『米谷 侑子』 のブログ ((aim Total Image Consultant))

少しずつ・・一歩ずつ・・・
できることから、始めます。
思うだけでなく、行動します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

またもや、こんなにも久しぶりに・・

2010年10月13日 23時46分46秒 | Weblog
さて、久しぶりのブログの書き込みです。
ここ最近、新人講師先生を探し、いろいろな方にお目にかかることが増えました。

マナーや接遇の講師の仕事は結構大変です。
今では、平林都さんが「接遇道」ということで、テレビでも知名度が上がってきましたが、それでもサービス業のかたで、接遇をご存じない方もいらっしゃいます。

このブログを読まれた方、もしも、接遇講師、マナーを人に伝えていきたいと思われる方、是非とも挑戦しませんか?
多少なりと勉強なさっていただく時間は必要ですが、好きであれば、きっと素晴らしい講師になることでしょう。

ここ最近の話題はありすぎて、何から書いたらいいものやら・・
正直、することが多すぎて整理ができていない状態、きっとクライアント様にご迷惑をかけてしまっているのではと、不安になることもあります。

仕事とは、人に仕えること。
人さまに喜んでいただけることを、喜んでできることですね。
今日は、NPO法人公的病院を良くする会の会合でした。
金井理事長とお話しをしていると実に勉強になります。

就職面接の話の中で、「マニュアル通り」面接の質問に答えることができる生徒や新卒者が多いといったお話しの中で、マニュアル通りに答える面接者には、枠を超えた質問をするとよいそうです。思いもしない質問に若干20歳の方々には答えられるはずもない質問です。ですが、その質問にどのように対応するかが肝心だとか。
また、SIQの金子社長は、ホテルマンの面接に15年かかわっていた、1年後にその時面接をした人をチェックすることも怠ってはならない。なぜなら、1年前の面接での感覚が正しかったかどうかを評価することにより、社員を見る確かな目を養うことになるのだとか。

新人諸君、もし、このブログをご覧になっているのなら、上記のことを少しは参考にしてください。
対策としては、まずはマニュアル通りできるようになること、次に様々な年齢層の方と日ごろからコミュニケーションをとることが大切だと思います。

子供から、おばあちゃん、おじいちゃん、そして、頑固そうなおじさんに、大阪のおばはん・・・上品なおばさまに、お姉さん、キャリアのお兄さん・・
どんな話題でもいいのです。お話しをする機会をつくることで、きっと幅の広い話が聞けるでしょうし、話を聞く練習にもなるでしょう。

人の経験を短期間に理解することは無理です。先輩は先輩として素直にお話しをありがたく聴く姿勢が大切だと、そう思っております。
それに、経験者のお話ほど、ありがたく、勉強になることはありませんからね。

と今日はこのくらいにしておきましょう。

 昨年11月 NYにて・・・ 本物を見て、感じましょう!!
コメント (1)

またもや、久しぶりの新規投稿・・反省。

2010年06月08日 01時34分53秒 | Weblog
つたないブログをご覧いただきありがとうございます。といってよいのでしょうか・・
ブログを“つぶやき”として描かれる方はきっと、人に見られていることを忘れて
思いのたけを綴っているのでしょうね。

このような仕事をしていると、本当に様々な職種の方々にお会いすることがあります。
これは、とてもありがたいことです。
お会いした方によっては、このブログをしっかりチェックくださり、コメントをくださいます。
これまた、ありがたいことです。

やはり、ブログがある限り、せめて3日に一回?いや、1週間に1回は投稿しなくてはならないと思います。
これが面倒でブログを書かない方もいらっしゃることをよく聞きますが、その気持ち少しわかるような気がします。
・・・・ブログの愚痴を言うのもこのくらいして・・・

今年も上半期が終わります。
正直、今年の上半期は辛かった~~~。経営する大変さを身にしみて感じました。自分は経営者に向いてないのではとさえ思い、正直占いに行ったりしました。(笑)

ですが、現実から逃げないこと、時の流れに身を任せ、今できることをコツコツしていくことしかないと割り切りました。

さて、このブログをご覧にくださいました皆さま、本当にありがとうございます。
今年の下半期は驚くほど飛躍します!どうか、この波に皆さんも乗ってください!
相乗りOKです。

もうひとつ。
今、ブライダル関連の授業では、婚礼の歴史~ブライダルスタッフとして必要な概論をお話ししています。
資料としては、ブライダル新聞やブライダル関連の雑誌など、参考にしながら授業を進めています。
中で気になる記事がありました。ブライダルコーディネーターの知識不足の記事を目にしました。
実際、現場の皆さんはノルマが大変で知識があっても件数が取れるか取れないかが重要とお考えでしょう。

でも、ブライダル概論知識は、お客様とのコミュニケーションをとるきっかけを作るネタであったり、説得するネタでもあるのです。
たとえば、「人前結婚式」をお客さまにお勧めできるプランナーはどのくらいいるのでしょうか・・・自信を持って薦めることができますか?
勿論、チャペルキリスト教式や神前式に比べてお手頃価格な挙式スタイルです。ですので、ノルマ重視のプランナーさんはお薦めすることに躊躇しているのではないでしょうか。
挙式で料金を取ることを考えるようでは、お客さまにとってもっと必要なご要望にお応えすることができていないのではないでしょうか?

是非とも、現在ブライダルコーディネーターの方々は今一度、基本の婚礼知識を勉強なさってみてください。
意外とハマりますよ

と今日はこのようなまとめで失礼いたします。



コメント (6)

2月はあっという間に終わり3月へ

2010年03月01日 00時00分27秒 | Weblog
2月は短いものです。
なかなかペンが進まず・・

さて、皆様はお気づきでしょうか。
雛人形のお内裏様とお雛様の位置が地域により左と右の違いがあるそうです。
結婚式では、右上位といわれ新郎が新婦の右側に立たれるのが通常
ということは、お内裏様をお雛様の右側に置くことが正解!と言いたいところですが
お内裏様がお雛様の左側に置かれている地域や時代があるようです。

最近は、草食男子なんて言われて、女性より右に出る男性が減ってきているような気もしますが、ですが男性は女性と体の構造自体が違いますから、底力や筋力は普通は女性より男性が強いものです。
これからも、お内裏様がお雛様の右にいらしていただきたいものです。

本日東京マラソンだったのでしょうか・・・・確か友人が出場すると張り切ってましたがどうだったのでしょうか?
今日は、津波警報がずっと知らされていました。
こうしている時もどこかで地面を揺るがし、その影響がまた出てくるのかと思うと、
今日一日を大切に過ごさなくてはならないのだとつくづく思います。

そして、冬季オリンピックも間もなく閉幕。少し寂しい気もしますが、今季はトリノと比べてメダルの数は多いのですが、金がありません。
なんだか日本の状態を象徴しているような気がします。

さあ、明日から3月(すでに時間は3月でした)4月に向けての準備を本気で掛かってしなくてはならないですね。
今年は新入社員研修も本当に減りました。企業体力が減退しているのかと思うと、寂しい気もします。
ただ、今を乗り切る!それが口癖になっています。

私どもの企業で合同研修会でも開催しようかと思うのですが、皆さんどう思いますか?
成し遂げた喜びを感じたく、今日からまた新たな気持ちで頑張りましょう!!


コメント (2)

2月14日のウェディングは生涯の思い出

2010年02月11日 11時37分27秒 | Weblog
早いもので2月もいよいよ中旬に入ります。
今日は祭日ですが、3日後はバレンタインですね。
結婚式もさぞ多いことでしょう。
スピーチの内容が聞こえてきそうです。

結婚式でのスピーチについて、さまざまなブログやHPでご紹介されているのですが
私は下記のように思います。

1.3~5分
  結婚式、式典などお祝いの席でのスピーチで、友人、知人代表で出る場合は 
  3分を目安に
  代表でお話しをされるときはできる限り5分を目安にただし、
  
2.内容の構築
  3段階に考えます。挨拶/(内容)自分と主役との関係・主役の人柄・+α/挨拶
  問題は、内容です。

  結婚式の場合は、主役の新郎新婦との関係を考えて、
  職場の上司であればまずは職場を紹介し、
  上司から見た部下の新郎もしくは新婦の仕事ぶりを伝える。
  仕事ぶりと同時に、人となりを含めてお話しをした後に、
  お二人にプレゼントの言葉(詩もしくは素敵な歌詞の一節などインパクトのあるものがいいでしょう。)を送ります。

3.箇条書きで話す内容を書いておく
  文章をすべて書いてしまうと、読むことになります。アナウンサーでない限り、
  抑揚をつけて読んだり、心をこめて読むことは困難です。
  ですので、つなぎの言葉は自分なりの言葉で話せるといいですね。

4.伝えたいことは欲張らない
  これだけは!と思うことだけでいいのです。

5.練習は必ずすること
  シュミレーションです。目の前に人がいるように、その方に話しかけるように
  シナリオを読むなり、話す練習をしましょう。

6.身だしなみに注意
  話し方だけではなく、スピーチは人前に出るわけです。服装にも気にかけてください。

7.立ち居振る舞い
  舞台やマイク前に立った時には絶対に注目されているのです。

  ・席からマイクのところまでの歩き方
  ・立ち姿 少し間を持たせて、にっこり笑って、会場を一瞥し、
  ・一礼 大人としての美しいお辞儀ができると30%好感度アップです
  ・体を起してきて、顔をあげたときにも“にっこり”
  ・下を向かずに、知っている方の目をみて話す(プロは全員を見渡します)ポイントは
   下向きにずっとならずに、時々言葉尻で顔を上げることです。
  ・話終わった後は、もう一度皆さんを見て、一礼
  ・一歩下がって
  ・ご自身のお席へ、ゆっくりと姿勢を整えて歩く

さあ、できるでしょうか!!
なんて、スピーチが慣れている方でも、正直意識をしながら練習をしなければ難しいと思います。
以前、和歌山方面のライオンズの会長様からスピーチの個人レッスンを委託されたことがございました。費用と時間をかけても上手くなりたい!聞かせるスピーチができるようになりたい!と、本当に熱心なかたでした。私どもの企業講師に担当してもらいましたが、とても喜んでいらしたことがあります。


ですが、もしこのブログをお読みで、人前でスピーチをすることがある方はどうかこれだけは心にとめていただきたいものです。

スピーチの一言が、その場の雰囲気を決めます。
結婚式ならば、新郎新婦のみならず、大切な方々も沢山いらしています。まして二人を育てたご両親もいらっしゃいます。主役を立て、99%の方々が喜ぶ内容と話し方をなさってほしいものです。
たとえ、それが本心でなくても、精いっぱい褒めていただきたいです。
精いっぱい良い表情をなさってほしいです。日本人としての礼を尽くしていただきたいです。(上手でなくていいのです、一生懸命さが必要だということです)

今まで仕事ながら多くのスピーチを拝聴拝見してい参りましたが、スマートなスピーチがおできになる方は確かに少ないですね・・





  
コメント (1)

2月になりました。

2010年02月02日 02時22分29秒 | Weblog
あっという間に1日が過ぎゆきます。
今に始まったことではないのですが、時間の経過が恐ろしく感じます。

さて、この2月は月目標として、「営業」「下地」の月になりそうです。
書籍を出版しようとSIQ協会の先生方に呼びかけ、会議を開催することになりました。
また平行して私自信の書籍もと思っています。

今年は「書く」年にしたいと思います。
ありがたいことに、周りの方々が大変ご協力をくださいます。
計画倒れにならないように、有言実行にしてまいります。

こちらのブログをお読みの方々には、出版いたしました時には
お知らせいたしますので、楽しみになさっていただけると嬉しいです。

さて、書くといえば、毎年販売員の方々の研修をいただいております
服飾メーカー様の通信冊子のコラムを季節ごとに原稿を書いておりました。
この1月号でいったん休刊となります。
とても寂しい思いですが、ネットでの通信に変換するようです。

編集長はじめ、編集係りの方々には、お声掛けをくださり、つたない私の文書を
掲載くださいまして、本当にありがとうございました。
心から感謝申し上げます。
1冊1冊が、私にとって宝物です。

きっと、今年出来上がる本も売れるかどうかわかりませんが
私にとっては宝物なるでしょう。
そして、編集の大変さも体験することになります。

カレンダーがめくられるように、自己成長も一枚一枚と積み上げられ
常に新しい気持ちの自分であればいいなと感じます。

こうして・・・・2010年の2月は明けるのです。

追伸~

もうすぐバレンタインですね・・・
「ピンク」と「茶色」はとても相性がいいのですね~今回の壁紙のコーディネートは
バレンタインを表しています。
ピンクは赤+白 高明度、茶色は橙+黒 低明度
赤と橙の配色となります。お隣さん同士のよく似た色合い出の配色は
気が合うのでしょう・・素敵ですね。
ポイントは明度差です。

茶色を若々しく着こなす方法でもあります。




コメント