまえ。と言うのが自論です。
とっても極端ではありますが、それが一番手っ取り早い。

姉様は偉大な方だったのだなぁ・・・。

コメント

大切なものを失わずに済みました。

2011-03-30 23:58:49 | Weblog
昨晩ウララ先輩に呼び出されて、深夜、場末の焼き鳥屋までホイホイ行った私ですが
実はこの日の昼、先輩とケンカしてました。


あじです。どうもこんばんは。


ケンカと表現して良いのかどうか分りませんが、
昼休み。歓談中に互いの価値観の違いから意見の衝突となりまして。
ええ。もう、何と言うかどこの熟年夫婦のケンカだ。と言われそうですけれども
本人達はそれなりに真剣でした。

さして面白くもない話なので大方省きますが、
あじの攻撃的な行動理念と、その根源となる正論至上主義なところを見かねて
そんな生き方で疲れないかとウララ先輩が心配して下さった訳です。

・・・が、彼女の表現方法がまた微妙で「正しい事が本当に正しいとは限らないよ」とか言うので
私は自らの行動の元となる正義がメイド イン 自分な事を揶揄されているものと受け取り
噛み付いてしまったのですな。
先輩の表現方法を借りるなら、牙を剥き出して唸っていたと。

具体的には、絶対的な正義などこの世には存在しない。とか、
我々が普段口にする絶対ってのは相対的に見て絶対なんだから真の絶対ではないだろう。とか
そもそも高々人風情が絶対なんて図れる尺を持てるはずもない。悪人正機説を知らんのか。とか
相当に逆毛立てておりましたです。大人気ない。

あじは、完全に身内認識していた相手に自らのアイデンティティを崩壊されかかり
昼寝から目覚めたら咽喉元に出刃の切っ先が触れていたと言う位にびっくりしている為
いつもより過剰に攻撃的になっておりました。

また、ウララ先輩は先輩で、あじの解釈が間違っている事に気付いたものの
これまで何度も、あじが『不要』と判断した人々を切り捨てていくのを見ているので
とうとう自分の番がきたかと、こちらもパニックになっていたそうです。

で、嫌な雰囲気のまま休み時間が終わり、それぞれのセクションに戻ったのですが
それから2~3時間経って、唐突にあじは自分の解釈が間違っていた事に気が付いた訳です。
本当に、アレは天啓でした。
入浴中だったら「エウレカ!」と叫んでいたかもしれない。

実際は、暗室で仕事中でしたので「・・・っ!!しまった」と呟き
すぐ傍で探し物をしていた鏡さんを実験失敗だったのかと焦らせただけでしたが。
まぁ。それでも充分に迷惑。


先輩の正しい事が云々の発言は、正攻法が必ずしも最善策ではない。と言ってた訳です。
正論至上主義は悪い事ではないけれど、清濁使い分けるのも一つの手だと指し示してくれてたんですね。
気持ちはありがたいけど、分かり難いよ。先輩。

そうと分れば即、行動!とばかりに帰りのバスの中で延々謝罪メールを打つ事40分。
8000字を超える、長すぎてちょっとキモいメールを送信したのでした。


恐らく昼の一件と、この長キモいメールのあわせ技で距離をおかれるだろうなぁと覚悟はしていましたが
それでも、謝罪をせずに今後一生悔いる生き方を選ぶくらいなら友の一人を失くす方を選んだ訳です。

だから風呂上りにゴキゲンなウララ先輩から呼び出しくらった時は正直怖かった。
行ったら鬼の様に怒っている姉様がいるんじゃないかと真剣に考えてました。
そんな事なくて本当に良かった。

本人から聞いた話によると、ウララ先輩はあじの人付き合いの悪さと頑ななトコロが嫌いではないので
読んだら削除しろと書いて送ったメールも保護設定した上にバックアップ用にパソコンに転送したそうです。

頼むからやめてくれ!!

友を失わずにすんだ事を喜ぶべきか、忘れたい過去の遺物を握られた事を悲しむべきか。
まぁ。素直に喜んでおくか。メール一つで済んだのだから安いもんだ。


因みに、件の長すぎてキモいメールを読んだウララ先輩の感想は
あじさん、ブログやってない?」でした。
文章がブロガーっぽいって。

面倒だからもう2年もやってるって言っちゃった。
ここの存在は死守したけれど、先輩対策にそのうち別のところでブログ立ち上げるやもしれません。
この広大なネットの世界でもしもそれらしきブログを見かけても
どうぞ皆様、白ぶしの事は胸に秘め、生暖かい目で見守ってやって下さいませ。
コメント

それでも出勤時間はやって来る。

2011-03-30 08:02:10 | Weblog
…ね、眠い(´Q`)。oO

結局、家帰ってからも何やかんや世話をやいてたので睡眠時間3時間です。
でも後悔はしない!!

因みに昨晩、迎えに行ってから帰るまでに時間がかかったのは
あじも御相伴にあずかっていたからです。


酔っ払ったウララ先輩と議論してたらヒートアップしてお腹が空いたんだもの。

ウララ 「あじさんって見た目は凄い従順そうだよね」
あじ「ぬ。では中味は違うとおっしゃるか」
ウララ 「従順じゃないじゃん!すぐ牙剥くじゃん!!」
あじ「…それは私にちょっかいかける人だけで、誰にでもしてる訳では」

ウララ 「アレみたいだよね。スーパーマリオに出てくるヤツ」
あじ「?」
ウララ 「ほら、土管から出て来て、花かと思って近づくと牙剥き出したり火を吹いたり」
あじ「!!」

あの丸くて赤地に白い水玉のヤツな。
分かる分かる。確かパックンフラワーだっけ?


あじ「…私はあんなに毒々しいのか」
ウララ 「そんな事ないよ!あじは充分可愛いよ!」

酔っ払いの会話にオチなんて存在しません。
力説してくれるのはいいけど、私好みの美形の外見で熱く語られると恥ずかしい…
ついでに言うと、ヒートアップした先輩は私に向き直り(←カウンター席に座ってた)
あじの両の手をしっかりと握っていたので

『場末の焼鳥屋で指を絡ませてお互いを讃え合うアラサー女2人』

と言うシュールな構図に店内の視線は興味津々で
いたたまれなさに死ぬかと思いました。
地元なのに、あの界隈もう歩けない…(->_<-)

さて。そろそろ参りますか。
行ってきます!
コメント

捕獲完了!

2011-03-30 02:27:08 | Weblog
良い具合に酔っ払った先輩と色々お話できて楽しかったです。
明日…と言う今日の仕事に障りそうだけどまぁ1日くらい乗り切れるでしょう。停電ないし。

ああ。眠い(ρд-)zZZ
コメント

久々な

2011-03-29 22:58:56 | Weblog
へべれけなウララ先輩に呼び出されました。
これから迎えに行きます。
コメント

エントロピーは常に拡散する傾向にあるのだ。

2011-03-28 22:21:28 | Weblog
なぜかしら。部屋を片せば片す程、新たな何だかよく分からない物達が増えてくる。
きっと押し入れの隅で増殖してるに違いないわ。

そんな訳で、現在私の座っている位置を中心に
サークル状に様々な物が広がり散らかり放題です。
朝から始めてまだ終わらぬとは…
ってゆーか、朝より酷い状態になってる。
空き巣に物色されたかの様だ。
変な疑惑持たれる前に収拾つけなきゃ!
もちっと頑張ります。
コメント

執事会でした。

2011-03-27 23:54:47 | Weblog
久々に同世代のお若い方とお話しできました。

もうね、年寄り方と一瞬にいると病気の話とかそんなばっかりですからね。
年寄りって言っても働き盛りな年代の職場の上司ですけれども。

因みに先週、リアル年寄りの祖母と話をしたら株価の変動について語られました。
相変わらず凄いお人だ。


あ。執事会は終始和やかな雰囲気でございましたよ。
どんだけアホな事を言っても決してアホだと言わず、最後まで話を聞いてくれる人は本当に貴重だと思いました。

具体的に言うと、原子炉冷却の為に汲んだ海水中の魚が
放射線によりゴジラの様に巨大化するんじゃないか
…と言う話にツッコミを入れず、
「じゃあ、それは…ウオラ?」と応えてくれる心の広さを持った方は大変貴重だと思いました。

グダグダなんかではない!
これは優しさなのだ!そうなのだ。
コメント

発想力だけは一級品とよく言われます。

2011-03-26 23:10:45 | Weblog
朝7時から出勤してたのに、終了したのが20時過ぎでした。

停電しなかったのにこの仕打ち。
泣きそうです。あじです。どうもこんばんは。

昼休み、昨日の日記で書いた様な事を熱く語っていたら薬剤室の主任に
「それを俺だけじゃなく国民に向かって言ってやれよ」
と言われました。

曰く、国政に参加せよ。との事。
そんなムチャな。

人見知りするので裏方の方が良いです。主にビラ配りとかビラ配りとかビラ配り。

ってゆーか、あじの様な過激派思想の人間は有権者に相手にされないと思う。
友達だって数える程しかいないのに!支持される訳ないじゃないか!

因みにあじが過激派と呼ばれる由縁は、
行動原理の基本がハンムラピ法典だからです。
ちょっとここには書けないような提案もして周囲をドン引きさせる事もしばしば。

本日は、「水が汚染されたのなら、水素と酸素から水を作れば良いじゃない」
と、とんだマリー・アントワネットな発言をかまして叱られました。

水として使用できる量を確保しようとしたら水素爆発ですよね。
考えが足りなくてスイマセン。
爆発にならない程度に加減すれば、生じたエネルギーで発電もできそうだけど。
でも、使用する水素の調達先が問題です。
水を電気分解すると、電気の使用量がかかるし、汚染された水から取出した水素がどうなっているかも問題。
むむ…難しい。

でも水素で動いて水を出す車があるんだから、さじ加減を上手くすればイケると思うんだけどな。

残念ながらあじは化学が大の苦手でしたので
どなたか得意な方、専門の方、いらっしゃいましたら真剣にご一考下さいませ。
コメント

関東の中心よりやや南で、熱く語る。

2011-03-25 22:26:45 | Weblog
昨日の日記から派生して考えた事なのですが、
真の被災地は東北の方々として、我々関東の人間も経済的な面で言えば充分に被災者なのだよなぁ。
だって電気がないと仕事にならないんだもん。
日常生活が戻りつつあるので、別段嘆きもしないし文句も言わないけど。
でも、この崩れかかった状況下で日本の経済を立て直すのはいささか不安が残ります。


新聞やメディアを見る限り、今、日本中が被災地を救う為に、原発に頼らない為に
省エネ・節電モードになっておりますが
あじの拙い知識では確か、西日本の方々はHzが違うのだから節電しても意味ないのでは・・・?

その気持ちは凄く嬉しいし励みになりますが、日本と言う国全体で考えると
東京が4割程度しか機能しなくなった今、日本の経済を担うのは西日本の方々なのですから
省エネ・節電、素晴らしいスローガンですけれども
一先ず、これ以上経済を悪化させない為にもいつも以上に消費して、
そして、いつもより余計に買った品々を被災地の方に届けてあげたらどうかと思います。


http://gigazine.net/news/20110312_how_to_help_your_loved_ones_from_afar/
↑大変為になる内容です。一見の価値あり。

上記のサイトには無暗に物を送ろうとしないと書いてありましたが
我が社は全国展開しており、震災後も相変わらず稼動し続けておりますので
被災地の営業所から届いたFAXに書いてある必要物資リストの物品を社員に融資して貰い
一旦中央研究所に集めてから一括して届けています。
どうせ仕事で荷物を運ぶので、多少寄り道しても無問題!という事らしいです。


要するに社員の事しか考えてないんじゃねーか!と言われたら返す言葉もありませんが・・・
それでも、手の届く範囲に手を伸ばせば助けられる人がいるのなら、手を伸ばす人間でありたいです。

しかし先に書いたように、関東も漠然とした不安により地に足が着かない状態ですので
足場のしっかり固まった西日本の皆様に本腰入れて救援して頂きたい。

溺れる者は恐ろしい力で縋り付いて来ます。死ぬ思いしてるのですから当然です。
我々の力と足場では、助けるどころか諸共に溺者となってしまう可能性が高い。
現に関東一帯では「買占め」によりお金があっても物を買う事ができない状況です。

まぁ。それでもボチボチ物資は入って来ておりますが。回復には程遠い有様なので、
ここは一つ西軍の皆様に頑張って頂きたい。

岡山、鳥取藩の池田家は元を正せば東軍じゃないかコノヤローとかは言いっこなしの方向で。


こんな場末のブログで叫んだって誰にも届かないんですけどもね。
コメント