白衣の武士

世知辛い現代の世を独特のキャラクターと運の良さだけで綱渡る
とある旗本の末裔の末裔。
ユニホームは白衣。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ラブレター・フロム・モナコ♪

2010-12-22 22:54:05 | Weblog


姉様からヨーロッパ土産を頂いちゃいました。
チョコレートと絵葉書です。

査察の中日にF1好きなあじの為にわざわざモナコまで行って下さったそうです。
このハガキをモナコ公国から投函するつもりだったけど、日曜だったので大きい郵便局しか切手売ってなくて
過密スケジュールの合間にとんぼ返りで強行したので買ってる時間がなかったそうです。

その気持ちだけで嬉しい・・・。
全然F1に興味ない姉様があじの為に国境を越えて下さった事が嬉しいです。
あじは良い姉上を持ちました。


どうもこんばんは。



このハガキ、写真が悪いせいで見えづらいんですけども、
地図上にモナコGPのコースが載ってて、海側」と山側のそれぞれの部分にマシンの写真がついてるんですが
今年の上位チームかと思いきや、古き良き時代のマシンなんですよ。

向かって左下はマルボロとシェル石油背負ってた時代のマクラーレンですね。
本当に小さくて見え難いのですが、メットのカラーが黄色でサイドにラインが入ってるので
恐らくセナさんじゃないかしら・・・って事は伝説の16戦15勝したMP4/4?

その右斜め上のド派手なマシンはベネトンですね。このカラーリングはB188~B190(90年)ってトコですかね。
よく見るとカーナンバーが20となっているのでB190のネルソン・ピケかもしれません。
メットも赤と白が交互に見えてるのでピケ父っぽい。

更にその右上は泣く子も黙る跳ね馬、フェラーリですね。
カーナンバーが27なのでミハエル兄さんが立て直しに来る前の様です。
・・・多分412T2のアレジかな?

一番右はウィリアムズ・ルノーですね。
キャノンの看板が冬至…じゃない。当時日本がバブル真っ盛りのパックス・ジャポニカだった事を忍ばせます。
ルノーエンジン搭載なので91年のFW10でしょう。
カーナンバーが5番なのでマンセルかな。


・・・と、まぁ。凄く懐かしい思い出の様に書いておりますが
リアルタイムで観たレースなんて一つもないんですけどね。
だって当時は本当にチビっこで、夜の9時になると眠くなる様な生活だったから・・・。
でもF1が一番盛り上がってた時代だと思います。

一枚の葉書でこんなに楽しく過ごせるなんて・・・凄いわ。
そして意外とあじの記憶力が良かった事にも驚きました。何で普段は活用できてないんだろう。
人生損してる気もしますが、今は幸せだからいいや。
コメント   この記事についてブログを書く
« 調教師になって立派に調教し... | トップ | 勤務終了!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事