50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

生徒さん主演のパントマイムを観に行きました。

2018-01-27 21:31:40 | 海外生活
昨夜は、久々に、澄み渡った星空の夜でした。
鼻から吐く息も、真っ白になるくらい、空気が冷えきっていました。

そんな寒い中、ストーンクロスという所のビレッジホールに、私のピアノの生徒さん主演のパントマイムを
観に行ってきました。

私の生徒さん、彼女は、私が、ここでピアノを教え始めた年(2009年)から、ずっと通ってきてくれている生徒さんです。初めて来たときは、8歳の女の子でした。
ピアノが弾けなくて、泣き出すこともありました。

それでも、何とか、励ましたりして、ずっと続けてレッスンにきてくれました。
レッスンに来ても、疲れているのか、よく、あくびをしていました。
なかなか、集中できない子で、この子、やめるかな~と思っていましたが、
何とか、ずっと続けてきてくれていました。
そして、Examも何とかグレード3の試験を今年は、受けることになりました。
それを受けたら、GCSEの勉強に集中するとのことで、ピアノはやめるそうです。

そんな彼女も、今や16歳。
最近では、とても大人びてきていて、はっと、させられることも、たびたびあります。

彼女の両親は、ジンバブエ出身。ブラックの人に特有の、ちぢれ毛を気にしていたこともあったり、
ストレートパーマにしてきていたこともありました。

今回、彼女が、パントマイム(シンデレラ)の主役を演じるということで、そのショウを観に行くことにしました。
私自身、イギリスのパントマイムというのは、観に行ったことありませんでした。

ビレッジホールの小さな劇場でありながら、舞台の下には、様々なミュージシャンが楽譜を広げて、演奏をします。ミュージカルのようであり、コメディのようでもあります。

そして、何よりも面白いと思ったのは、ステージの俳優、女優と、観客との掛け合いが、面白い!
前の席に座っていた子供たちが、「お化けがいるよ!後ろ!後ろ!」
「そこじゃない!後ろ!」などと、興奮して、必死になって叫んでる様子が、面白くて可愛いなと思いました。
子供も大人も、掛け声をかけます。これが、パントマイムの面白いところだそうです。

ステージに立った私の生徒さん(ダルシア)は、ピアノのレッスンに来る彼女とは、まるで別人でした!
表情がすごい豊かで、自信たっぷりに演技をしていました。
ミュージカルなので、歌も踊りも見せてくれます。

これが、あの子!?と思って、別の顔を見た感じがしました。
こんなに夢中になれるものがありながら、それでも、ずっとピアノのレッスンに通ってきたのは、何だろうか?と思うくらい。

舞台が観客席より高い所にあるので、私は首が痛くなりました。
首が痛くなって、今も痛いけど、でも、観に行って良かったと思いました。

ちなみに彼女のお母さんも出演、ブルースのようなジャズっぽい歌を歌っていました。
これが、とても上手だったので、これにも、びっくりでした。

彼女の8歳年下の妹も端役で出演していました。(この子も最近、ピアノのレッスンに来るようになりました)

昨日は、夜の公演が7時30分から10時まで、観てるだけでも疲れました。
それなのに、今日は、昼の部と夜の部、明日の日曜日も、公演があるそうです。

連日のように、ドラマの練習。これでは、ピアノのレッスン中にあくびするのも仕方ないかも?

それにしても、シンデレラのブルーのドレスを着た彼女は、まるで、バービー人形のように美しかったのです。これが16歳の女の子?と思うくらい、その内面は、しっかりとした意志みたいなものを感じました。




コメント (4)   この記事についてブログを書く
« アイリーンの生き様と最期 | トップ | 久々に、たらこスパゲッティ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして! (haruharu)
2018-02-04 06:35:26
白日夢さんのブログを読んでいて
40年以上前に住んでいたドイツ(ミュンヘンとハンブルグ)とオーストリア(ウイーン)の暗くて長かった
冬の日々を懐かしく思い出しました(;^_^A
暗い冬が去って春になると毎年のように心が躍って良いことがありそう~~と思ったものでした(^^♪
イギリスの南部にはまだ行ったことがないのですが
海辺にある静かな町にお住まいのようですね!
パントマイム (ろこ)
2018-02-04 13:13:01
こんにちは。
 生徒さんの舞台の上の顔とレッスンの顔。
 別人のようというのは、面白いですね。
 特に、舞台。、しかも、言葉を発しないパントマイムというのは、内面が出るのでしょう。
 長い間レッスンに通ってきたというのは、白日夢さんのお人柄を好いてでしょうね。
 生徒と先生は相性がありますが、やはり、先生を好きか嫌いかによるような気がします。
 地域になじんで、生徒さんに好かれての日々。
 素敵です。
 
haruharuさん、コメント有難うございます (白日夢)
2018-02-05 08:03:32
haruharuさん、
初めまして。
ドイツとウィーンに暮らされたことがあるのですね?
ヨーロッパの冬は、どこも、暗くて雨が多いようですね?
私も、こちに来た最初の頃は、冬が、本当につらくて、暗い冬に耐えられませんでした。
それに、言葉も不自由で、おまけに、友達もいないし、鬱になりそうでした。
今も、この暗い冬は、嫌になりますが、日本人の知り合いや友達、そして仕事や趣味やら、ボランティアで、日々の生活で忙しくしていると、あっという間に、春と言う感じもしてきました。

今日、庭に出てみると、去年の秋、植えたスノウドロップの花のつぼみを見つけました。

ああ、もうすぐ春なんだと思うと、また日本に帰る季節がやってきたことと、春の訪れが来たことを感じます。
ここは、海まで徒歩、10分以内です。夏は素晴らしいですよ。
ろこさん、コメント有難うございます。 (白日夢)
2018-02-05 08:08:19
ろこさん、
こちらのパントマイムというのは、私も初めて観に行ったのですが、ミュージカルのようなコメディ仕立てのものです。
ですから、台詞も勿論ありますし、歌を歌ったりします。
日本のパントマイムとは、ちょっと、ちがいますね。ちなみに私は、ブライトンのコメディアに、2回ほど、ガマージョバット(日本人二人のパントマイム 日本名では、がーまるちょばというそうです)を観に行きました。
この方たちのパントマイムには、本当に大笑いさせられました。(#^.^#)

コメントを投稿

海外生活」カテゴリの最新記事