会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【会津野】2011年 只見川水害の訴訟

2018年03月26日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主 ならびに 古書 会津野 店長の長谷川洋一です。

東日本大震災の起きた2011年。同じ年の夏、福島新潟豪雨という災害がありました。奥会津の只見川が氾濫し、JR只見線や流域の住宅が水に浸かるなどの大きな被害がありました。

只見川には、発電用ダムが多く立地し、ダムを管理する電力会社は放水を実施、その下流域が水に浸かってしまい、ダムの適正管理を争点とした訴訟が起きています。

本日、その判決が福島地裁会津若松支部で出されるということでしたので、傍聴に行ってきました。

傍聴席は21席用意されていましたが、関心が高い裁判だからか、あらかじめ示された抽選時刻の午後0時50分には、55名の傍聴希望者がいました。

はじめて傍聴券の抽選を経験しましたが、見事に当選!

すぐに法廷に入り、判決を待ちます。

報道機関に許可された写真撮影を経て、裁判官が主文を読み上げます。

判決は棄却。訴訟費用は原告の負担との判決でした。

事前報道によると、浸水被害とダム管理においてたまった土砂との因果関係を裁判所が判断するのは全国で初めてとのこと。

一審では、棄却されたことにより、因果関係はないとの判断が出たことになります。

傍聴の抽選に漏れ、外で待機していた流域の住民だと思われる方々は、一様に険しい顔つき。

浸水被害で土地や家屋などの財産を失い、避難生活を強いられたことに対する怒りです。

もともと川の近くは、暮らしに必要な水を得られる便利な場所で、人々にとって価値がある場所です。水という価値を利用した発電ダムが溢れ、川の近くから結果的に追い出され、その補償もない。

この世の中、なにか間違っているのではないだろうか。

今日も素晴らしい1日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。

※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 【会津野】「福島県住宅宿泊... | トップ | 【会津野】書籍「聖地の想像力」 »

宿主からのブログ」カテゴリの最新記事