ダメツレヅレグサ

受験生が、どうでも良い事を徒然なるままに・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

こっち

2006年10月08日 | ANJ
こっちに同じブログがっ…?!

ANJ blog
コメント (27)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

派売るの動く白

2006年07月22日 | テレビ
タイトルはMacの変換に従っただけですHISASHIどす。

派売る…ハウルの動く城が日テレでオンエアされた訳ですが、
私の場合は開始30分後くらいから見始め、予習も知識も何も無い状態だったので、様々な疑問を抱えながら
観ました。主な感情の推移は

「ハウルってこの男?!」

「この婆さん誰?!」

「うっわ!動いてる動いてる!!」

「火は何者?!」

「あれ?!この女の子だれ?! ええっ?婆になった?!」

「戦争やってんの?!」

「分け分かんないからちょっと寝るわ」

「ハウルが鳥?!」

「クソババア!!なんでカルシファー(このときは既に名前を知る)取んだよ!!」

「あーあ、壊れちゃったよ」

「犬かわいい(´∞`)」

「あっ、ハウルだ」

「うわー、鳥だよ」

「キスで戻んのか?!おっ?!ありきたりなのか?! …やっぱり違~う」

「火種まだあんじゃん」

「ああっ!生き返った!!!」

「ああっ!カカシが!」

「って王子?!」

「戦争簡単に終わるなぁ」

数分後、エンドロールを観ながら

「倍賞千恵子は無理があるんじゃ…」

・・・


「ハウルの声キムタク?!」

以上です。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ノット さまーばけーしょん

2006年07月20日 | 私事
20日です。夏休みの始まりです。HISASHIです。

今日から夏休みです。高校3年生、受験生の皆さん、本当につらい夏が始まります。
1学期の自分なりの総括。

  別 に 。

私が一番嫌いな言葉である、「別に」が1学期の総括として1番ふさわしい。
楽しくもない、かといってつまらなくもない、かといって充実した訳でもない。

「神はサイコロを振らない」という言葉があります。
アインシュタインが残した言葉ですが、なかなか本質をついた言葉だと思います。
量子が確率論的に振る舞うという唱えに反論したものですが、私はこの言葉があまり好きではありません。

神は時々、とんでもないサイコロを振るときがあります。
原因があって、結果がある。これはもちろん、物事の本質ですが、原因と結果が必ずイコールで結ばれるとは限らない。
どうしても矛盾することがある。
私の数学嫌い(理系なのに)の一因です。

やっと夏休み。勉強勉強ばかり言うのもおかしいと思うので、気楽に過ごしたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シンセサイザァ

2006年07月15日 | 音楽
良いタイトルが思いつきませんでしたHISASHIです。

・CMEとYAMAHA、ワイヤレスMIDIインターフーイス「WIDI X-8」とキーボード・コントローラー「VX」を出荷

うーん、カッコいい。
インテリジェンスキーボードコントローラーという事ですが、早くいえばMIDIコントローラ。
シンセサイザーとしても使えそうです。欲しい…。
値段は1300ドル也。いやん。



こっちは製作ソフトlive。
DJでもリミックスでも対応できるスグレモノ。
使いやすくて最高っす。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なかなか思い通りに行かんねぇ

2006年07月14日 | 学校
藤井フミヤの新曲「下北以上原宿未満」は何年前の曲ですかHISASHIです。

色々計画してる通りに人生いかないものですな。ホント。
ということで今日も色々とありました。もうイヤ(笑)

いよいよ夏休みですか。
ホントに大事な夏ですな。うーん。疲れる疲れる。
この夏頑張れば良い道が見える・・・自信がありません。
頑張っただけ結果が返ってくる・・・自身がありません。
うーん、頑張りが足りないだけですかそうですか。



↑の画像は私のチューターさんがワードオンリーで書いたイラスト。
ここまで出来るのかと感動しました。上手いっすな・・・。
私はここまでコツコツ出来ません(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「受験生は苦しい」

2006年07月12日 | ANJ
そんなキャンペーンをANJで始めようと思ってます。
「キットカット」のキャンペーンに似た感じになると思うのですが、そこはANJ色でカバー。
広告展開やグッズも作ってみようかと。
特設サイトもオープンさせようかと思っております。分からないですが。

グッズ展開と言えば、↓


ラブ★ベリ グッズ。
どれだけの便乗だよ。

自分用に買ってないですよ。母が6歳の従兄弟の為に買ってきたんですよ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

1日26時間ぐらいあったら良い

2006年07月10日 | 私事
テスト期間中にブログって言うのもいかがなものかと思うのですが、
忙しくなるときに限って色々とやりたくなるのが人間というもの。我慢せずに更新です。

先日から色々と考えているのですが、最近時間や精神的に余裕がないのかなという結論に達しました。
時間に余裕ができると、色々なことに余裕が出てきて、人間的にも余裕が出てくる。
テスト期間中にブログを書いている時間があるくせに、と思われるかもしれませんが、そうではないと思うんです。

この時期、一番色々な意味で余裕がないのは学生だと思います。
特に受験生。勉強や学校、友人や色々な柵の中に入れられてる状態。
一つ一つ解決していくにはあまりにも時間がない。
そんなことを思っています。
その考えに基づいたANJも思いつきました。この更新はまた後日。

話は変わって。
余裕がないと言えば主婦。余裕がありそうでないのは主婦です。
毎日の家事に終われ、日々大変な思いをしていることでしょう。働いている方なら尚更です。

ワタシの母親も、ボランティアで保育所で働いております。

そんな母が作った「ドラえもん」。



ドラえもん。


ドラえもん。


余裕なすぎ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

この先について

2006年07月06日 | その他
明日からテストというのに書き込みをしています。HISASHIです。
今日はどうしても書きたかったことを延々と書きます。

まず最初にANJの今後について。

時が時ですので、なかなか更新が出来ていません。
申し訳ない気持ちでいっぱいなんですが、どうしても更新に割く時間がなくなってきています。
月イチ更新も出来ていません。
閉鎖する気は現段階ではありませんが、あまり今後には期待をお持ちにならない方が良いかと思います。
こんなサイトでもカウンターが回っているのをみるたびに、焦燥の念に駆られるのですが…。
ごめんなさい。

ブログについて。

ブログというのは本来、社会現象や問題などに対する自分の答えを書き込んだり、問題提起したりする場だと聞いたことがあります。
日本ではそういう使われ方ではなくて、もはや日記と化しています。私も以前は気をつけていたのですが、最近はもっぱら自分のことが多い。
私はそれではいけないと思っています。
ということで、以前の様に自分のことはHTMLの日記に、その他ニュースについて感ずるところなどはこのブログに、と
二つに分けることを考えています。
そんな時間があったら、ですが…。

次に自分自身について。

最近よく口にするのが「去年はなぁ」という言葉。
「去年はよかったなぁ」ということです。
受験生ではなかったというのもあるのですが、今年度は何か円滑に物事が回っていない気がするのです。
家庭内や勉学は何も問題は無いのですが、学校生活がうまく回っていない。
原因は多々あります。去年の様にみんなが強制的に一つになれる機会がゼロというのもあります。

ただ、一番に思うのは自分の性格が変わってきたのかなということ。
ワガママなのは昔からなのですが、それを直す努力をするのに疲れてきた感じです。
あとは「そんなんでいいのかよ」っていう様に思うことが多くなってきたこと。
自分にも厳しくしてきたつもりなんですが、それを人にも強要してしまうようになってきている。
「あの人はああいう人なんだから」で今までは対処してきたのですが、その考えが効かなくなってきた。
これはここ最近一番の悩みかもしれません。

アイデンティティーは確立させたつもりだったんですが、ここ最近、そのアイデンティティーを疑っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ここ最近のワタシとヨノナカ

2006年07月02日 | 私事
気がついたらもう7月ですか。時が経つのは速すぎる、HISASHIです。

ここ最近の私と言えば、特に変わったこともないというか何と言うか。
あると言えばあるのですが(笑)

毎年毎年のことなのですが(昨年のブログ記事を見てもそう)、この時期はいつも人間不信に陥りそうになります。
こんなにやってるのに分かってくれない、なんで冷たいんだろうか、そんな感情に陥ってしまうのです。
たいてい時が解決してくれるのですが、今回は友人からいい対処法を聞いて、楽になりました。

ってここまで読むとだいぶ病んでる人のブログですな、完璧に(笑)

たまには受験生らしい記事でも書きますか(笑)
先日、予備校でこんな出来事がございました。
英語の授業でのこと。英語の講師の先生は非常にいい授業をするのです。長文読解と英作文が授業の内容で、国公立対策として「書かせる」問題が多いのです。一人一人英作文は個人差が出てきますから、先生が一人一人解答を見て回って、先生が添削してくれるのです。(大手の予備校でこんなことをしてくれるとは…)そして、なかなかいい解答や惜しい解答を作った生徒は前の黒板に出て、解答を書いてそれを解答例として前で添削。こんな授業の流れになっています。

そして先日、私も前に出て書く様に言われたんですな、これが(笑)。
書くように言われる生徒は毎回4人ほど。ほとんど女子です。私のほかにも当然選ばれる人がいる訳で、その時の先生と女子との会話が自然と聞こえてくる訳ですよ。
先生:「なかなか良いんでないかい?ほい、よろしく」
女子:「えっ、えっ、どこに書けば良いんですか?」
先生:「うーん、あ、彼の隣が良いな。背の高いかっこいい彼の隣。」

「背の高いかっこいい彼の隣。」
「背の高いかっこいい彼の隣。」
「背の高いかっこいい彼の隣。」
「背の高い『かっこいい』彼の隣。」

黒板で書いているのは私だけ。


その後動揺して文字ガタガタ、electricをelectorikとあり得ない間違いをしたのは言うまでもありません。

幻想だったかな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

じんじんじん帯

2006年06月17日 | 私事
私の通う学校では、今体育の授業でバスケットボールをやっております。
普段全く あまりスポーツをやらない私ですが、バスケは結構面白いんですな、これが。
ということで、先日もバスケをやっていた訳です。

と こ ろ が 、

こぼれ球を拾おうと思い、勢い良くボールに向かって突進していったらですね、
生まれて初めて突き指というものを経験してしまいました。

結構痛いんですね、これが。
ただ、その時は腫れも無く、「まぁ大丈夫かな」と楽観的に考えていたのですが、
帰宅途中にふと、突き指した左手小指を見ると

赤黒く変色&3倍に腫れている

これはイカンと、すぐに整形外科に行こうと思ったんですが、あいにくその日はお休み。
1日様子を見ようと思い、本日学校の帰りに寄って診てもらいました。


じん帯損傷。


やはりまだ腫れもひいていなかったので、レントゲンでも診てもらったんですが、骨には異常なし。
ただ、小指の付け根のじん帯を何本か切ってしまったらしいですな。
「添え木をしておきましょうか」と、添え木初体験。





The 大事(おおごと)

生まれて初めて包帯でぐるぐる巻きにされました。
うーん、何とも言えないこの甘酸っぱさ。久しぶりにこの甘酸っぱさを感じましたな。

キーボード打ちにくい・・
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加