総合漢方にんぷ薬・総合漢方育児薬

~頭を使ってではなく、カラダ(感性)で子育てしてみませんか~

み〇〇診療所に行ってきました。

2020年06月28日 | エッセー
ついに、山を越えて隣町にあるうわさのみ〇〇診療所に行ってきました。
70歳くらいのおじいちゃん先生で、西洋のお薬を処方しない漢方医。
私の斜め前に座っている同僚が、そこに行ったら、ひどい花粉症がすっごくよくなったという体験談を話されたので、ずっと、気になっていたお医者さんだった。
私の、おそらく猫アレルギーであろう顔面湿疹も発症して3年目を迎え、皮膚科に通ってもよくならないので、ステロイドはあきらめた。結局、もちもちするまでパッテイング化粧水という裏技を行きつけの美容師さんから教えてもらい、夏を乗り越え、乾燥がひどくなる11月ごろからは、さらにゼリー状のクリームを上乗せして乗り越えんとした。
 しかし、口の周りだけはよくならない。唇の皮がいつも剥けた状態で見苦しい。
 幸い、コロナマスクで隠しおおせているが、湿気ムンムンの6月に突入してもよくならないので、意を決して、み〇〇診療所を予約した。
 山を越え30分もかからないのに、知らない人が多い。
西洋のお薬を一切処方しないというDrなんて、奇人変人にしか映らないだろうなぁ。
だから、信用できると思ってしまう私は、やっぱり、マイノリティ。
いいじゃん、治れば。慢性の病気は治らないから、西洋のお薬では。西洋薬は急性対応薬。慢性化した時は、別の手を考えてみるのも大事だと思う。

先生いわく、僕のところには、最後の最後、医師に見放された人がやってくる・・・と。

 なるほど。

私も、8年前、胃がんと分かった時、胃を切りたくなかったから、川越の帯津サンケイ病院まで行きましたよ。佐賀にも行きました。
しかし、夢破れて・・・・。本物の偏屈先生は存在しなかった。
鍼灸やアロマやホメオパシー・整体・ヨガ・気功などなど、色々取り入れているけれど、どこかお飾り的な感じだった。

しかし、なんと、灯台下暗し、車で30分の隣町に、本物の頑固先生がいらっしゃったではないか。
8年前、この先生を知っていたら、真っ先に受診していたと思う。

ふつうのおうちっぽいのがまたいい。
それはいいんだけれど、このコロナの時代、玄関のすぐ横にあるべきあるものが、見当たらない。
そう。消毒液が見当たらない。

うん?
ここで、頑固モードをしっかり感じ取った私。
おぬし、やるな!

世のコロナ対策とは180度違う発想の持ち主かも・・・。

私の慢性化した口の周りの湿疹と唇のカサカサがよくなった時は、漢方あっぱれ・・・報告します。
コメント   この記事についてブログを書く
« 突発性発疹 おまえもか・・・。 | トップ | 横田めぐみさんはなぜ、帰っ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

エッセー」カテゴリの最新記事