全日本カウンセラー協会へ、ようこそ。

『谷川うさ子王国物語』勉強会
『慶應義塾大学夢物語』坂口由美の活動記録

【速報】東京都・コロナ感染者数の平均が5週間ぶりに増加「ぶり返しつつある」

2022-06-23 17:02:02 | 心理カウンセリング

『慶應義塾大学夢物語』"Keio University Dream Story"
             著者 坂口由美 Yumi Sakaguchi       
  (Kindle Single) Kindle版_愛サロン文庫

2022年6月23日火曜日<2022年度第II回科目試験>

科目試験を目前にした心構え⑥

序論

国立国会図書館を活用した情報リテラシーの重要性について

国立国会図書館(National Diet Library)は、国会に属する国の機関であり、日本の国会議員の調査研究、行政、ならびに日本国民のために奉仕する図書館である。国立国会図書館オンライン(正式名称:国立国会図書館検索・申込オンラインサービス)は、国立国会図書館の所蔵資料の検索と申し込みができるシステムである。国立国会図書館が所蔵する資料であれば、インターネット経由で書誌情報を検索・ダウンロードできる。

公開範囲について
収録資料は、資料ごとにそれぞれの状況に従い、以下の公開範囲で提供されている。

インターネット公開
著作権など権利状況に問題がないことが確認できたもの。
自宅からも閲覧・複写ができる。

第一節 「国立国会図書館サーチ」は、デジタルコンテンツを統合的に検索できる「『知』のアクセスポイント」

情報リテラシー能力者の定義( information literacy)を述べる。

アメリカ図書館協会(ALA)が発表した報告書によれば、

  1. 情報が必要とされるときに
  2. 情報を効果的・効率的に探し出し、精査し、使うことができる能力。
  3. 情報リテラシー能力を保持する人と定義する

現在の情報化社会において、コンピューター情報にアクセス、精査し、社会的、文化的、哲学的な状況・影響を知ることができる能力である。

大学では絶対にあってはならない剽窃も、情報リテラシー教育に含まれている。

大学研究図書館協会(ACRL)「高等教育のための情報リテラシー能力基準」

  1. 情報に対するニーズを認識し、必要とする情報の性質と範囲を決定できる。
  2. 効果的に、そして、能率的に必要な情報を見付けられる。
  3. 批判的に情報や情報探索過程を評価できる。
  4. 収集した情報や自らの研究から生み出された情報を管理できる。
  5. より重要で新しい情報を適用して新しい概念や新しい理解を生み出せる。
  6. 情報を用いるということの周囲にある・倫理的・経済的・社会的な問題を認識できる。

結論

「激しく変化する社会の中で生き抜くためには生涯学習が必須である。

その方法を身に付けるためには情報リテラシー能力の獲得が必須となっている。

情報リテラシーとは、「私たちが社会生活を行っていく上で、あらゆる情報に対する」

(1)情報ニーズを認識する能力

(2)情報を発見・獲得する能力

(3)情報及び情報探索過程を評価する能力

(4)情報管理能力

(5)情報に基づいて新たな理解を生み出す能力

(6)情報の背後にある問題を認識する能力」である。


gooニュース
https://news.goo.ne.jp/article/fnn/nation/fnn-379318



最新の画像もっと見る

コメントを投稿