五味五感 BLOG

五味愛美、インタープリテーション、環境教育、婚活DE八ケ岳推進委員会、FM八ヶ岳、帝京学園短期大学、八ヶ岳観光圏

北杜市が新規就農者や移住が増えてる理由

2015年02月25日 | ★ 観光情報・地域活性化
いつくかの打合せで北杜市内をあちこちと回っていました。
ここ最近、我が北杜市は新規就農者が増えてきています。その中では移住してくる方も多いのです。



そんな中で、いくつかお話を聞いてきました。




なかやの大塚さん。縁側で正座をされている方です。
お話聞いたらね、今度、津金地域に3人も若い世代が移住してくるんですって。なかやに体験宿泊して、田舎暮らしを体験して、何回か通ってお茶を飲んだりしている間に、家を貸そうかなぁどうしようかなぁって悩んでいるおばあちゃんとお見合をして、何回か会ううちに、貸すことになったんですって。
地道なこういう拠点があることが大切なんですね。
大塚さんの存在が大きいです。



ちなみに2014年は「移住したい県ランキング」は1位になりましたね♪



さてさて、そして畑山農場さんにて。



フリーペーパー「有機野菜と。」を頂きました。このフリーペーパー、山梨総研が使ったのもなんです。ちょっと面白いですよね。一般社団法人の里くらさんが取りまとめしています。里くらの紹介冊子に似ています。



その中でも紹介されている「やまそだち」。「のらごころ」は北杜市を中心に出荷されていますが、「やまそだち」は都心などの大きな販促ルートで有機野菜を販売されています。
人によっては、のらごころのネコちゃんのロゴよりも、やまそだちのクマさんのロゴの方をよく見かける、と言います。



やまそだちのグループや、のらごころのグループは、北杜市と韮崎市に多く集まっています。その農家さんのほとんどが30代、40代の子育て世代であるということ。そのために新規就農を目指している若者の見本になっているということです。それは、仕事の事ばかりでなくて、生活の事の見本になっていること。

未来は明るいなぁ、と感じるのです。



コメント   この記事についてブログを書く
« FM八ヶ岳/五味愛美の八ヶ岳ス... | トップ | 地域医療について。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

★ 観光情報・地域活性化」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事