白衣の武士

世知辛い現代の世を独特のキャラクターと運の良さだけで綱渡る
とある旗本の末裔の末裔。
ユニホームは白衣。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

オジサンの生態について本気出して調べてみた

2010-05-31 22:57:40 | Weblog
オジサンに囲まれて働いております。
あじです。どうもこんばんは。

http://contents.kids.yahoo.co.jp/zukan/fish/card/0272.html

調べたと言うかたまたま見つけただけですけど
オジサンって居るんですよ。本当に。

魚類だったのか・・・オジサン。
しかもサンゴ礁の砂場に生息してるとは・・・何かイメージ違うな。

説明文中の
「和名の由来ははっきりしないが、どこかのおじさんの顔に似ているのかもしれない。」
に吹きました。

子供用のきっず図鑑だからなのか
スルーしても誰も咎めない様な処にまで説明が行き届いていて親切です。
それとも素なんでしょうか?素で感想書いてるだけなのかな?コレ。

何にせよこの文章を書いた人とGOサインを出した人、GJ!
コメント

自由が丘のおケーキ様ですよ。

2010-05-30 22:47:30 | Weblog
至福のとき・・・

あじですどうもこんばんは。



オカンからケーキ貰いました。丸々1個。
合成・・・じゃない豪勢だぜ!

職場でお使いに行った時についでに買っておいてくれたそうです。
賞味期限1日過ぎちゃったけど、美味かったです。
さすが自由が丘。都会って凄いなぁ。

あじの職場の周辺なんて田んぼと畑と駐車場しかないですよ。
他には24時間開いてないコンビニとか。

あ。でも下宿の近くにはメイド喫茶ができました。(5/23参照)
あじの職場(の周辺)環境は露骨に切ないです。
コメント

ヨドバシカメラって本当に新宿西口駅の前って言える位置なのか?

2010-05-29 23:20:03 | Weblog
中央線が動かなくなって難儀しました。


あじです。どうもこんばんは。

仕方ないので一度新宿に出て私鉄に乗り換え様としたのですが、
西口を探してさ迷った挙げ句、たどり着いたのは
地下鉄新宿西口駅でした。


都会は駅が多過ぎて困ります!
5分も歩けば着く様な距離に似た名前の駅を作らないで欲しい。
…と、田舎っぺのあじは思うのです。

泣きそうになりましが、西口には無事到着しました。京王のビルが見えたので助かりました。ホント怖かった。
都会は危険がいっぱいです。
コメント

もう少し進化したら口からビームが出せる様になるかもしれない。

2010-05-28 23:58:44 | Weblog
FAX壊れました。うちの・・・ではなくラボの。

あじです。どうもこんばんは。

つい数分前まで普通に使えていたのに、突如霊界と更新でもしたのか!?という様な
訳の分からない印刷がブリブリ出てきて、ちょっと笑えました。

コールセンターを経て修理依頼出しましたが、時間かかるそうです。
新調した方が早いし安くあがりそうですが、
疲れた・・・。


ところで今、ブログ書いてる途中にくしゃみがでまして、
両手が塞がっていた上、咄嗟の事だったのでフランソワに唾かける訳にも行かず
一人暮らしだし咳エチケットしなくてもいいだろ。と、顔を横に向けてくしゃみをしたら

1m程離れたちゃぶ台の上においてあった香炉の上までツバがとびました。
汚い話で恐縮です。
どんだけ盛大にツバとばしてんだ。とツッコミたいところですが、凄いのはここからです。

香炉では勿論、香を焚いていた訳ですが、
あじのツバが降りかかった瞬間、
ぽんっ
と、小気味いい音をたてて炎がはじけました。

昔、化学の授業で水素発生を確かめる為に試験管の口元に火の点いた線香を近づけて
炎が大きくなるのを確認すると言う事をしましたが
正にあんな感じでした。

一瞬だけ丸くぽっと火が強くなったんです。
私のツバには一体何が含まれているんでしょうかね?
今日はお酒飲んでないし発酵食品も摂ってません。

ううむ。不思議であります。人体の神秘。
コメント

跪く? それって具体的にどういう事ですか?

2010-05-27 23:27:00 | Weblog
生まれて初めて人から跪くよう命令されました。

あじです。どうもこんばんは。

今朝出勤したら姉様が来ておりまして、曰く
「遠沈管のストックを切らしてしまったので1袋貸してくれ」との事。

姉様のセクションでは滅多に使わない様ですが、武士団ではほぼ毎日使用しているので
在庫は常備されています。
快く了解し、着替えて仕事の準備をしておりました。

あじが準備している机の斜め横にストック棚があります。
これは倉庫から取り出して来た在庫を開封し、すぐ使用できる様にスタンバイしている棚で
高さが2m弱くらいの5段に分かれた棚です。

基本的に、重たいものは下、軽いもの程上の規則で並べていますが
姉様が欲している遠沈管は棚の最上段に置いてありました。

姉様は早速棚の攻略にかかっていましたが、
手を伸ばす→届かず
背伸びする→届かず

姉様がイラついている空気がナナメ横からひしひしと伝わってきます。
(この部屋には台になりそうな物はありません。)

代わりにとって差し上げて、本格的に怒り出す前にお引取り願いたいと思いつつも
現在進行形で行っている準備(前処理)がややこしく、
キリの良い所までは迂闊に手を止める事が出来ません。

とにかく一分一秒でも早く終わらせようと、無心に手を動かしていると

姉様「・・・ちょっと、」
あじ「(・・・きたか!!)はい。何でしょう?」
姉様「こっち来て、そこに跪きなさい




……
………何事?

声は怒っている様ではありませんでしたが、言われた内容が内容だった為
おっかなびっくりしていると、姉様は自分の隣に畳んだ段ボール箱を敷き指をさしています。
この上に乗れと言う事なのでしょう。
あじの服が汚れないよう気を使って下さったようです。お優しい。

・・・と、言う事は、姉様の先の発言は怒っている訳でも悪意がある訳でもなく
純粋にあじの助けが必要で言っている事のはず!多分上手い言い回しが見つからなかっただけだ!
ならば後輩として先輩の危機には全力で立ち向かわねば!

と、言うわけでいそいそと段ボールの上に乗ったのですが、ここで一つ疑問。
跪くって、具体的にどういうポーズ?

いや、何となくボンヤリとなら想像つくんですけど
これまでの人生で「跪こう!」と思って跪いた事なんて一度もないんで
どうしたら良いのか分かりません。
かと言って
跪く?具体的にどうしたら良いのですか?
とか聞いたら、(お互い日本語が不自由なだけで悪気はないにも関わらず)物凄く険悪な雰囲気になる事必至。
それは避けたい。何としても避けたい。



頭の中にある霞がかったイメージと、「ひざまずく」と言う音から察するに、
膝を地に付けている状態であると思われます。
しかし、それが片膝なのか両膝なのかが分からない。困りました。

片膝だった場合、礼射の時の第一介添の様な格好が近いのかな。
両膝だと・・・土下座?
んー。よく分からん。


困った挙句、その場に正座して姉様を見上げると
「違う。全然違う」
と半笑いで訂正されてしまいました。

肩車だかおんぶだかして貰おうと思ったんだって。

姉様「いきなり地面にぺったり座るから驚いたわ」
あじ「私も生まれて初めて跪けと言われて大層驚きました」
姉様「じゃ、正座はせめてもの抵抗だったの?」
あじ「この程度で折れる様な矜持じゃないです・・・が、踏まれる覚悟はしてました。

私は、自分を足がかり(若しくは台)にして遠沈管を取るつもりなんだと思ってました。


これじゃ女王と懐刀の事を言えませんね。(5/6参照)
我々の間にはまだまだ相互理解が足りない様です。
コメント

部屋とコシヒカリ(の稲)と私~♪

2010-05-26 22:24:00 | Weblog
5/4の日記に書いた、嫌がらせ半分に押し付けた米ですが
田植えしたそうで写メ届きました。↓




先日、田植えから1週間経ったそうですが、成長が早く1日に2cmくらい伸びているとか。

「じゃ、跳べ。跳んで跳躍力を鍛えなさい。日常生活、全てこれ修行!」(←ベスト・キッドか!)
と、返信したら(ツッコミ部分はなし)
「それって忍者が麻を植えて・・・ってのと混同してない?」
とツッコまれました。

バっカ。違うよ。わざとだよ!
今のご時世で麻なんか植えたらいらぬ誤解を招くだけでしょうが!
と、思いましたが面倒なのでそのままにしておきました。
ケータイでメール打つの面倒い。


今週末に大きい鉢に植え替えるそうです。
楽しそうでした。
嫌がらせの目論見は失敗したけど米も人も元気にしてるのならそれで良いのかな。
コメント

課長救出戦 難易度★☆☆☆☆ その後

2010-05-26 21:47:40 | Weblog
昨日の笑いが効いたのか、初めて課長が先に目を逸らしました。

あじです。どうもこんばんは。


昨日の日記は焦って書き上げたので色々分かり難い箇所があったかと思いますので補足。
あじが台車抱えて爆笑したのは
課長救出後、課長を帰して一人荷物を運んでいる最中の事です。
エレベーター待ってる時に我慢切れました。

そんな訳で、課長の目の前で爆笑した訳ではありません。
それくらいは心得ております。大人ですから。
・・・と言う訳ではなく、単に気を許してない人の前だったから控えただけです。
後々のボーナスの査定に響いたりしたら泣くに泣けないですしね!



以下、私信&コメント返信




オーロラ様>
コメントありがとうございます。こんばんは。
いえいえ。どうぞお気になさらず。
そう言えばオーロラ姫様はユニセックスなお名前ですよね。
(多分、世界で5本の指に入るくらい有名な日本人の名前だと思います。)



すぎごけ様>
お久し振りです。こんばんは。
梅雨とは言え紫外線の量が増える時期なので、面倒がらずに日焼け止めつけて下さい。



たれいぬ様>
コメントありがとうございます。こんばんは。
衝撃と言うか笑撃映像でしたよ。アレは。

本当に、長生きすると色んな事に遭遇するのだなぁ。と、しみじみ思いました。
因みに、あじが居た部屋(休憩室)は1階なので窓から簡単に外に出られます。
(実際でてる人はいませんが・・・)
坂なので普通の1階よりは若干高さがありますが、飛び超えるのに危険はないです。
廊下に回ってたら間に合わなかったので窓から出ました。
ゴルゴ副部長もそこら辺は酌んで下さっていた様で、お咎めなしでした。

台車ごと回収された後、ゴルゴ副部長にしみじみと、
「お前・・・そんな風に笑う事あるんだなぁ」と感心されました。…ん?呆れられたのか?


会社に選ばれただなんて・・・運命的!
うちの社の場合、漏れなく定年まで馬車馬強制労働コースにご案内となるので
良いんだか悪いんだかってカンジですけれども(笑)
でも後押しして下さったおじ様のおかげですから!名前に泥を塗らない様、誠心誠意頑張りますよー。

先日、社員の個人情報で改訂箇所がないかの書類が送られてきたんですけど、
特記事項にしっかりとおじ様の名前が記載されていて「!!」でありました。
特記事項・・・なのかな?
と、言いますか名前だけ書かれても「???」ですよね。関係性が分からん。
自分が分かっていれば良いかと、そのまま返しました(笑)

コメント

管理職が暴走車両に誘拐された。マジで。

2010-05-25 23:55:42 | Weblog
笑いすぎて腹筋が痛いです。

あじです。どうもこんばんは。

今日は早出で朝7時から仕事してたんですけれども中々終わらず
退勤時刻の15時半を過ぎても通常業務の目途が立っただけで
まだまだやるべき事は山積みとなっています。

分刻みで催促がくるので、レポートを一度に仕上げる事を早々に諦め
出来上がった分の書類を本部に提出に行った帰り、
廊下の隅で途方にくれていると、ゴルゴ副部長に拾われました。

ゴルゴ「お。調子はどうだ?」
あじ 「・・・お陰さまで、絶好調であります」
ゴルゴ「全然大丈夫そうじゃない事は分かった。休憩行くぞ」

言うが早いか、副部長はあじの白衣の首根っこを掴むと、廊下を突き進んで行きます。
すれ違う人々が皆一様にぎょっとした様子で
「・・・今度は何やったんだコイツ」と好奇心や同情といった表情を浮かべつつ
ゆるぎなく通り過ぎる我々を見送ります。
まぁ。慣れてるからいいけどさ。

連れて行かれた先は旧館1階にある喫煙スペースのある休憩室でした。
天気が良いせいか窓が全開になっていて、西日と言うにはまだ高い日差しが差し込み
多少タバコ臭い事をのぞけば昼寝には持ってこいのスポットです。

副部長に買って貰った抹茶あずきを大事に抱えて
(冬の間缶しるこばかり啜ってたせいで、副部長に小豆好きと思われた様です。ま、好きですけど)
窓の桟に肘を付き、外の景色を見るともなく見ていると
麗らかな初夏の風景に、突如悲鳴が響きました。

あじ 「!?」
ゴルゴ「・・・」

途端に警戒するあじ。無言で窓から頭を乗り出し状況を確認する副部長。


さて、ちょっと戻って休憩室の窓から見える風景を説明しますと、
目の前には舗装の荒いコンクリートの道。2車線分くらいの幅で続いていて
資材運搬のトラック等はこの道を通って裏口に回ります。
裏口は窓の右手側の先にあり、そこにはちょっとした社員専用駐車場が備わっております。
反対の北側には倉庫が並んでおり、北から南にかけてゆるい坂道となっております。

悲鳴は北側から聞こえました。
副部長と二人、窓から身を乗り出す様にして声のした方をい見やると
上司が台車に乗っかったまま坂道を滑り降りてくる所でした。

何コレ。夢?それとも幻覚?
眼精疲労ではあるけれど、相当目ぇーキてるのかな?

とか思いつつ呆然と見つめていたら
なんと、現在進行形で滑っている上司と目が合いました。


……
………あ。コレは、

   夢じゃない。
   幻覚じゃない。

と、思ったら我慢できなくなってしまい、窓枠掴んだまま爆笑。

ゴルゴ副部長はさすがに冷静で、ケラケラ笑っているあじの頭を叩くと「助けてやれ」と
あじの手から今にも握りつぶされそうになっていた紙コップを避難させます。

まだ笑いの神は去っていなかったのですが、他ならぬゴルゴ副部長の命令なので
「了解しました」と窓から飛び降りると走って追いかけ、台車の手摺を掴み
後ろに体重をかけて引きずられつつも停車させる事に成功しました。

台車の上の段ボール箱に腰が挟まった様なポーズで両手にしっかりと酢酸のビンを抱えた
我が上司である課長は
気恥ずかしさからか、バツの悪い顔でこちらを見て「・・・・・・どうも、ありがと」とのお言葉。

あじも大人なのでスルーしようと思ってたのですが、我慢足りず、また爆笑。
台車の手摺に縋るようにして笑い続け、最終的には涙目で過呼吸の様になりつつ
笑い過ぎて腹筋が痛いと蹲った所をゴルゴ副部長に回収されました。

色々とツボにはまっちゃって・・・こんなに笑ったの久し振りだわ。

話がちょっと逸れますが、中学校の頃、隣の席の子が熱狂的な尾崎豊ファンで、
当時、芸能情報にそれほど興味がなく尾崎豊が何時頃活躍して何時頃亡くなったのかも知らなかった私に
尾崎豊がどれ程凄いアーティストなのかを懇切丁寧に語ってくれました。

その布教活動の一環で、15の夜の歌詞を紙に書いてくれました。

彼の自論は、サビの「盗んだバイクで走り出す」のフレーズは、
バイクと書くより単車と書いた方が尾崎っぽいと言うものでしたが、
貰った歌詞カード、よく見ると字が間違ってまして、
盗んだ台車で走り出す
になってました。


ゆるい坂道を滑る様に走る台車を見て、咄嗟に思い浮かんだのはこのエピソードでございました。

うん。かなり笑った。腹筋は痛いけど元気でた。


因みに課長が暴走車両(台車)に誘拐された原因は・・・

倉庫に荷物(試薬)をとりに行き、洗浄液など重たいものは台車の上、
酢酸の小さなビンは手で抱えて出庫した後
重いもの抱えて腰が痛くなったので倉庫前で段ボールに寄りかかって休憩してたら

ブレーキをかけるのを忘れていて、何かの拍子に前に立っていた課長を撥ね飛ばし、
上に乗っけたまま走り始めたのだそうです。

乗せているのはどれも危険な薬品ではないものの
流出だけは避けたかった課長は絶妙のバランスで、文字通り身を呈して試薬を守ったそうです。
いや、最終的に確保したのはあじですけれども。

こーゆー事ってあるんですね。不覚にもこの会社に就職して良かったとか思ってしまいました。
コメント (1)

道路交通法について本気だして考えてみた

2010-05-24 23:13:20 | Weblog
先日、休憩中に道路交通法について熱く議論を交わしてきました。

あじです。どうもこんばんは。


日本の道路交通法では馬って軽車両に区分されるんですって。
博識な薬剤室の主任に教えて貰いました。

それを知った時の各々の反応。↓

あじ「・・・チャリと同列か」
薬主「な。おかしいよな?絶対間違ってるよな!?」
あじ「大人しく歩道を走ってろって事ですか?馬に轢かれたら死にますよ!」
薬種「チャリだって轢き方によっては死ぬよ」

あれ?軽車両って歩道走っても良かったんだっけ?
標識(←人の絵とチャリの絵が描いてある青いヤツ)が存在するんだから走っていいんだよね?
模範解答はプロの運転手であるオカンに書いて貰いましょうね。
宜しく頼んだ!(←他人まかせ)


取り敢えず結論として「免許がなくても乗れるから」と言う理由に落ち着きました。
意外と普通な結果で多少がっかりです。
もっとアクロバティックな回答がでるかと思っていたのに・・・不甲斐ない。

とりあえず、結論。
馬で高速走ったら捕まるよ!
コメント

メイドの集団に囲まれた!あじは動けない。

2010-05-23 23:48:40 | Weblog
先日、近所の商店街を歩いていたら、メイドさんの集団に出くわしました。

あじです。どうもこんばんは。

ウララ先輩と一緒にいたのですが、例の如くビラ配りや客引きに捕まり続けるあじのせいで
二人の距離はどんどん離れて行きます。
(人通りのない田舎道ならあじの方が断然足が早いのに・・・!!)

商店街の半ばを過ぎたあたりで、あじの足音が聞こえなくなったなと
ウララ先輩が振り返ると
あじがメイドさんの集団に囲まれて硬直していたそうです。


・・・と、言うか、硬直してました。
道歩いてる時に、突如丈の短いメイド服着た方々に行く手を塞がれたら
誰だって驚くし、対応に困るでしょう?

心底困りきって情けない表情で助けを求めるあじ。
それを面白がって少し離れた所から観察するウララ先輩。
酷い女です。

近所にメイド喫茶が出来たそうで開店記念の割引券を配っていた様なのですが
どういう訳かその配り先があじに一挙集中したんですね。



以下、酷い女、ウララの視点でお送りします。


あじ「え?え?私?何で?おかしいでしょ?おかしいですよね?」

状況が分からず只々うろたえるあじ。
集団メイドさんは笑顔でビラを手渡し、紙面を指差して何やら話し続ける。
途端、あじが悲鳴の様な声をあげた。

あじ「いや、ちょっと待って。明らかにターゲット間違えてますよね?行きませんよ!」

割引券の使い方の指導かそれとも店の場所を教えられたのか
酷く頼りなげな顔のあじは、思わず噴出した私を見つけ、睨みつけた。

すいと顔を逸らして下を向く。舌打ちする時のクセだ。
あじが本気で機嫌を損ねた事が伝わったのか集団メイドさんが距離をとる。

職場では弱小セクションを守る為、殺気立って怒っている姿はよく見かけるが
通りすがりのメイドさんに向けて良いものではない。
そろそろ回収時かと近づくと口元が動いているのが見えた。

独り言の様で声は聞き取れなかったが、ゆっくりだった為唇は読める。

・・・あ、 お?、 お、 ん?、 あ。

「アホ女」か「あの女」か。もしかしたら「クソ女」かもしれないが、どのみち口汚い言葉には違いない。

集団メイドさんではなく自分に向かって怒っていたのかと再度吹き出しながら助ける為に近寄ると
一瞬早くカバンのベルトを掴まれ、引き寄せられた。

あじ「この人、以前メイド喫茶に行きたがってたので連れて帰ってあげて下さい。」

と、先程話しかけていたメイドさんの前に私を突きつけると、一人、競歩の様なスピードで去って行った。




更にこの後、今後暫く私の家に来るなと一喝するのですが
一般的に言って酷い対応してるのは私の方なんですかね?大人気ない?
でも、こーゆーの本当苦手なんですよ。
それにしても、何でいつも捕まるんだろう。私・・・?
コメント