愛国者の邪論

日々の生活のなかで、アレ?と思うことを書いていきます。おじさんも居ても立っても居られんと小さき声を今あげんとす

米朝間の誠実な対話が続くならば、北に対する軍事的な圧迫を柔軟に変化させる必要があり、米韓合同軍事演習についても慎重に検討すると文在寅大統領に対して安倍政権は!・・・

2018-06-15 | 北朝鮮

日本国民に問う!

朝鮮戦争を終結させるための対話が続けば!

朝鮮半島(南北)に平和の枠組みができれば!

朝鮮半島(南北)に非核化の流れができれば

北朝鮮だけが非核化ってアンフェアーではないのか!

米国の核兵器が日韓には美され北朝鮮を狙っているとしたら!

そも素も米国の原爆投下はア、ソ連に対する抑止力だったが

その歴史は現在も進行中で、日本はその中にいるのだが、

日本国民は、このことを理解しているか!

米国にも、中国にも、ロシアにも、北朝鮮にも

「核兵器は廃絶すべき」と言えるのは

唯一無二の戦争被爆国である日本の責務だろう!

だからこそ、日本は

非核三原則を活かした核兵器禁止条約を批准すべきだろう!

安倍首相は北朝鮮の非核化を言うときは

国連決議を持ち出すが、

であるならば、核兵器禁止条約の批准を実行しなければならない!

日本国民は主権者として

いつまでも傍観者でいることは許されない!

北朝鮮の「脅威」「危機」をなくしていくためには

何をなすべきか!

安倍政権に核兵器禁止条約の批准を実行させる!

批准しない安倍政権はおさらばし、

核兵器禁止条約を批准する政権をつくる!

憲法平和主義を活かす平和的解決に最大限の努力を傾けるべきだろう!

ボヤボヤしていてはならん!

一刻も早く安倍政権を打倒することだ!

これが憲法をいかす主権者国民の人類史的責任だぞ!

あなたはどっちの見解を支持されるか!

米朝間の誠実な対話が続くならば、

北に対する軍事的な圧迫を柔軟に変化させる必要があり、

米韓合同軍事演習についても慎重に検討する

演習の中止が非核化を促進することは明らかだ

合同軍事演習は、アジアの安全保障において大きな意味のある取り組みだ

防衛省は、これまで米韓合同軍事演習は地域の平和と安定を確保するうえで重要な柱だと位置づけており

NHK   8月の米韓合同図上演習中止へ 米国防相が日本側に伝える   2018年6月15日 14時15分 米朝首脳会談

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180615/k10011479271000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_008

アメリカのトランプ大統領は、北朝鮮との交渉の進捗(しんちょく)しだいでは、米韓の合同軍事演習を中止する可能性に言及しています。
防衛省関係者によりますと、14日夜に行われた小野寺防衛大臣とマティス国防長官の電話会談で、マティス長官は、まずは、ことし8月に定例で予定している、コンピューターを使った米韓合同の図上軍事演習「ウルチ・フリーダム・ガーディアン」を中止する方向で韓国側と調整していることを伝えたということです。
これに対し、小野寺大臣は「アメリカと韓国で調整することだ」と答えるとともに、日本とアメリカの共同訓練は、引き続き実施していくことを確認したということです
防衛省は、これまで米韓合同軍事演習は地域の平和と安定を確保するうえで重要な柱だと位置づけており、中止になった場合の影響を分析することにしています。(引用ここまで

NHK 合同軍事演習の中止言及で 米韓国防相が協議 2018年6月15日 12時04分 米朝首脳会談

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180615/k10011479131000.html?utm_int=detail_contents_news-related_001

韓国国防省によりますと、アメリカのマティス国防長官とソン・ヨンム(宋永武)国防相は、14日夜、およそ30分間電話で会談しました。
会談では、アメリカのトランプ大統領が北朝鮮との交渉の進捗(しんちょく)しだいでは米韓の合同軍事演習を中止すると言及したことを受けて、8月に予定されている定例の合同軍事演習「ウルチ・フリーダム・ガーディアン」を含め、訓練全般について意見を交わしたということです。
またソン国防相は、14日開かれた韓国のNSC=国家安全保障会議の結果について説明し、「米朝間の誠実な対話が続くならば、北に対する軍事的な圧迫を柔軟に変化させる必要があり、米韓合同軍事演習についても慎重に検討する」とのムン・ジェイン(文在寅)大統領の言葉を伝えたということです。
そして双方は、早い時期に直接会って会談することで合意したということです。
一方、15日付けの韓国の新聞は演習の中止について、革新系の「キョンヒャン(京郷)新聞」が、「演習の中止が非核化を促進することは明らかだ」と評価する一方、保守系の「朝鮮日報」は、「北の核廃棄は不透明なのに、米韓同盟だけが弱体化する」と批判的に伝えています。

防衛相「地域の平和・安定確保の重要な柱」

小野寺防衛大臣は、閣議後の記者会見で、トランプ大統領が米韓合同軍事演習を中止する可能性に言及したことについて、「米韓合同軍事演習や日米韓の共同訓練は、地域の平和と安定を確保していく上で重要な柱であり、この認識は変わらない」と述べました。

自民 岸田氏「どのようになるか注視」

自民党の岸田政務調査会長は記者会見で、「合同軍事演習は、アジアの安全保障において大きな意味のある取り組みだ。アメリカのポンペイオ国務長官は『北朝鮮が誠実に対応しているなら停止を考える』と補足説明しており、具体的に演習がどのように取り扱われるのか注視していきたい」と述べました。(引用ここまで)

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 5歳女児「死亡」ではなく「... | トップ | 「虐待によって、多くの幼い... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

北朝鮮」カテゴリの最新記事