白衣の武士

世知辛い現代の世を独特のキャラクターと運の良さだけで綱渡る
とある旗本の末裔の末裔。
ユニホームは白衣。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

シンデレラのお父さんの謎について本気だして考えてみた。

2011-11-08 23:20:10 | Weblog
毎度毎度、実にどうでもよいことに一々ひっかかり、誰もが気にせず過ごしている事に
全力で難癖つけて生きております。


あじです。どうもこんばんは。


そんでね。本日のお題はシンデレラなのです。誰もが知ってるグリム童話。

ガラスの靴なんて履いて階段駆け下りたら割れるか、さもなくば蒲田行進曲の池田屋みたくなるんじゃないかと
誰もがドキドキしたあのスリリングなお話ですね。

あじが気になったのは、シンデレラではなく、そのお父さんです。
シンデレラのお父さんが年頃の娘をもつ母親と再婚した為に、シンデレラには継母と継姉ができた訳ですが
ここで一つ疑問が。


お父さん、どうして年頃の娘じゃなくて母親の方と結婚したのかしら?


女は若い方が良い。と思っている訳ではないですが、
その後の展開を見る限り、性格で選んだとは思えないし、顔は実子(シンデレラ)のが美人だろうし
家事全般できる人!って選んだのなら、シンデレラが灰かぶる前にストップかけるよね。

ホント謎です。
前妻の死のショックが強過ぎてまともな思考回路じゃなかったのかな。
だったら再婚しなきゃよかったのに。子供もいるんだし。必要なくね?


私個人の意見ですと、『今でも亡き妻一筋な妻に先立たれた夫』と言うのは相当好感度高いと思うんですよ。
殿方が未亡人と聞いて思わず居住まい正してしまう様にね。

いや、別に取って食おう的な意味ではなくてですね。
「あんなに思って貰えるなんて幸せな奥様ね」と言う憧れ?的な。何とも微笑ましくなっちゃいますですよ。
もうそのまま一生独身でいてくれ、と思います。


因みに、あじが昔バイトしていた会社の社長がやはり奥様を病で亡くされてました。
大恋愛の末の結婚だったそうで、社長も当時それは酷く落ち込んだそうです。

・・・が、この方。タガが外れてしまった様で、その後次々と再婚と離婚を繰り返し
あじに「4人目の愛人にならない?」と打診してきた時は奥様は●代目となっておりました。

これはこれで、凄い。


あ。勿論、愛人の話はお断りしましたよ。
正妻じゃないのかよ!とか、例え正妻になったにしても両親と同じ歳の旦那じゃ新婚生活ではなく介護生活なのでは?とか
ってゆーか、子供の方が歳近いんじゃね?とか、あ。息子さんいらっしゃいましたよね。じゃ息子さんをあじに下さい!とか

何か色々と喉元まで出かかりましたけど、収拾つかなくなりそうだったので
全部飲み下して、代わりに話したのが好感度云々の話だったりします。

何やってんだ。自分。

社長も愛人の話を抜かせばとても良い方で、「凄いな!勉強になるな!」と言って
小娘(←当時は)だったあじの話を熱心に聞いてくれました。
お懐かしい。元気でおられるだろうか・・・。


ノスタルジーな空気になってきた所で、本日はこれまで!疑問解決してないけど、そんなこた知るか!(←酷)
結論:オヤジ殿の心理はオヤジ殿にしか分からない。
コメント   この記事についてブログを書く
« お花摘んで何が悪い!!! | トップ | だってモジャモジャしてたら... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事