50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

終の棲家は、叶わぬ夢?

2018-09-15 15:22:35 | 海外生活
この夏、いや春から夏にかけて、日本では、災害が続いている。

いまだかつて、なかったほどに、洪水、そして、猛暑で、熱中症の人々が続出、その次は、大阪で大型の
台風による被害、翌日は、北海道での震度7という地震。

地震などないと思われていた札幌で、いや北海道全域で、丸二日間以上の停電と言う異常事態。

日本に終の棲家を見つけることも、不可能と思えてきた今日この頃。

夫は、日本には、住めないという。仕事もないし、まして、今年64歳になった夫が、新しい国で、仕事など
見つけることは至難の業だ。英語の教師には、なりたくないという。

陶芸家として、南アフリカで7年間、陶芸を教えたり、作品を売って暮らしを立てていたが、治安が悪くなり、イギリスに戻ってきたという。
夫は、ずっと、陶芸をやりたいと言ってたし、私も、それを望んでいたが、残念ながら、それも夢で終わりそうだ。

Interest Only(利子のみを支払う)Mortgage(ローン)は、来年の8月で終了する。
元金を払わないといけないが、もうローンでは、大きな金額は組めないので、かなりのDeposit(頭金)が
必要になる。

私が必死で、こつこつ貯めてきた貯金を費やす時が来たようだ。

このなけなしの貯金をつぎ込んだら、日本では、老後のマンション(たとえ中古のワンルームマンションでも
買えないということが、わかった)は買えなくなる。

日本のマンションは、年数と共に価値が下がり、その上、家やマンションを買う時には、手数料に100万円くらいかかることも知った。
また、マンションだと、管理費や、修繕費の費用で、毎月、2万円くらいかかる。

年金など殆ど皆無に等しい私(シングルマザーの時には、年金が払えなかったので、減免申請をしていた)に、果たして、日本で暮らしていけるお金があるかどうか?
勿論、子供には面倒をかけられないし、考えてもくれないだろうことは、わかってる。

日本にはボロ家があるが、これもいつ倒れるかわからない物件である。
洪水時には、浸水しそうになったという。
また、地震が来たら、倒れるか、地盤がゆるいので傾くか?

でも、この地で一生を過ごせるかと言うと、やはり、日本に戻りたいと思ってしまう。

手塚治虫氏の描かれた「火の鳥」望郷変を思い出す。

帰りたい故郷を探し求めても、故郷は変り果てて、昔の故郷ではなくなっている。

なんだか、そのような心境だ。

毎年、日本に帰るたびに、変わってしまったと感じる我が祖国。

こんな短い間で、気候も、人々も、何もかも変わってしまうもんなんだ。。。
浦島太郎になったような気分がする。

年老いた私が戻っても、受け入れてくれる国は、もう,どこにもないのかもしれない。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 何やら、大変なことの多い九... | トップ | Eastbourne Home(カウンシル... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (三毛)
2018-09-17 05:43:27
これは在外邦人には共通の悩みかもしれません。
夫婦どちらの国に住んでも、どちらかは異国にいるわけですものね。

白日夢さんは日本に実家・土地をお持ちですから、小さなおうちを建て直せばいいのでは?
中古マンションは建替時の負担金が大きいし、庭もないですし。
ただ最近の日本の気候を思うと老後に日本に住むのは大変だろうなぁという気がします。

友人から預かっている猫、うちの猫とも仲良しになりました。
白日夢さん、猫も可愛いですよ!
建て替えは無理なんです。 (白日夢)
2018-09-17 19:14:05
三毛さん

いつもコメント有難うございます。
うちの家は、すでに、リフォーム出来る所はすべてやっています。でも、建築法が変わって、18坪しかない我が家は、建て替えできないんです。
隣の家を取り壊して、2軒分で1軒の家を建てる感じです。
近所に、そのような家がありましたが、かなり高額でした。それに、私には、とても金銭的余裕がないのと、今の日本の家に帰ると、金縛りにあったり、出来ることなら引越ししたいんです。(;^_^A

コメントを投稿

海外生活」カテゴリの最新記事