私も 一言 投稿用 (こんな話を聞きました)。

お母さんの写真が

 日曜学校など 子ども会の全国組織 少年連盟のページにあった
子どもさん向けの ご法話です。


 「お母さんの写真が、 笑っているときも泣いているときもある 」
   龍尾 一洋師

 沙紀ちゃんが小学校三年生の時に、お母さんが亡くなりました。
お母さんが亡くなってからは、朝夕必ず仏さまにお参りします。
そしてお母さんの写真に話しかけるのが日課になりました。

あるときお父さんに言いました。
「今日はお母さんの写真が笑ってたよ」
「どうして」
「今日は算数のテストで百点だった。家にかえって
 お母さんの写真を見たら笑ってたよ」

知らない人が聞けば、写真が笑うはずはないと言うかもしれません。
しかし沙紀ちゃんには、自分のことを心配しながら亡くなっていった
お母さんの心が見えていたのです。
お母さんの心の中には、喜んでくださっている自分の姿がありました。

またあるときは、悲しませてしまっていた自分の姿がありました。
お母さんの心は、沙紀ちゃんのことでいっぱいで、いつ思い出しても、
沙紀ちゃんのことを心配してくれて、笑ってくれたり泣いていたり
しているのです。

アミダさまは、私のことを心配してくださって、かならず
仏にしますとおっしゃいます。
いつ思い出しても、忘れているときでも、アミダさまの心は
私のことでいっぱいなのです。
いつでも私と一緒にいてくださるのです。

名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「日記」カテゴリーもっと見る