五味五感 BLOG

五味愛美、インタープリテーション、環境教育、婚活DE八ケ岳推進委員会、FM八ヶ岳、帝京学園短期大学、八ヶ岳観光圏

こんにちは!五味五感企画の五味愛美です。Hello! This is AIMI from Mt.Yatsugatake!

山梨県北杜市&八ケ岳地域の情報、環境教育、婚活関係などの情報を発信しています!

 ●【五味五感企画】五味五感企画のオフィシャルHPです。
 ●【FM八ケ岳】「五味愛美の八ヶ岳スタイル」82.2MHz。毎週月曜日12:00~on airです。
 ●【婚活de八ヶ岳推進委員会】面白いイベント盛りだくさんです!
 ●【エジソンの会】北杜市を楽しくする有志の会です。こちらもおかしな人の集まりです!
 ●【帝京学園短期大学】講師をしています。「自然観察」を担当しています。
 ●【八ヶ岳観光圏】観光地域づくりマネージャーとして、八ヶ岳の観光振興に携わっています。
 ●連絡はこちらから。 gomigocan@gmail.com

  ●【Translate】If you want to translate Japanese to English, please use "Google site".
 ●【Hokuto city Guide】this is information of our town.
 ● I'll challenge to write the sightseeing and Japanease life style in English information little by little.please enjoy it xx!!

【お誘い】穂高養生園で養生を学ぶ

2008年10月29日 | ★ インタープリテーション
「養生」に関する勉強会です。
長野県にある穂高養生園ってご存知ですか?
滞在そのものが森林療法とも言える穂高養生園は20年以上も前からホリスティックという事に注目し、自然治癒力を高めるための総合的な取り組みを行ってきました。

今回は、穂高養生園の代表福田俊作氏や、スタッフとのディスカッションタイムの他に、穂高養生園を長年に渡り利用されている、ある病気の患者さんとそのご家族の自助グループと意見交換する時間も設けられています。森林療法や養生のおもてなしを受けられている側の生の声を聞くことのできる、またとない機会です。
森林療法を取り入れていらっしゃる宿泊業の方などにもお薦めの研修です。
行楽シーズンで皆様ご多忙だとは思いますが、是非ともご参加下さい。

******************************************

穂高養生園は北アルプスの森の中に位置する、ホリスティックな癒しを目的とした自然療法宿泊施設です。森林療法や温泉、マクロビオティック、鍼灸、アロマ、ヨガ、瞑想などを通して、自然治癒力を高めるための総合的な取り組みを20年以上に渡り行っています。今回は、多様な養生のおもてなしをしている穂高養生園で、自然・森林における「養生」のあり方を、体験を踏まえて考えます。

●開催日:平成20年11月8日(土)~11月9日(日)
●場所および宿泊:穂高養生園 長野県安曇野市穂高有明7258-20 
●TEL:0263-83-5260 http://www.yojoen.com/
※集合:直接現地に13:00にお集まりいただくか、JR有明駅に12:40にお集りください。

JR有明駅集合の方は、タクシーに乗り合いで移動します。
●参加費: 会員 22,000円/非会員 26,000円 
●定 員: 15名
●お申込:下記のお申込み内容をメールにてご連絡いただき、参加費をお振込みください。メールのない方は、FAXをお送りください。
申込み連絡と参加費振込みの両方をもって申し込みとします。
●申込先: E-mail:sinrinryoho@yahoo.co.jp  Fax:052-400-5953 (市原)
●振込先: 三井住友銀行 経堂支店 普通預金 6801370
        名義 「特定非営利活動法人 日本森林療法協会」
●主 催:NPO法人日本森林療法協会
●スケジュール
  〔1日目〕 13:00  集合 オリエンテーション
13:15 穂高養生園の概要と環境の案内
14:00 森の散策①
16:00 入浴  中房温泉から引湯された天然温泉
17:30  夕食  マクロビオティックベースの自然食
19:00  ディスカッション ゲスト:穂高養生園代表 福田俊作氏

           ・養生とは何か 
             ・養生におけるおもてなしのあり方 
・養生における森林療法のあり方
・瞑想プチ体験 
・穂高養生園の利用者
・滞在客の様子などについて
             (この時間は、穂高養生園スタッフも参加してくださいます)
             (穂高養生園での養生のあり方について、生の声を聞くこともできます)
21:00
〔2日目〕  8:00 森の散策②
10:30 朝食  マクロビオティックベースの自然食「養生における食のあり方について」
     11:30 「養生における森林療法」~二日間のまとめとディスカッション
ブレインストーミング(体験してよかったこと、今後の希望・理想像など)
14:00 解散 ※解散後、希望者で懇談:自由参加です
(解散後も、入浴や施術などご自由にお過ごしいただけます。)  

******************************************
お申込:E-mail:sinrinryoho@yahoo.co.jp  Fax:052-400-5953 (担当:市原)

①氏 名(フリガナ)
②性別:男/女
③NPO会員/非会員
④電話番号
⑤E-mail
⑥住 所 〒
⑦振り込み予定日
⑧集合 (A)穂高養生園13:00/(B)JR有明駅 12:40
⑨専門 医療関係/福祉関係/健康関係/森林自然関係/その他(     )

******************************************

以上です。
コメント (2)

10月31日はハロウィンパーティー

2008年10月28日 | 日々のこと
10月31日はレストランロックにてハロウィンパーティーです!

みなさん、仮装の準備はいかがかですかぁ?
仮装は誰だか分からない位が楽しいですよ~。「誰?誰?あっ、はじめましてー。」みたいなノリです。

事前予約はした方がいいのかな?席がなくなっちゃうからね。今年も大いに楽しみましょう。
コメント

菌類の不思議展@ 国立科学博物館

2008年10月28日 | 日々のこと
『もやしもん』って言うマンガ読んだことありますか?

世の中は菌類がいっぱいだぁ~!って言うマンガです。え?ちょっと違う(笑)?
今、上野の国立科学博物館で菌類の不思議という展覧会をしているので見てきました。印象は下記の通り。

・もやしもんというマンガが好調なおかげで、菌類に興味を持った若者が多い。お客様がけっこう多い。メディアの効果ってすごい。
・展示ブースがすべて段ボール。昨年のエコプロダクツでも段ボールに注目があったけれど、貼れパネルやプラスチックよりも温かみがあった。
・音声ガイドを500円で借りたけれど、音声ガイドがないとあんまり面白くないかも。そういえば、最近私、必ず音声ガイド借りるなぁ。そうじゃないと見方が分からない展示ってけっこうあるもんなぁ。
・展示の仕方とか、とっても上手。写真撮りたかったなぁ。段ボールの使い方とか、日常的に存在する菌類のうようよしている感じとか。どこの展示会社かな?

菌類、きのこ、酵母などにご興味のある方はのぞいて見てはいかが?
コメント

【お誘い】自分のお葬式を考えるワークショップ

2008年10月27日 | 日々のこと

川中大輔くんと青木将幸くんのワークショップです。
面白いことやっているね。

私も考えたい。
生きること、死ぬこと、そして人と関わながら生きること。

話はずれますが、ひすいこたろう『3秒でハッピーになる名言セラピー』という本の中がでお葬式に関するコメントがあります。ちょっと手元に本がないので、うる覚えですが、ある田舎のおばあちゃんのお話。
そのおばあちゃんのお葬式に小さな町なのに1000人ほどの参列者がいらっしゃったそうな。このおばあちゃんはえらい人でもなければ、有名な人でもない、普通のおばあちゃんだったんですって。教師をされていたそうです。ただ1つ、彼女が生前気をつけていたことは、物を買うとき必ず教え子の店で買い物をしたそうです。

今はネットや大型スーパーになり、消費における人との関わりが薄くなっているなぁって思いました。と同時に、一度縁を持った人とどうつながっていきていくかなぁって考えました。私は、この話を読んだ時から、店の選び方が少し変わりました。

ちょっと、ワークショップの話からはずれましたが、ご興味のある方、どうぞ。
以下、広報文です。
*************************


生と死の共育ワークショップ vol.2
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 自分の「お葬式」はどうあげられたいか?
   ~「死」との向き合い方を考える~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

「親しい人が「死」に直面している時に
 自分はどうしたらいいんだろう??」

 個人的な話ですが、僕は二年前に祖母の死が近づいた時、
 このように戸惑ってしまいました。

 僕たちは、これまで「死」というものと向き合う時を
 十分に持ててこなかったんじゃないか、
 そう実感した瞬間でした。

 人間いつかは死ぬ存在。
 その死ともっと向き合う時間を共にわかちもちたい、
 その思いから、「死と生」について学びあう
 ワークショップを昨年から行なうことにいたしました。

 第2回目となる今回は、
 「自らがどう葬送されたいか?」
 という問いをたてました。

 「お葬式」という生者と死者が共に過ごす
 場の持つ意味を探りながら、
 自分が死ぬとき、どのように記憶され、
 見送られていきたいのか、
 その「ありたい死」を考えた時に、
 私はいま何をすべきかという問いが
 深みをもっておとずれるのではないかと考えています。
 

 「よく死ぬことはよく生きることだ。」
 という言葉があります。

 自分や他者の「死」と向き合いながら、
 これからの自分の「生きかた」を
 ゆっくりと考える時間を共にしませんか? 

 今回もゲストは多様です。

 新しい「葬式文化」を創造しているお坊さん、
 古代の生活のありようから現代社会のありようを問うている研究者、
 人と人とが関わり合うワークショップを開発するファシリテーター。

 参加者同士も含めて、いろんな人の死生観に触れながら、
 自分の内の声に耳を傾ける時間へのご参加、
 心からお待ちしています。


■日時
 2008年12月6日(土) 13時~12月
     7日(日)17時

■会場
 浄土宗應典院・大蓮寺
 http://www.outenin.com/
 http://www.dairenji.com/
 (大阪市営地下鉄 谷町九丁目または
  日本橋駅下車徒歩7分)

■参加費(宿泊費・食費は含みません)
 一般 10,000円 / 学生 5,000円

 ・大蓮寺での宿泊も可能です(4000円追加徴収)。
  ただし、タオル類は各自ご持参ください。

 ※11月22日以降のキャンセルは、
 キャンセル料をいただきます。ご了承ください。
 (11月22日以降=参加費の50%、
  WS当日=100%のキャンセル料を)

■対象
 ・どなたでも参加できます。
  年齢、活動分野、経験などは問いません。

 ・自分の生き方をじっくり考えたい方、
  介護・看護や青少年支援といった
  ヒューマンサービス分野で活動されている方、
  ファシリテーターの方、
  「今」を駆け抜けている若者に特にお勧めです。

 ・2日間通して参加できる方

■定員:10名程度

■プログラム
<1日目>
 12:45 受付
 13:00 オープニング
 13:30 セッション1「お葬式はなぜするのか?」
 14:30 セッション2「お葬式を体験してみる」
 15:00 ゲストトーク「お葬式の過去・現在・未来」
 16:30 ふりかえり
 17:30 オプショナルプログラム(秋田さんと行く寺町散策)
 19:00 夕食・交流会
 22:00 散会(大蓮寺での宿泊希望者は大蓮寺へ)
 
<2日目>
 09:00 セッション3「自分のお葬式を考える」
 12:00 各自自由に昼食
 13:30 セッション4
 15:30 ふりかえり
 17:00 プログラム終了

■ゲスト:
 ●秋田光彦(浄土宗大漣寺・應典院)
 1955年大阪生まれ。1997年にアーツとNPOの拠
点・應典院を再建。日本でいちばん若者が集まるお寺として知られ
る。多様なNPOと協働して、人生の完成期を支援するエンディ
ングサポートを推進。また生前個人墓や身内葬を手掛け、現代の葬
送文化に対し積極的な提言を行う。現在、浄土宗大漣寺・應典院住職。
 目下の関心は、市民社会とスピリチュアリティの関連。共著に
「生命と自己」「宗教の未来と人間」など。大阪経済大学大学院非
常勤講師。

 ●幡中光輔さん(岡山大学大学院社会文化科学研究科)
 兵庫県神戸市出身。関西学院大学社会学部卒。在学中より過去の
遺跡に興味を持ち、社会人として広告代理店で働く傍ら、主に東南
アジアの世界遺産を歴訪。現地で生の声を聞き世界遺産の現状を知
ることで、遺跡の整備・管理に関心を持つ。
 現在、岡山大学大学院社会文化科学研究科博士前期課程に在籍
し、考古学を専攻。日本の先史・古代を学術的な研究分野としつつ
も、現代と過去との対話を目指す「パブリック考古学」にも専心す
る。実践である遺跡の整備や管理のみならず、現代社会での過去の
位置づけについて理論的枠組みからの再構築を試みる。


■ファシリテーター
 ●川中大輔(シチズンシップ共育企画)
 兵庫県生まれ。98年から青少年支援の市民活動を始め、教育・環
境・まちづくり・市民活動支援の活動に参加。01年から全国各地で
NPOマネジメント研修やコミュニケーショントレーニングをはじめと
する教育ワークショップのファシリテーターを担当。03年に「市民と
しての行動力」の向上を支援するシチズンシップ共育企画を設立。
弟や祖母の死と自分が向き合う中で「生と死の教育」の必要性を痛
感。世の中を担う「おとな」になっていくために考えるべきことと
向き合えるワークショップの開発が最近の関心。

 ●青木将幸さん(青木将幸ファシリテーター事務所)
 ファシリテーター。様々な会議や話し合い、ワークショップの進
行役として各地をわたり歩いている。
 友人のうつ病と死、娘の出産などがきっかけで、人の「生死」や
「こころ」のありように目を向けはじめる。お互いに温かく育みあ
える関係性の構築に着目し、最近では「人生のワークショップ」
「もうひとつの成人式」「女と男のワークショップ」など人生の
様々なシーンにまつわるワークショップの開発を試みている。
 現在、青木将幸ファシリテーター事務所代表。


■主催:シチズンシップ共育企画
http://homepage2.nifty.com/citizenship/

■共催:大蓮寺・應典院、
    青木将幸ファシリテーター事務所

■協賛:株式会社阿波弥

■お申し込み&お問い合わせ先

お申し込みの方は、下記フォームにご記入の上、事務局へお送りください
お問い合わせにつきましても、事務局までメールにてご連絡ください

 事務局メールアドレス(担当:波部・川中・東末)
 kwnk@nifty.com

※申込メールの件名には「デスWS申込」+お名前を
 入力してください
※講座の内容についての問い合わせなどもお気軽にお尋ねください。
_____________________________________
■申し込みフォーム
 ※メール件名=デスWS申込(名前○○○○○)
※送信先=kwnk@nifty.com

○お名前(ふりがな):
○電話番号(緊急用なのでできれば携帯):
○年齢:
○性別:
○メールアドレス:
○普段のお仕事や活動:
○今回のワークショップに期待していること:
○この研修を何を通してお知りになりましたか?:
(例:××さんの紹介、○○のメールマガジンなど)
__________________________

<個人情報の取扱い>
 記載の個人情報は本セミナーの実施および今後の催事実施において、
 シチズンシップ共育企画および
 青木将幸ファシリテーター事務所が利用します。
 個人情報は目的の範囲内で利用するとともに
 適切な方法で管理し、法令上の特段の事情がない限り、
 本人の同意なしに第三者への目的外での開示・提供はいたしません。


--
コメント (2)

絵封筒展

2008年10月26日 | 日々のこと
えほんミュージアム清里で「きたむらさとし」展をしています。

きたむらさとし展と「絵封筒展」も同時開催されています。
絵封筒って世界があるって知っていました?
私は知らなかった。
これは私の大好きな「ぞうのエルマー」のイギリス人作家のデビット・マッキーが始めたことらしいよー。efuto

美術館で見ていても、みんな「かわいいねぇ」「すてきねぇ」「こんな封筒で出してみたいねぇ」「こんなのもらったらうれしいねぇ」って他の美術館での会話以上にお客様の会話が弾んでいました。
私も誰かと一緒に行けばよかった。私もこの楽しみを共有したかった。残念ながら一人で行っちゃったんだよねー。思わず、知らない人に「この封筒すてきですよね」って話し掛けちゃいそうでした(笑)。

11月17日までやっています。
ぜひ、足をお運びください。
あったかい気持ちになれます。
コメント

私のカントリー

2008年10月26日 | 日々のこと
雑誌「私のカントリー」のイベントが萌木の村で開催されていました。

このイベント大好き。
かわいい雑貨がいっぱいで注意していないと、お財布がヤバイです(笑)。

今年の嬉しかったのは、布屋さんがあったこと。柄がかわいいの。リボンがかわいいの。テープがかわいいの。

今年は人が少ないような印象があったのは何故かしら?寒かったから?小雨が降っていたから?私が行ったのが日曜日だったから?

私自身は満喫しました。
コメント

5の日ダメだ…根性がなくて…

2008年10月25日 | 日々のこと
今日は5の日。
頑張りました。

今日はレベル2の「応用編」。
ビリーのDVDはダイエットプログラムというより、マインド(心)のトレーニングなのねぇ。私はダメだ、根性がなくて…(笑)。

根性を叩き直したい。
コメント

良い出会い

2008年10月25日 | 日々のこと
素敵な出会いがありました。

(出会いその1)
先日の打ち合わせ風景。とても興味深い打ち合わせでした。
右手の一番奥の方は私たちの結婚式を取り仕切ってくださった浅間神社の神主さんFRYさん。この場のご縁を作ってくださいました。
私は神社の雰囲気がとても好きなのです。
とても落ち着くし、エネルギーが沸きます。
神社とのつながり・・・嬉しいです。

(出会いその2)
手前の方は北京パラリンピックの幅跳びの選手佐藤真海さん。とてもきれいなかわいらしい女性。彼女が関わっているHJP(Happy Japan Project)の動きが面白いってお話を聞きました。また、真海さんにお会いしたいなぁって思っています。でも、きっとまたどこかで会えそう!今後彼女のブログを見ながら応援して行きたいと思います。
コメント

かっこいいぃぃ~

2008年10月25日 | 日々のこと
タツデザインのまきストーブ置き場♪
素敵!
タツ曰く「少ないレンガでかっこよく」とのこだわりですって。
コメント (2)

こちらもご覧ください

2008年10月23日 | 日々のこと
キープインタープリターズブログにも書き込みをしているので、見てください~♪
コメント (2)

五味愛美プロフィール

●通称
  あいちゃん
  あいさん
  あいみちゃん

●今の私のキーワード
  森(1994年〜。学生の頃から)
  環境教育(1994年〜。学生時代を含め20年間)
  インタープリター(2000年〜。プロとして15年間)
  森林療法(2005年〜2010年)
  ワークショップ(2000年〜。)
  地域活性化(1998年〜。)
  イベント企画・司会(2011年〜。)
  田舎暮らし(2007年から二世帯を始めました)
  婚活ファシリテータ&コンサル(2011年〜。)
  短大の非常勤講師(2014年〜。)
  ラジオパーソナリティ(2011年〜。)

●過去の掲載メディア
  ★日本エコツーリズム協会 の 「このガイドさんに会いたい100人」・選出
  ★エコライフマガジン「もうひとつのエコライフ~WOMAN'Sスタイル~」・執筆
  ★2007年 YBSテレビ 「ワンダフル甲州人」 出演
  ★2007年 FM八ヶ岳「キープ・カンティ・トーク」 DJ担当(1年間)
  ★2008年 JR中吊り広告/山梨ディスティネーションキャンペーン/八ヶ岳南麓エコツアーガイド
  ★2008年  書籍『森林療法あらかると』 NPO法人日本森林療法協会編・執筆
  ★2009年 山梨日日新聞 「彩職兼備」 取材
  ★2009年 八ヶ岳ジャーナル 「曙光」 取材
  ★2009年 「ReBueaty」山と渓谷社出版 取材
  ★2009年 『地球人』執筆
  ★2010年 JTの森「もりへようこそ」 インタビュー

●私のぶれない本職
  ネイチャーインタープリター

●2017年現在の仕事
  五味五感企画
  婚活de八ヶ岳推進委員会
  エフエム八ヶ岳ラジオパーソナリティ
  帝京学園短期大学非常勤講師
  山梨県総合計画審議会委員

●連絡はこちらへ
  メール:gomigocan@gmail.com
  山梨県北杜市高根町在住