会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【会津野】コミュニケーションコスト

2017年11月30日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

昨日、2ヶ月に一度のマルシェイベント「スイマル」を行い、週半ばの平日にも関わらず沢山のお客様においでいただきました。

今回私が気をつけたことは、「コミュニケーションコストをかける」ということ。

旅人宿やいなかのパン屋においでいただくお客様というのは、商品やサービスの購入をするとき、会話を楽しみながら、ある程度の時間を共有します。そういうお客様が多い。

商売を行う事業者からすれば、1人のお客さんに時間をかけず、どんどん商品を売る事が「効率化」ですが、世の中には、この動きに反することを「価値」と感じていただける人々がいる。

セルフレジやロボットが対応する店に「価値」を感じる人々もいるけれど、「自分はどんな生き方をしたいのか?」と哲学的に問えば、私はコミュニケーションに「価値」を感じる方だ。

スターバックスコーヒーへ行くと、これでもか!という沢山のオプションの中から、自分の好きな商品を選ぶことが出来る。ここには、店の人に自分の欲しい商品を告げるコミュニケーションコストがかかる。だけど、事前に準備された選択肢の中から選ぶ方式なので、店の人と創造性を分かち合うことには乏しい。

コンビニのコーヒーを買う時は、カップの大きさを告げるだけで、アイスコーヒーに至っては、冷凍庫から商品を自分で取り出してレジに持っていくだけの、非常に低いコミュニケーションコストで済む。

外国旅行を考えると、言葉の通じない国では、コミュニケーションコストが低いと助かることは確かだけれど、それでは母国での買い物となんら変わらない。なんのために外国に行くのか?それはコミュニケーションをしたいからではないのだろうか?

一方、外国人を受け入れるインバウンド対策を考えると、コミュニケーションコストを低くする方が受け入れにとって良さそうな気がするが、Airbnbなどのシェアリングエコノミーサイトでは、評価経済のために事前事後のチャットコミュニケーションを必要とし、とても高いコミュニケーションコストを必要としている。

翻訳コストをシステムが負担するようになってきたので、このコストは下がったけれど、その分、コミュニケーションコストに転嫁されたような感じだ。

近頃、コミュニケーションコストを極限まで低くするものと、コミュニケーションコストそのものを価値にする動きが極端になってきたように感じる。

人工知能の開発状況をみていると、自分の分身としての「長谷川洋一ロボット」に置き換えられるときが死ぬまでには来るだろう。ただ、「長谷川洋一ロボット」を社会が必要とせず、汎用ロボットで済む存在になる事だけは、この世に生を受けたものとしてなんとか避けたい。

そのためには、どんなに小さなものでも、普段から創造性を発揮する場である「コミュニケーション」を大事にしながらそれを実践すること。これが必要なのではないだろうか。

蓄積されたコミュニケーションの集合体であるチャットデータベースが完成し、それを学習した人工知能が世の中にお目見えする近未来に、創造性を発揮できる生命体であり続けたい。

だから、「コミュニケーションコスト」をかけるのだ。

今日も素晴らしい1日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 【会津野】岩手県紫波町オガ... | トップ | 【会津野】ブロックチェーン... »

宿主からのブログ」カテゴリの最新記事