五味五感 BLOG

五味愛美、インタープリテーション、環境教育、婚活DE八ケ岳推進委員会、FM八ヶ岳、帝京学園短期大学、八ヶ岳観光圏

こんにちは!五味五感企画の五味愛美です。Hello! This is AIMI from Mt.Yatsugatake!

山梨県北杜市&八ケ岳地域の情報、環境教育、婚活関係などの情報を発信しています!

 ●【五味五感企画】五味五感企画のオフィシャルHPです。
 ●【FM八ケ岳】「五味愛美の八ヶ岳スタイル」82.2MHz。毎週月曜日12:00~on airです。
 ●【婚活de八ヶ岳推進委員会】面白いイベント盛りだくさんです!
 ●【エジソンの会】北杜市を楽しくする有志の会です。こちらもおかしな人の集まりです!
 ●【帝京学園短期大学】講師をしています。「自然観察」を担当しています。
 ●【八ヶ岳観光圏】観光地域づくりマネージャーとして、八ヶ岳の観光振興に携わっています。
 ●連絡はこちらから。 gomigocan@gmail.com

  ●【Translate】If you want to translate Japanese to English, please use "Google site".
 ●【Hokuto city Guide】this is information of our town.
 ● I'll challenge to write the sightseeing and Japanease life style in English information little by little.please enjoy it xx!!

観察/双眼鏡は何歳からのぞけるのかな?

2013年03月26日 | ★ インタープリテーション
先日の親子プログラムの一コマ。
「あいちゃんのバッグには何が入っているの?」ってバッグをがさごそ。

ぬいぐるみやら、ビニール袋やら、絵本やら、虫かごやらの中から、双眼鏡に目を付けた4歳さん(男の子・白のシャツ)と3歳さん(女の子・黄色のシャツ)。

「これなにー?」って言うので、
(3歳、4歳は多分双眼鏡のピントが合わないだろうなー。。。)って思いながらのぞかせたの。



私「みえる?」
3歳さん「うーーん。。。」



私「あそこの軽トラック見てごらん」って言ったら、
4歳さん「すごい!あんなに遠くのトラックがこんなに近くに見える!!あんなに遠いのに、こんなに近い!」って大はしゃぎ!



へー。
4歳さんは分かるんだ。

いままで、双眼鏡は小学2年生ぐらいかな?っておもっていたけれど、ちゃんとのぞけてる。
それにつられて3歳さんも「私もこんなに近くに見える」って言ってたけれど、これはちょっと微妙(笑)。

ふーん。
そうか、4歳さん双眼鏡、見えてるんだと思った瞬間でした。
コメント

FM八ヶ岳/五味愛美の八ヶ岳スタイル(104)3月25日放送分

2013年03月25日 | FM八ヶ岳
(あいさつ)
今年は桜が早い!実相寺の山高神代桜は五分咲き。
ワニ塚は二分咲き。

(前半)
●「早すぎる八ケ岳の春の気配のいろいろの話」
●ダンコウバイが咲き始めました!イソギンチャクのような花の形。黄色い花。
●花の開花の仕組みには様々ある。桜のように気温で変化するものあれば、昼&夜の長さを感知して開花するものもある。なので、春分の日を過ぎると一気に咲き始める。ダンコウバイはどっちかな?
●北杜市でツバメを見ました!はやい!例年だと二十四節気で「玄鳥至(げんちょういたる)・・・ツバメが渡ってくる頃」は4月6日前後。今年は10日も早い。えええ!
●昨晩、コウモリが鳴いているのを聞きました。冬眠から目覚めたんですね。高音域で可聴な声がある。年齢を重ねると聞こえにくくなるんですよ。若い人は聞こえる。あなたは聞こえる?聞こえない(笑)?

(曲)
しおり/Smile~君はひとりじゃない

(後半)
●みなさんからのメッセージ「笑っちゃった話を教えてください」
●(たつやさん)ミニでお出かけの話
●(大沢さん)エレベーターでの一コマの話
●(ふじけんさん)スノーシューでの準備体操の話

《ustreamはこちらから》
コメント

FM八ヶ岳/五味愛美の八ヶ岳スタイル(103)3月18日放送分

2013年03月25日 | FM八ヶ岳
(あいさつ)
春のお彼岸。お彼岸は春分の日、秋分の日をはさんで1週間。春分の日は「自然をたたえ、生物を慈しむ」日。

(前半)
●インタープリテーション、インタープリターについて。
インタープリテーション=通訳の意。英語圏の方に「私はインターリターです」と話すと「何語の通訳ですか?」と聞かれます。キリスト教の牧師さんもインタープリター。聖書を分かりやすく通訳してくれる人、との意。
私はネイチャーインタープリター。自然の言葉を人間語に通訳する人。
●なぜこの仕事をしているか?「地球の中で自然環境と人とが良い関係で生活ができればいいな」と考えているから。
●インタープリテーションは環境教育の手法のひとつ。
●私が好きな言葉。1880年頃から活躍していたイーノス・ミルズさん。「ミルズさんの指導を受け、興味を刺激された多くの男女は気長な観察者となった」。
「ネイチャーガイドの仕事は知識や情報を与えるというよりは興味を刺激し、啓発する要素が強い」
●ミルズさんはインタープリテーション原則やガイドライン、その技術や手法を体系化し、今のインタープリテーションの基礎を築く。しかし、ミルズさんは52歳で若くして亡くなる。ミルズさんの死後、新しい職業インタープリテーションは紆余曲折を迎える。
●それから30年経ち、評論家フリーマン・チルデンさんが登場。そして、今のインタープリテーションの原型が形作られる。
●このインタープリテーションの普及したのが、小林毅さん。
●私のインタープリテーションの師匠であり、心の師。

(曲)
中村一義/晴れたり、曇ったり

(後半)
●ザゼンソウのお話。清里で咲いています。発熱する花なんですよ。

《ustreamの動画はこちらから》
コメント

0~3歳児親子プログラム「東北ママの会&ウィルパーティ」

2013年03月24日 | ★ インタープリテーション
「のびやか、自由」
そんな言葉がぴったりな、そんな会でした。

「東北ママの会&山梨ママの会(ウィルパーティ)」の親子プログラムを開催しました。
ちびっこはうすさん、国際自然大学校(NOTS)さん、五味五感企画の恊働プログラム。

4歳ぐらいになると幼稚園に行ったり、保育園に行ったりするチャンスがあります。
でも0~3歳さんを育てている年代はどうしても一人きりになりがち。
しかも、東北から引っ越して来たママたちにとっては、見知らぬ土地だし。
そんなことから始まった東北ママの会と山梨のママの交流プログラム。今回で3回目になりました。



今回は「ダッチオーブンがしてみたい!」とのママの声をもらって、ダッチオーブン料理となりました。
キャンプ場に行くまでの道のりは子どもたちにとって冒険の道。寄り道だらけです。



NOTSのキャンプ場にあるツリーハウスは子どもたちのお気に入り!



3歳さんはすいすいと登って行きますが、びっくりなのは1歳さん、もうすぐ2歳さんも頑張って登ること。



登ったよー。



いひひだよー。



ママたちのスゴイのは、「あぶないから行っちゃダメ」とか「汚れるからダメ」とか言わないこと。
すごいね、見守り力が。
どんどんやらせるの。

転んで。



見せ合いっこして。



自慢して。



ようやくお昼の準備です。
みんなでパン生地をこねこね。
粉から作るのでみんな真っ白!べとべと(笑)。



で、まきまきパンにして焚き火で焼きます。



1歳さんじっと持っています。



1歳さん、焼きながら食べることを覚えました(笑)。



3歳さん、我慢強いです。



ダッチオーブン料理も出来上がりましたよー。







ワイワイとお昼です。
(やっぱり、ブルーシートじゃなくて自然シートの方がいいなぁ。。)



帰りには夕食用のノカンゾウをみんなで採集してから帰りましたよ。
みんな夕食に食べたかなー?




《感想や気づき》
・印象に残ったママさん(二人のママ)の言葉。「上の子は滅菌状態で頑張って育てたのに、そうじゃなくて良かったんだわぁって最近思うの。あんなに頑張ったのに(笑)」っておっしゃっていたこと。へー。
・同じく二人のママの言葉「上の子を育てた時は何でも2歳から体験させよう、と何となく思っていて、2歳まではあんまり野外体験などさせなかったの。下の子は上の子に付いて0歳からいろいろ体験させていて、なんだ、2歳まで待たなくて良かったんだ、と思ったの。みんなにも3歳以下から野外体験させて欲しいんです。」なるほど。
・以上2つの言葉は、そのママさんの言葉であって、子育てはそれぞれだから、私はどんな育て方でもいいと思うの。でももし野外体験を子どもにさせたいと思っていらっしゃる方がいたら、菌とか気にせずに早くてもいいかもしれないですね。私は子どもがいないので、分かりませんが私だったら「(子どもが)虫に刺される」とか「(子どもが)かぶれたらどうしよう」とか「(子どもが)日に焼ける」とか考えちゃいそう(笑)。自分はぜんぜん平気なのにね(爆笑)。
・山菜摘みは子どもたちにも好評。
・まきまきパンの集中力はびっくりした。多分自分で粉も練ったことが良かったんだと思う。
・子どもが走って、足が絡まって落ち葉の中で転ぶ様子はかわいい(笑)。
・半年前(11月)の自然のことを良く覚えている。「ここにカマキリいたよね」とか「ここにきのこがあったよね、今はないね」とか。


コメント (3)

「ひY、さわらないでH」

2013年03月23日 | ★ インタープリテーション
今日歩いた津金の道。

ヒノキの木がたくさんある神社へと。
一緒に歩いた皆さんと、ヒノキの葉っぱもサワラの葉っぱもペッタンコの葉っぱをしているよね。
そんなお話をしていたら、園芸家のTちゃんが「これって見分け方がありましたよね?」って。

そうそう!
思い出した!こばさんから教えてもらった見分け方。
「ヒノキは葉っぱの裏面にYの字が白く浮かび上がっている。サワラはHの字が白く浮かび上がっている。これの覚え方は「卑猥(ひわい)!さわらないでエッチ!」って覚えるんだよ。」って。

よーく、よーくみたら。
Yの文字が。
ヒY!

そいうことで、この写真はヒノキです。
(ちょっと分かりにくいけど)
コメント

五味愛美プロフィール

●通称
  あいちゃん
  あいさん
  あいみちゃん

●今の私のキーワード
  森(1994年〜。学生の頃から)
  環境教育(1994年〜。学生時代を含め20年間)
  インタープリター(2000年〜。プロとして15年間)
  森林療法(2005年〜2010年)
  ワークショップ(2000年〜。)
  地域活性化(1998年〜。)
  イベント企画・司会(2011年〜。)
  田舎暮らし(2007年から二世帯を始めました)
  婚活ファシリテータ&コンサル(2011年〜。)
  短大の非常勤講師(2014年〜。)
  ラジオパーソナリティ(2011年〜。)

●過去の掲載メディア
  ★日本エコツーリズム協会 の 「このガイドさんに会いたい100人」・選出
  ★エコライフマガジン「もうひとつのエコライフ~WOMAN'Sスタイル~」・執筆
  ★2007年 YBSテレビ 「ワンダフル甲州人」 出演
  ★2007年 FM八ヶ岳「キープ・カンティ・トーク」 DJ担当(1年間)
  ★2008年 JR中吊り広告/山梨ディスティネーションキャンペーン/八ヶ岳南麓エコツアーガイド
  ★2008年  書籍『森林療法あらかると』 NPO法人日本森林療法協会編・執筆
  ★2009年 山梨日日新聞 「彩職兼備」 取材
  ★2009年 八ヶ岳ジャーナル 「曙光」 取材
  ★2009年 「ReBueaty」山と渓谷社出版 取材
  ★2009年 『地球人』執筆
  ★2010年 JTの森「もりへようこそ」 インタビュー

●私のぶれない本職
  ネイチャーインタープリター

●2017年現在の仕事
  五味五感企画
  婚活de八ヶ岳推進委員会
  エフエム八ヶ岳ラジオパーソナリティ
  帝京学園短期大学非常勤講師
  山梨県総合計画審議会委員

●連絡はこちらへ
  メール:gomigocan@gmail.com
  山梨県北杜市高根町在住