愛国者の邪論

日々の生活のなかで、アレ?と思うことを書いていきます。おじさんも居ても立っても居られんと小さき声を今あげんとす

アフガン・イラクを泥沼に陥れたアメリカの違法な侵略戦争を批判しない毎日社説では展望は見えない!

2015-10-17 | アフガン

責任ある幕引き=アフガン軍の育成ではない!

タリバンとアメリカ 秘密協議の内幕

NHK 2012年9月6日(木)放送

 
アフガン戦争/米は「責任ある幕引き」を

毎日新聞/2015/10/17 4:00

http://mainichi.jp/opinion/news/20151017k0000m070184000c.html

先行き不安を禁じえない方針転換である。オバマ米大統領は2016年内に撤退させるはずだったアフガニスタン駐留米軍について、17年以降もほぼ半分の規模(5500人)で駐留させると発表した。同年1月に退任するオバマ大統領は、任期中にアフガン戦争を終わらせることを事実上断念したわけだ。

ブッシュ前政権が01年10月にアフガン攻撃を始めてから丸14年。米国史上最長という戦争は、旧支配勢力タリバンの攻勢が目立ち、米国の勝利はおろか、痛み分けの停戦の見通しも立っていない。

毎日は「米国の勝利」とはどのようなことを言っているのか!毎日の米国応援のスタンスが浮き彫りになります!

国際治安支援部隊(ISAF)は昨年末で任務を終了し、一時10万人規模だった駐留米軍も原則的に戦闘任務を終えて1万人弱がアフガン軍の訓練に当たる。この態勢でタリバンの猛攻をしのげるか。米軍は17年以降、主に首都カブールや主要都市に駐留する方針だが、アフガン軍の育成を急がないと戦況はさらに悪化しそうだ。

毎日は、そもそも「国連安保理決議に基づく」「国際治安支援部隊」の正当性を認めているのでしょうか。またアメリカの起こしたアフガン戦争は違法ではない!というのでしょうか!

ここに毎日のスリカエ・デタラメ・ゴマカシ・大ウソのトリックが浮き彫りになります。

だから、「アフガン軍の育成を急がないと戦況はさらに悪化しそうだ」ということになります!これでは泥沼から抜け出すことは永久に不可能だろう!「アフガン攻撃を始めてから丸14年」の失敗の教訓は何もないということになります!

国際治安支援部隊の設立根拠 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E6%B2%BB%E5%AE%89%E6%94%AF%E6%8F%B4%E9%83%A8%E9%9A%8A

アフガン国際治安支援部隊(ISAF)について(2)http://tofuka01.blog.fc2.com/blog-entry-249.html

思い出すのは、1979年にアフガンに侵攻したソ連軍が10年後に撤退した後、タリバンが台頭して首都を制圧したことだ。米軍の方針転換や規模縮小はソ連軍の撤退同様、タリバンを勢いづかせる。この国は結局、アフガン攻撃より前の状態に戻るのではないかという不安がある。

「ソ連軍が撤退した」から「タリバンが台頭」したという短絡的視点しかないところに、毎日の「軍事優先主義」論が浮き彫りになる!と言われても仕方ないのではないでしょうか。

ソ連のアフガニスタン侵攻http://www.uraken.net/rekishi/reki-ro13a.html

構造的暴力と現代――映画『カンダハール』を観て――(2002/6/13 新潟・市民映画館シネ・ウィンドにて) http://www.nuis.ac.jp/~shiroshi/niigata/kandahar.html

過激派組織「イスラム国」(IS)の動向も気になる。アフガンに浸透するISがタリバンと手を組むにせよ対立するにせよ、イラクやシリアからアフガンに至る地域で過激派の力が強まり、「無法地帯」が広がることも予想されるからだ。

そもそもタリバンを育成したのは、誰か!アメリカではないか!と言うことを毎日は検証すべきです。

伊藤力司(ジャーナリスト)イスラム過激派を育てたのはアメリカ 2015.10.16 http://lib21.blog96.fc2.com/

まさに正念場である。

オバマ大統領は昨年、アフガン帰還兵を前に「米国は責任を持って戦争の幕を引く」と宣言した。アフガンとイラクでの戦争終結はオバマ政権の大きな課題だったが、イラクからの撤退が早すぎてISの台頭を許したとの批判もある。アフガン情勢への対応を誤れば、オバマ大統領はレガシー(政治的功績)どころか大きな負の遺産を残すことになろう。

「との批判もある」という言い方で毎日の言い分を代弁させていますが、これでは、アメリカは悪くないという視点を唱えていることになります。果たして、そうでしょうか!

イラクとシリアで、多数のアメリカ軍とCIA職員がテロ組織ISISに加勢 2014/08/28(木曜) 23:40 http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/48013

紛争疲れが人命軽視を生んでいる疑いもある。

米軍は今月初め、「国境なき医師団」が運営するアフガン北部の病院を爆撃し、多くの犠牲者を出した。誤爆としてオバマ大統領が謝罪したが、地上のアフガン部隊などと十分に情報を交換していれば悲劇は避けられたのではないか。

米・アフガンの意思疎通の問題に加え、アフガン国内では大統領と行政長官の双頭体制が治安上の連携を損ねているとの指摘もある。

態勢立て直しにはオバマ大統領の指導力が不可欠だが、独り立ちに向けたアフガン政府の意志と努力が問われているのは言うまでもない。(引用ここまで

「独り立ちに向けたアフガン政府の意志と努力」を言うのであれば、アフガン内の民族自決権の尊重と平和支援を具体化することです。そのもっとも近いところにいるのが、憲法平和主義を持つ日本です。しかし、自公政権は、日米軍事同盟を使って憲法を形骸化させる悪法を制定してきました。毎日は、このような事実をどのように総括するというのでしょうか!

テロ対策特別措置法 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%AD%E5%AF%BE%E7%AD%96%E7%89%B9%E5%88%A5%E6%8E%AA%E7%BD%AE%E6%B3%95

自衛隊インド洋派遣 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E6%B4%8B%E6%B4%BE%E9%81%A3

補給支援特別措置法 https://kotobank.jp/word/%E8%A3%9C%E7%B5%A6%E6%94%AF%E6%8F%B4%E7%89%B9%E5%88%A5%E6%8E%AA%E7%BD%AE%E6%B3%95-182239

タリバン、後継めぐる権力闘争で亀裂 オマル師死亡でアフガン和平協議の行方は?2015年8月5日http://www.huffingtonpost.jp/2015/08/03/mullah-omar-taliban_n_7923174.html

コメント

米軍アフガンで「国境なき医師団」施設に空爆!やっぱり武力行使はダメだ!誤爆では済まないぞ!

2015-10-03 | アフガン

「誤爆」では済まないだろう!

非戦闘員が殺されているのだ!

一般市民の犠牲者はどうなっているか!

自衛隊の海外武力行使の時にもあり得る事態だ!

「国境なき医師団」施設に空爆 9人死亡10月3日 20時56分http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151003/k10010257701000.html

「国境なき医師団」施設に空爆 9人死亡
 
k10010257701_201510032105_201510032106.mp4
反政府武装勢力タリバンと政府軍との戦闘が続くアフガニスタン北部の都市で、国際的なNGO「国境なき医師団」の施設が、空爆を受けて少なくとも9人が死亡し、アメリカ軍は、現地で行った空爆の結果、周辺の医療施設に被害が出た可能性があるとして調査を始めました。
タリバンに制圧されていたアフガニスタン北部の都市クンドゥズは、アメリカ軍による空爆の支援を受けている政府軍が軍事作戦で奪還したとされるあとも、タリバンが市内各地で住宅に立てこもって抵抗を続けています。
こうしたなか、国際的なNGO「国境なき医師団」は、3日未明、市内で負傷者の救護を行ってきた医療施設が空爆を受け、これまでにスタッフ9人が死亡、37人がけがをしたことを明らかにしました。
また、施設の位置を事前にアメリカ側にも知らせていたにもかかわらず爆撃は30分以上続いたということで、「国境なき医師団」は、アメリカ軍に対して空爆の経緯を明らかにするよう求めるとともに医療従事者の安全を守るべきだと訴えています。
これについて現地に駐留するアメリカ軍は声明を出し、クンドゥズで武装勢力に対する空爆を行った結果、現場周辺の医療施設に被害が出た可能性があるとして調査を始めました。クンドゥズには、いまも、多くの住民が取り残されているとみられ、市街地での戦闘によって市民の犠牲が増えることが懸念されています。(引用ここまで
 
和平一歩手前まで来ていたのに!
仲介役ができるのは
やっぱり憲法9条を持つ日本しかいないのでは!
 
アフガン北部の都市、タリバンが掌握 和平遠のく 2015/9/29 20:36 http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM29H6E_Z20C15A9FF2000/ 
【ニューデリー=黒沼勇史】アフガニスタンで反政府武装勢力タリバンが大規模な攻勢をかけている。28日に同国北部の都市クンドゥズを襲撃し、同市のほぼ全域を掌握した。29日には、昨年に戦闘任務を終了していた米軍主導の北大西洋条約機構(NATO)軍がクンドゥズ奪還へ空爆を再開した。タリバンは7月、アフガン政府と初の公式和平協議を開いたが、新指導者のマンスール師の下で和平は大きく遠のき混迷を深めている。

クンドゥズはクンドゥズ州の州都で、アフガン北部の戦略的要衝。28日未明からの攻勢で、タリバンは行政庁舎などクンドゥズ市内の主な拠点を掌握し、市内各地にタリバンの白い旗を掲げた。

マンスール師は28日夜のパシュトゥー語の声明で勝利宣言し「我々はすべてのムジャヒディン(イスラム聖戦士)に戦果を祝福する」と述べた。

タリバンは今春にも同じクンドゥズを攻撃し一時、部分的に支配下に収めた。ただ州都掌握には至らず、その後は撤退していた。

2001年にタリバン政権が崩壊したアフガンで、タリバンが州都を陥落させたのは今回が初めてとされる。マンスール師は「(市内の)人々の生命と資産の安全を守る」とも強調、クンドゥズを継続的に支配下に置く姿勢を示した。

米軍主導のNATO軍とアフガン国軍は29日、反撃を開始。クンドゥズ市郊外から市内に向け進軍し空爆も実施した。アフガンのガニ大統領は29日、記者団に「特殊部隊を含め新たな兵員をクンドゥズに派遣した」と公表。アフガン内務省の報道官は日本経済新聞に対し「クンドゥズ市の一部からタリバンを押し戻した」と戦果を強調した。外国の医療派遣団によると、死傷者は70人近くに上るという。

タリバンによる大規模な攻勢は、タリバン内部におけるマンスール師の体制固めの一環との見方がある。

最高指導者オマル師が13年に死去していたことが今年7月に公になり、序列2位で和平協議にも前向きだったマンスール師が最高指導者ポストを継承。ただ、タリバン内部の好戦派グループはオマル師の息子や弟を担ぎ、8月には内部同士の戦闘も起きていた。その後、オマル師の親族はマンスール師への忠誠を誓う声明を公表した。アフガン全土を再び支配下に置き、タリバン政権を再興させるという旧来路線を踏襲するとマンスール師が約束した可能性がある。引用ここまで

アフガン政府、タリバンと直接協議 和平へ継続で合意  2015/7/8 20:54 http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM08H5V_Y5A700C1FF2000/

【ウファ(ロシア南部)=黒沼勇史】アフガニスタン政府と同国の反政府武装勢力タリバンが7日、パキスタンの首都イスラマバード近郊で和平に向けた直接協議を行った。仲介したパキスタン政府によると、両者は協議の継続で合意した。アフガンでは13年以上にわたって混乱が続いており、今回の接触が事態打開のきっかけになるかが焦点だ。仲介役には米国とともに中国も加わり、存在感を示し始めている。

パキスタン政府は8日、アフガン政府とタリバンの「両者が地域平和の持続に向け、表裏なく全力で(必要な)プロセスを進めることで合意した」とする声明を公表した。協議にはアフガンからカルザイ外務副大臣ら4人、タリバン側から3人が出席。今月中旬までのラマダン(断食月)の後に次回協議を開くことでも見解が一致した。両者は5月初旬にも、タリバンが交渉窓口の事務所を置くカタールで非公式協議を開いている。

ただ、アフガンの治安情勢は依然深刻だ。タリバンは首都カブールでは6月に議会内外で連続爆発を、今月7日には自爆テロを実行した。中東の過激派組織「イスラム国」(IS)になびく勢力も出る中、タリバンは競い合うようにテロ活動を活発化させる。

今回の協議開催について、タリバンの報道官は公式見解を示していない。タリバン内部の穏健派が交渉に前向きなのに対し、主戦派がテロ続行を主張しているとの分析もある。

アフガン和平が前進していくかは依然不透明だが、仲介役には変化がみられる。中国の登場だ

中国は5月下旬、中国新疆ウイグル自治区ウルムチで、アフガン政府とタリバンの直接協議を開いた。パキスタンの首相顧問がこのほど同国議会で「パキスタンは(5月の)ウルムチでの協議を取り持った」と証言した。

8日のパキスタン政府の声明文では、今回の協議にも「中国の代表者が参加した」と明記した。

中国はこれまで、アフガンへの投資や無償資金援助で協力してきたが、鉱山開発など経済分野への関与が中心で、和平協議とは距離を置いてきた。

ここに来て関わり始めたのは、駐留軍を減らしたい米国が、水面下で中国に和平協議への関与を依頼したためとされる。

2001年の米同時テロ後にアフガンに駐留した国際治安支援部隊(ISAF)は14年末に戦闘任務を終了。中核を担った米軍も駐留規模を縮小し、アフガン国軍の訓練などを担う9800人が残る。15年に半減する予定は変更し、年内は現在の規模を維持するが、オバマ米大統領は16年末の完全撤退方針を堅持する。国軍の治安維持能力は不十分で、撤退後の混乱拡大が危惧されている。

中国が治安や和平推進など米国がアフガンで担ってきた役割すべてを引き受けるとの見方は少ない。ただ、中国自身、アフガンと国境を接するウイグル自治区などで過激派問題を抱える。中央アジアを横切る「新シルクロード(一帯一路)構想」の実現にも、アフガンやパキスタンの治安改善は重要な要素。今後もアフガン和平の仲介役として中国が一段と存在感を高めそうだ。(引用ここまで

ロイター アフガン代表団、タリバンと協議へ 和平交渉に向けた一歩  2015年 07月 8日 08:48 JST

 

[カブール 7日 ロイター] - アフガニスタンのガニ大統領は7日、反政府武装勢力タリバンと協議を行う代表団をパキスタンに派遣したと明らかにした。正式な和平交渉に向けた一歩になるとみられる。ただ、大統領の発表前に首都カブールでは、タリバンによる自爆攻撃が相次いで発生し、1人が死亡するなど情勢は不安定だ。自爆攻撃は外国部隊の車列とアフガン情報機関が狙われた。一方、米ホワイトハウス報道官は、「確かな和平プロセスに進む重要な一歩だ」として、代表団の派遣を歓迎した。(引用ここまで

コメント