会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【会津野】まちづくりの背景を考えてみる

2018年05月19日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主 ならびに 古書 会津野 店長の長谷川洋一です。

前回のブログから長い時間が空いてしまいました。久々に文章を書いています。

この冬からはじめた「古本屋」。だんだんと軌道に乗って参りまして、地域の方々から集めた古本の整理に追われる毎日です。

そんななか、集めてきた本の中から2冊の本を読んでいます。(自分では、役得だなぁと思う)

 

1つは、「人びとのための資本主義」(ルイジ・ガンジレス著)です。

イタリア人である著者は、コネ社会が蔓延しているイタリア社会から、自由の国アメリカへ移住した人物。

1988年に移住した当時、アメリカは自由の国であった。しかし、2008年のリーマンショックあたりから、企業の失敗(この時は金融の失敗)の後始末を国民で後片付けする社会に変わったと言う。政府が巨大企業を救い、税金を使って後始末するということだ。

ロビー活動や、企業から政府の要人を選出するなどの方法を用いて、コネ社会への変化が急速に進んでいるように見える。

こういうことを詳細に記述した内容になっています。

 

他方、今朝(2018年5月18日)の福島民報読書欄に、「十五の夏」(佐藤優著)の書評が出ています。

この本は、外務省職員であった佐藤優が、十五歳のときに東欧やソ連を旅した記録を記したもの。

当時の社会主義体制を背景として、このような言葉が並ぶ。

「人間はどの国に住んでいても大きな違いはない」

「むしろ彼らは国家が信用できない分だけ、家族や友人を大切にしていた。今の日本はどうでしょうか」

不正の蔓延する社会主義体制の中で、人々は本当に信頼できる家族や友人を大切に過ごしていたことがうかがえます。

 

もう1冊の本、「黒い選挙の構図」(秋山紀勝著)は、昭和55年3月の会津高田町議会議員選挙の不正をルポルタージュしたもの。

会津高田町は、現在、会津美里町となったうちの1つの自治体です。

ここでの不正の構図は、話し合いにより選挙を無投票当選にするよう企てたもの。

その際、町長が任命する権限を持つ助役のポストを議員立候補予定者に割当て、立候補を取りやめさせる手段を用いた。

他の立候補者には、金品で降りていただく手段を用いた。

最終的に、この企てに参加した議員の逮捕や書類送検、また町長の書類送検が起き、議員および町長の辞職が起きています。

話し合いというコネクションが、住民参加の大きな手段である選挙を妨害したことに対し、それに対する議会および住民の不正浄化運動が盛り上がらない実情もルポされています。

この地域は、戊辰戦争により勝ったものが振るう権力にひれ伏してきたところ。それに対し、明治年間には、自由民権運動が起きるほどの不正に対する行動があった。

しかし、運動した者が不条理に投獄されたりもした。

だから、為政者とは離れたところで家族や友人を大切にする精神が育まれてきた。

その精神が、立候補者を話し合いで決めることに発展してしまった。

これを浄化するには、大切な家族や友人である議員を非難し、社会を変える必要がある。

そういう行動を取ると、自らが社会から省かれる危険がある。

だから、運動が盛り上がらない。

これが戊辰の役以降150年の会津の人々の気持ちだと、私は理解している。

 

来週、準備を重ねてきたまちづくり団体が我が町会津美里町に発足します。

まちづくりには、「若者、よそ者、ばか者」が必要だとよく言われる。

私は22年前にここに移住した「よそ者」のひとり。

そして、このたび総務省から会津美里町役場のまちづくり政策課長に就任した方も、町の広報誌で自己紹介として「よそ者」という言葉を使い、自らを表現している。

会津で戊辰150年の血を持つ方々と、これを客観的な視点を持つ立場にいる「よそ者」のパワーを集結し、新しい絆の形を具現化する「まちづくり」をしたいものです。

今日も素晴らしい1日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。

※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 【会津野】十善戒 | トップ | 【会津野】書籍「名残りの雪」 »

宿主からのブログ」カテゴリの最新記事