50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

孤独な気持ちが、癒されない。

2019-08-08 07:20:48 | ボランティア 犬

8月に入ってから、夏とは思えないくらい、肌寒い日が続く。
もともとは、こういう気候だったのかな?
去年や、おととしが、暖かすぎて、特に去年は、暑くて、毎日のように海で泳いでたから、そう思うのかもしれない。
一日に一度、海に泳ぎに行くと、それだけで、時間を費やして、忙しい一日になってしまう。

今年は、暇な日が多いなと思う。
8月になったら、生徒さんもホリデイに出かけるので、めっきり仕事もなくなる。
やらなければいけない家事仕事は多いのだけど、なおざりになっている。
やる気がしない。ちょっと、鬱かもしれないなあ~(~_~;)

昨日は、ペニーのお散歩に行けたし、楽しい時間を過ごせたけど、いままでなら、フィリスさんに電話して
「今日、ペニーのお散歩に行けますけど」と聞くと、「有り難いわ。何時頃来る?」という感じだった。
今年からは、ちがう。Kさんにお伺いを立てて、OKが出ないと、ペニーに会えない。
Kさんはもともとは、私の友達、今はロンドンに行って仕事に忙殺されている友人の義理の妹さんに当たる。
彼女は、介護のお仕事もしていて忙しい人だ。
休みの日は、犬を連れて、一緒に友達と散歩したりもするらしい。

今は、もうフィリスさんの犬というより、Kさんの犬になってしまったという感じ。
フィリスさんは、「あなたは、いつでも、ペニーの散歩に行ってくれていいのよ」とは言ってくれるが、もはや、フィリスさんが飼い主ではないのだから、そういう具合にも行かないのが現状だ。

でも、フィリスさんの手前、たまに散歩くらいなら、許してくれるという感じだ。
10日に1回、または、2週間に1回、行けたらいい方かも。

今までは、自分の家族に聞いて、散歩に行くような感じだったけど、もうそういう具合には行かない。
Borrow My Doggie というソサエティにも登録しているけど、なかなか、上手い具合に、いい犬と出逢う事はできない。飼い主との都合もあるし。
平日の昼間、お仕事をしてる間に、犬を見てほしいというのは、あるようだけど。
または、ホリデイに行く間だけ、預かってほしいという身勝手な人も多い。

いずれにせよ、犬は自分で飼わない限り、自分の自由に出来ないということだ。
そして、自分の好きな犬は、自分で選ばない限り、無理だという事だ。

ある程度、賢い犬は、やはり、人気なのか、CinnmonTrustでも、やめる人がいないから、そういう仕事が回ってくることはないみたいだ。

自分で犬を飼うのが夢だったけど、それは、無理な話。
日本とイギリスを行ったり来たりの生活だったし、今後だってどうなるか、わからないし。

第一、先立つもの(お金)がないと、犬は飼えない。
家を留守にも出来ないし。
半日くらいなら、まだしも、一日でも、留守しようものなら、どこかに預けなければいけないし。
預かってくれる家族や、友人がいれば、いいけど、または、広い家に、犬が、いつでも行けるトイレがあれば別だけど。
わが家のような狭いフラットでは無理だ。

諦めが悪いよね。。。私も。

昨日は、久々に、夫とペニーと一緒に、まるで家族みたいに、丘に出かけた。
ペニーがいると、夫との喧嘩も少なくなる。ペニーが仲を取り持ってくれるようだ。



芝生に座って、しばし、くつろぎの時を過ごした。
ペニーにボールを投げて、かなりの運動もした。今年、14歳になる犬とは思えないくらい元気な犬なのだ。
足底筋膜炎も、丘に登ると、痛みが少なくなるような気がする。
普通のアスファルトを歩くと痛いのだけど、丘の上の芝生は、まるで、柔らかいカーペットみたいだから。








にほんブログ村
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 御見舞いに行きました。 | トップ | ちょっと、鬱状態になり、長... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (RainDrop)
2019-08-09 22:05:46
白日夢さん こんにちは!
アメリカ東部は 今 午前9時になるところです。
🌞 暑くなりそうです。イギリスとは時差6時間かしら? だとしたらもう午後ですね。

今日のタイトルは なかなか難しいですね。
白日夢さんの中の何かが孤独を癒されないのか、
ペニーとのことでの寂しさなのか・・・、
でも ネットでは オーサーもコメントする側も
突っ込んでは 書けませんね。

でも 心の持ちようを 大切に 現在の日々を
楽しんでいくようにと 思います。
ペニーは とても可愛い犬!白日夢さんのお気持ちが
わかるような気がします。犬の飼い主はKさんになったようなものなのですか。だとしたら飼い主は犬の一生に責任がありますから、ペニーは高齢犬、日頃の世話とか 具合が悪かったら病院に連れて行くことも 引き受けなくてはいけません。 白日夢さんは どこかで けじめをつけて ペニーと散歩してあげられる時を 楽しまれるとペニーも 嬉しいのではないですか。 ペニーは知っていますよ、あなたの気持ちを。

今日は夫の通院に付き添います。帰宅してからでは
食事の支度はしんどいので昨夜 準備して 温めるだけにしました。ついでに ズッキーニで 味噌炒めを
しました。味が ちょっと水っぽいようですが 後で揚げ豆腐でも作り 味噌ソースでと思います。
生姜をたっぷり入れたので 味が引き締まり美味しいですよ。
ナスを買ってこなくちゃです。

海といい、丘も 素敵な場所ですね。
イギリスの風景を楽しませてもらっています。
ありがとう。
RainDropさん、いつも有難う! (白日夢)
2019-08-11 05:05:07
RainDropさんのお住まいはアメリカ東部、というと、ニューヨークかしら?などと想像してしまいます。アメリカには行ったことないから、ちょっと憧れてしまいます。
たかが、犬のことで、と他の人は思うかもしれません。でも、昨日は、ペニーの事を思うと、淋しくて眠れませんでした。夜中に目が覚めて、Kさんは、やはり、自分だけのものにしたいのか?
私は、いずれ、お別れしなきゃいけないんだろうな?と思うと、つらくて、辛くて。
母が亡くなってから1年後、ペニ―と出会えて、どれほど救われたか?
昨日は、鬱状態に陥り、何も手に着きませんでした。本当に馬鹿げてるんですけど。
先日での丘のお散歩が、あまりにも楽しくて癒されて、素晴らしいお天気だったもので、余計に、「ああ、もうこんな思い出来ないかも?」と思うと、切なくて。

>白日夢さんは どこかで けじめをつけて ペニーと散歩してあげられる時を 楽しまれるとペニーも 嬉しいのではないですか。 ペニーは知っていますよ、あなたの気持ちを。<

励ましてくださり、本当に有難うございます。

実は、今日、苦しくて、昔からの友人に電話しました。そして、彼女の言葉に、救われました。
また、そのことは、ブログで書きますね。

コメントを投稿

ボランティア 犬」カテゴリの最新記事