愛国者の邪論

日々の生活のなかで、アレ?と思うことを書いていきます。おじさんも居ても立っても居られんと小さき声を今あげんとす

中国の南シナ海における基地建設強行と辺野古基地建設を強行する安倍政権の思想と手口は相似形!

2015-05-31 | 領土問題

軍事抑止力論に基づく力の政策ではなく

非軍事抑止力論を使って対話と交流で解決すべき!

領土問題は歴史資料と国際法・平和的手段で解決すべき!

当該国の主張は国際社会公開の場で正々堂々

徹底して検証しながら

関係各国の共存共栄連帯構築で解決すべき!

中国は国際社会の不安解消のために工事を中断すべき!

アメリカではなく国連が中心になるべき!

時事 岩礁埋め立て「合法で正当」=米の立場に断固反対-中国 2015/05/31-20:39 http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2015053100056

【シンガポール時事】中国人民解放軍の孫建国副総参謀長は31日、アジア安全保障会議の最終日の全体会合で演説した。孫氏は南シナ海での中国による岩礁の埋め立てと施設建設について「主権の範囲内であり、合法かつ正当で合理的なものだ。航行の自由も影響は受けていない」と主張した。

日米、埋め立て批判強める=中国反発、議論かみ合わず-アジア安保会議

孫氏はさらに「米国の代表らが中国の南シナ海の主権・権益に関し(関係国間の)離間を図る言い方をし、建設を非難していることに断固反対する」と表明。米国の介入をけん制し、力を背景にした現状変更の企てだと批判されるのは当たらないと反論した。会議は31日午後、全ての日程を終えて閉幕した。
孫氏は南シナ海の現状は、全体的には平和で安定している。航行の自由の問題はこれまでも全く発生していない」と指摘。施設建設は、駐留している人員の生活改善防衛上のニーズへの対応国際的責務の履行の三つを目的としたものだと説明し、軍事利用が含まれていることを認めた。
 国際的責務の内容としては海上の捜索・救難、災害防止・災害支援、環境保護、海洋科学調査、漁業支援などを列挙した。米国が異例の規模と速度で施設建設を進めていると問題提起していることを念頭に、一連の責務を果たすには、現状の規模と速度での工事が必要との認識を示した
会合では、徳地秀士防衛審議官が、南シナ海上空に中国が防空識別圏を設定する可能性について質問。孫氏は空と海の安全保障がどの程度脅かされているのかなど、総合的要因を勘案して決める」と答えるにとどめた。(引用ここまで

歴史の経過を踏まえ合意形成を!

領土問題 南シナ海、中国政府の大暴論 2011年11月 2日号掲載http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2011/11/post-2351.php
 
南シナ海領有権争い、知っておくべき5つのこと  2015 年 5 月 17 日 10:50:13
http://www.asyura2.com/15/warb15/msg/538.html
 
 
トピック作成者 高橋隆太郎 「漢の時代には南シナ海を管理していた中国」2014年06月04日09時46分http://www.fsight.jp/27060
 
日米は中国に力を背景とした現状変更に反対するのであれば
 
辺野古基地建設は直ちに中止すべきだ!
 
沖縄でやっていることは中国と同じだ!
 
NHK 日米防衛相 中国の南シナ海進出に連携して反対 5月30日 16時57分http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150530/k10010096981000.html
日米防衛相 中国の南シナ海進出に連携して反対
 
k10010096981_201505302004_201505302015.mp4
シンガポールを訪問している中谷防衛大臣は、アメリカのカーター国防長官と会談し、中国が南シナ海で海洋進出を活発化させていることについて、力を背景とした現状変更には連携して反対していくことで一致しました。
アジア安全保障会議に出席するためシンガポールを訪れている中谷防衛大臣は、日本時間の30日午後、同じ会議に出席しているアメリカのカーター国防長官と会談しました。
会談の冒頭、中谷大臣は新しい日米の防衛協力の指針の策定によって、日米は新しい一歩を踏み出した。日本では、ガイドラインの裏付けとなる安全保障関連法案の審議も始まっている」と述べました。
これに対し、カーター国防長官は日本とは同盟国として、多くの安全保障上の課題について、今後もよきパートナーであり続けたい」と述べました。
また、中谷大臣は、中国が南シナ海で海洋進出を活発化させていることについて、「日本としては東シナ海だけでなく、南シナ海の問題にも非常に関心を持っている。この地域が安定するよう、周辺国とも協力していきたい」と述べました。
これに対し、カーター長官は中国の急速な動きに強い警戒感を持っている。日本が南シナ海の問題に関与したいとしていることを評価する」と述べたうえで、中国の力を背景とした現状変更には、連携して反対していくことで一致しました。
これに先立って中谷大臣は、会議に参加している中国人民解放軍の孫建国副総参謀長と立ち話を交わし中谷大臣がさまざまな問題について大いに議論をしたい」と述べたのに対し、孫副総参謀長はわれわれは両国関係をよくし、正常な方向に進めていくことを望んでいる。防衛大臣としてのあなたの責任は重要だ」と述べました。(引用ここまで
 
憲法9条を持つ国として中国と相対するためには
 
頻繁に安倍・習会談を行うことではないのか!
 
NHK 中谷防衛相 国際会議で中国を名指しでけん制 5月30日 12時05分
中谷防衛相 国際会議で中国を名指しでけん制
 
k10010096741_201505301245_201505301249.mp4
シンガポールを訪問している中谷防衛大臣は、各国の防衛相らが参加する国際会議で演説し、中国が海洋進出を活発化させていることについて、「日本を含め周辺諸国は不安を抱いている」と指摘したうえで、「責任ある立場でふるまうことを期待したい」と述べ、中国を名指しでけん制しました。シンガポールを訪問している中谷防衛大臣は日本時間の30日午前、各国の防衛相らが参加するアジア安全保障会議に出席し、演説を行いました。
この中で中谷大臣は、中国が南シナ海や東シナ海で海洋進出を活発化させていることについて、「極めて残念だが、今この瞬間も、南シナ海で大規模な埋め立てや滑走路の建設が急速に進められている。東シナ海でも現状変更を試みる動きがあり、日本を含め周辺諸国は不安を抱いている」と指摘しました。そのうえで中谷大臣は日本は、アジア太平洋地域の平和と安定を崩そうとするいかなる試みにも反対する。われわれにはこの地域の平和と安定を未来に託すため、圧力ではなく、対等の立場から協力して未来を切り開いていく責任があり、中国を含む各国が、責任ある立場でふるまうことを期待したい」と述べ、中国を名指しでけん制しました。(引用ここまで
 
中国は近隣諸国との共同連帯を重視するのであれば
 
直ちに工事を中止し相互関係改善に努力すべき!
 
NHK 中国 南沙諸島で灯台の建設開始発表 5月26日 21時28分 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150526/k10010092611000.html
 
中国政府は26日、南シナ海の南沙諸島で大型の灯台の建設を始めたと発表し、一連の埋め立てが平和利用目的だと強調するねらいがありそうです。
各国が領有権を争う、南シナ海の南沙諸島、英語名・スプラトリ-諸島では、中国が浅瀬の埋め立てを拡大させています。こうしたなか、国営の新華社通信は、交通運輸省が26日、南沙諸島のクアテロン礁で灯台の起工式を行ったと伝えました。
灯台はクアテロン礁に加えてジョンソン礁にも建設し、いずれも高さ50メートルで、照明の光は40キロ沖まで届くように設計しているということです。
これについて、中国外務省の華春瑩報道官は26日の記者会見で、「中国による灯台の建設は国際的な責任と義務を果たす重要な措置で、この海域を通る船舶の誘導に高い効果があり、南シナ海の航行の安全性が大いに向上する」と述べました。
南沙諸島の浅瀬の埋め立てについて、国際社会では中国が新たな軍事拠点を構築しようとしているという見方が出ています。
中国政府としては、灯台の建設開始を発表することで一連の埋め立てが平和利用目的だと強調するねらいがありそうです。
南沙諸島で中国が浅瀬の埋め立てを拡大させていることについて、中国国防省の楊宇軍報道官は「主権の観点でいえば、中国が南沙諸島で展開している工事は全国各地で行っている工事と何ら変わりはない。南沙諸島での建設工事は軍事防衛機能の必要性を満たすためであり、民間が求めるサービスのためでもある」と述べて、埋め立てを正当化し、国際社会の懸念や批判は当たらないという立場を強調しました。(引用ここまで
 
時事 米、南シナ海で手詰まり感=中国阻止の決め手なく 2015/05/27-16:33 http://www.jiji.com/jc/zc?k=201505/2015052700654&g=int
【ワシントン時事】オバマ米政権が中国の南シナ海進出への対応に苦慮している。中国が南沙(英語名スプラトリー)諸島で埋め立てを拡大している事実を国際世論に訴え、米軍の監視活動を強化しているが、行動を阻止できていない。領有権争いに利害を持つ東南アジア諸国連合(ASEAN)の結束力の弱さも影響しているようだ。
中国の埋め立て作業は国際法違反か」。ラスキ国務省報道部長は26日の記者会見でこう聞かれると、「そうは言ってない。埋め立てて島を造っても、地勢に基づく海域は変更されないという意味だ」と強調。中国の行動を責め立てるのではなく、あくまで法の理屈で中国の主張を封じ込める考えを明確にした。
南シナ海をめぐる中国の立場について、米政府が明確に疑問を投げ掛けるようになったのは2014年に入ってから。中国が13年11月に東シナ海へ防空識別圏を設定したためで、米側は中国が南シナ海の領有権の根拠とする「九段線」の正当性を認めていない。
一方の中国は14年4月のオバマ大統領のアジア歴訪の終了を見計らったように、南シナ海で石油試掘に着手。今年に入って南沙諸島の埋め立てを急ピッチで拡大し、26日に発表した国防白書で、米国を念頭に域外国の介入を非難するなど強硬姿勢を鮮明にしている。
米軍当局は5月半ば、米軍機にCNNテレビ記者の同乗を許可し、南沙諸島付近で中国軍が退去警告する様子を放送させた。オバマ政権は現在、「次の措置」として、埋め立て地の12カイリ(約22キロ)以内に米軍機を進入させることを検討している。国際法では海岸線から12カイリが領空・領海とされる。
ただ、国務省当局者は取材に対し、一帯を国際空域だと行動で示したとしても「中国が埋め立てをやめる保証はない」と打ち明ける引用ここまで
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 選挙で繰り返し否定された辺... | トップ | 平和的解決に逆行する日米豪... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

領土問題」カテゴリの最新記事