行雲流水

阿島征夫、一生活者として、自由に現代の世相を評す。時には旅の記録や郷土東京の郊外昭島を紹介する。

ハワイアンリゾートへ

2019-05-14 11:06:05 | 国内旅行
ハワイ、タヒチへはフラやポリネシアダンスは見たが、日本のハワイアンは昭島のハワイアングループしか見てない。
知人から勧められたことと、隣の立川から無料送迎バスがあると聞き、昨日から訪れた。

映画フラガールで常磐炭鉱の閉山後、常磐ハワイセンターが苦難の道を歩みながら、開業に成功した事は喜ばしいと思っていた。最近では東日本大震災の後、フラガールたちが震災の避難所を慰問で回り、その努力に感心していた。


スパハワイアンリゾートでは緑の山に山藤が咲く景色と豊富な温泉が出迎えてくれた。温泉は湯本からひいて、部屋の洗面所まで温泉だ。

ハワイアンショーは昼と夜の二回あり、55年の歴史を感じる芸術の域に達していた。
ホテルに着くと、ソロのフラがロビーで演じられている。ショーで見るグループフラと違い、実に優雅で繊細な色香を感じる。日本人の細い柳腰にマッチして、 ハワイアンよりソロは合ってる。


進化したなぁと思えたのは、コスチュームで、ファッションショーみたいだ。私がハワイで見たのと違い、高貴ささえ感じる。
フラも間違いなくレベルアップしている。



従来の流れのコスチューム


見ものの一つ、男のたいまつショーだ。
確かに筋骨隆々のポリネシアンと身体は比較にならないが、技術は器用な日本人の方が上だ。

外国人観光客を見かけなかつたが、このショーなら、受ける。プールサイドの劇場ではなく、専用の劇場を造ったらどうか。
コメント   この記事についてブログを書く
« 多摩川クリーン作戦 | トップ | 信じられない?!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

国内旅行」カテゴリの最新記事