goo

稚内・探偵事務所のつぶやき話 「その結婚は必然だった」という考え方

当社は稚内市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

 

探偵は仕事を通じてたくさんのことを学ばせていただく。

 

今でもはっきりと憶えていることがあります。

 

ご主人の暴力と浮気問題で悩み、探偵に依頼をされたKさん。

 

調査結果はやはりKさんの夫は浮気をしていた。

 

そして、夫は浮気相手の女性との間に子供が産まれていました。

 

Kさんはたくさん悩んだ末に離婚を決断された。

 

Kさんは当時、4才と7才の二人の子供がおられた。

 

夫は「養育費は払えない」と開き直っていた。

 

Kさんは一人で子供を育て、生き抜くことを選んだ。

 

そのとき、Kさんは探偵に言われました。

 

「私、この結婚を後悔していません」

 

「この2人の子供を授かるための必然です」

 

とても力強い言葉で言われていたのです。

 

その後も何度もKさんから連絡をいただいていました。

 

先月、そのKさんからお電話をいただきました。

 

離婚のとき4歳だった子供が今年で20才になるそうです。

 

そのとき、Kさんはもう一度、探偵に言われていました。

 

「どんなに辛い思いででも、あの人と結婚していなければ、この子たちを授かることができなかったんです」

 

「だからこそ、別れた夫には今でも感謝しているんです」

 

探偵はひたすら、Kさんの凄さを感じました。

 

 

探偵はハッキリと言います。

 

どんなに不幸だと思われる結婚であったとしても、子供が授かっているのなら、

 

「その結婚は必然だった」という考え方は人を強くしてくれます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 網走・探偵事... 留萌・探偵事... »