会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

【会津野】十三日市の様子

2018年01月13日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

会津でのお正月は、風物詩として「会津の初市」という催しがあります。

最初は、1384年に会津若松市ではじまった「簗田市」というものが起源です。それが会津各地に広がり、いまでは、1月7日から17日にかけて、多くの地で「初市」が開かれています。

昨年は、精力的に各地の初市の様子を見てきました。ただ、十三日市の「野沢(西会津)」と「猪苗代」が吹雪で行かれなかったので、今年はこの2つにリベンジ。今年は、とても良いお天気の中、見てくることが出来ました。

昨年の様子は、以下のエントリーをご覧くださいませ。

【会津野】十日市の様子

【会津野】十二日市の様子

【会津野】会津の初市 周辺部の巻

【会津野】小田付初市

それでは、野沢からリポートしましょう。

電気屋さんの倉庫に市神様が祀られていました。野沢にある熊野神社の宮司様がいらっしゃったので、お祀りしている神様を尋ねたものの、残念ながらわかりませんでした。

野沢では、あまり初市の意義が継承されていないようです。

市そのものは、野沢駅前通りの片側に、十数件の出店が並びます。起き上がり小法師と風車を売る店が数件ありました。

猪苗代に場所を移すと、こちらはとてもにぎやか。

道の両側に並ぶ出店を覗く人々であふれています。出店も80近くありました。

こちらが、市神様を祀る祭壇。ここには、諏訪神社の宮司さんがいらっしゃり、やはり祀っている市神様のことを尋ねてみました。

諏訪神社そのものと土津神社が祀っている神様のお話しは伺えたものの、市神様については、わからないとのこと。住吉大神と春日大神ではないですか?と訊いてみても、商売繁盛を願うような神を猪苗代で祀る話は聞いたことがないとのお話し。

野沢も、猪苗代も、会津若松の簗田市で祀り現在に至る住吉大神と春日大神の2神が関係している様子は、これっぽっちもありませんでした。

さてさて、私の住む高田では、阿弥陀如来と薬師如来を祀り、仏式で初市を行っていたものをお奉行様から禁止され、市神に2神に祀るようになったのに、もともと2神を祀っていたであろうことは、どうでもよくなってしまったようです。(現在は、高田でも市神様のことが、うやむやになっています)

簗田市で始まった俵引きは、いまでも高田と坂下に残っています。ただ、初市に2神を祀り、いまだに俵引きも行っているのは、坂下だけとなってしまいました。

坂下の「俵引き&初市」はこれからも大事にするべきだし、高田においては、1700年代に出されたお奉行様による禁止をそろそろ破っても大丈夫だろうから、仏式での初市、そして、今も続く俵引きでのお正月行事を続けたいものです。

ところで先日、「初詣」の起源をラジオ番組で聴きました。初詣とは、明治18年に始まったもので、川崎大師にお詣りに行くことを鉄道会社が促しはじまったとのこと。なんと、商業的な行事だったのです。

それまでの日本人は、お正月は家にいて、幸福をもたらす歳神様(としがみさま)を家に迎い入れる風習でした。

そのために、年末に大掃除をし、おせち料理を作ってお迎えをしていたのです。

会津の初市は、市街地に住む武士や商人たちと農村部に住む農民たちが、お正月の挨拶を「市」の場でいっぺんに行ってしまうのが、その起源です。後に、せっかくなので縁起物を売ろうという商業的な意義がついてきたものです。

会津で最も初詣客が多く集まる伊佐須美神社の門前にある高田で、なぜ初市が仏式で行われていたのかという謎は、お正月だからと言って神社に初詣でする習慣そのものがなかったというのが、その大きな理由。お寺の多い高田にたくさんいた修行僧たちは、初市で風呂を沸かし対価を得ることだけが許され、1700年代までの高田初市は、湯けむりが立ち上る初市であった。

風呂入りながら、高田の地酒や漬け物などを野外で楽しむことが復活したら、全国から沢山の人が来そうですよね。

インスタ映えするような箱蒸しでも考えてみましょうかね。

皆が二次創作するであろう箱蒸しの先は何だろう?

世界の果てまでイッテQの宮川大輔さんに来ていただいて、箱蒸し我慢大会なんてどうだろう?

お正月から、あれこれ妄想している宿主です。

今日も素晴らしい1日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【会津野】「インスタ映え」... | トップ | 【会津野】観光客の哲学 »

宿主からのブログ」カテゴリの最新記事