50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

私には日本に、家族は、いないも同然かもしれない。

2019-05-12 07:38:18 | 日記

時差ボケもあり、疲れが、なかなか取れなかったけど、昨夜は、ようやく、ぐっすり眠ることが出来た。

窓の外を見ると、階下の家とその向かいの家の間に、美しいクレメイタスが咲いている。


こういう風景を見ると、癒される。

昨日は、机に向ってると、台所で、ガサガサ音がするので、行ってみると、何と、カモメが入ってきていた。窓際に置いてあった、パンの残りを食べようと入って来たのだ。
私が行くと、慌てて、逃げて行った。やれやれ、と思うけど、妙に可笑しくて、笑ってしまった。



そして、階下の納屋の屋根に止り、涼しげに、こちらを見ている。



日本から帰る直前の日には、今まで連絡のなかった弟から珍らしく連絡があった。

毎年、帰るたびに、母の月命日や、父の命日に、一緒にお寺にお詣りするかと聞いても、「忙しい」と言う答え。全く、コミュニケーションを持とうとしない弟だった。

それでも、私とちがって、一流企業に就職し、管理職にまで登りつめて、出世した弟は、うちの父の自慢の種だった。

母が肺炎になった時も、電話して見に行ってほしいと頼んでも、車で30分の距離に住んでいながらも、行ってくれなかった。
外国に住む私のことにも、関心を持ったことが一度もなかった。

そんな弟が、今回、連絡してきたのは、引きこもりの3男が、イギリスに行きたいと言い出したからだったようだ。

最初は、ドイツに行くと言ってたらしいが、ドイツ語はおろか、英語も喋れないその子には、さすがに、ドイツに行かせるわけにはいかない、イギリスには、普段から付き合いがないけど、一応、親戚がいるということで、こちらに、来させようと考えたらしい。

現在、16歳、中2の時から不登校になったらしい。私が帰る前々日に「明日、行って相談したい」と言ってやって来た。
その子に会ったのは、母が亡くなったお葬式の日、7年前だ。

殆ど、記憶もないし、喋ったこともない子供で、赤の他人と全く同じような感じだった。

弟と一緒にやって来た16歳のその甥っこは、金髪に髪を染めていて、一言も喋らず、ニコリともしない子だった。

弟は、どうやって、航空券を予約したらよいのか聞いてきて、その場で、早速、チケットを予約した。まるで、どうにも手に負えなくなった子供を押し付けるようだった。

そして、「後は頼むわ」と言って、そそくさと、1時間ちょっと話しただけで、慌ただしく帰って行った。どこかで、ランチでも、とも言わなかった。私も、ちょうどお腹の調子が悪かったので、どっちにしろ、ランチには行けなかったけど。

それから、私は、どうしたらよいのか、ストレスを抱えることになった。
全くの赤の他人で、ビジネスとして、引き受けるならまだしも、こんな子を押し付けられて、責任を持たされるのは、気が重かった。
しかし、滅多に会うこともない弟は、いきなり、どうしようもなくなった子を押し付けるようにして、去っていった。

私は、こちらに帰ってきてすぐに、以前、私の友人の娘、元夫の姪っ子(彼女も不登校の子だったが、素直で、笑顔も見せるし、私たちにも、懐いてくれた)を、ステイさせてくれお世話になった、ホストファミリーに電話をした。

奥さんのKさんは、日本人。でも彼女は、今、日本に帰ってるから、早速、連絡を取ってみるよと、イギリス人の旦那さんは、言ってくれた。
次の日、電話してみると、OKと言う返事だった。それを聞いて、肩の力が抜けるくらい、ほっとした。
うちは狭いし、泊められない。
Kさんは、ホストファミリー歴の長い人たちで、友人の娘や、元夫の姪っ子も、このホストファミリーが気に入ってくれてた。

弟の息子と同じような年齢の3人の息子さんたちがいるということも、安心できる。

ホテルに16歳の子を泊めるのは、心配だったし、何かあったら、どうしようという不安が付きまとっていた。
何しろ、私は、その子のことを、全く、何も知らないのだから。
弟は、年取ってから出来た、その三男を甘やかしていた。

夫がお土産にチョコレートを持って行った時も、ひったくって走り去った子供だ。
夫にとっても、あまり良い印象がない。

だから、お迎えもタクシーを頼むことにした。
いろいろ心配なことはあるけど、メールで、イミグレでは、どういう風に答えたらよいか、送るつもりだ。弟からは、何も期待していない。

私の日本の家族は、都合の良い時にだけ、私を利用するのだと、割り切らないと仕方ない。
だから、空港にお迎えもタクシーを頼むと決めた。

だけど、ホストファミリーのKさんには、迷惑かからないことだけを願う。
古い知り合いだから、安い料金で提供してくれるが、私は上乗せして支払うつもりだ。
私の代わりに、犠牲になってくれるのだから、申し訳ない気持ちもある。
でも、Kさんのように、ホストファミリー歴の長い人達なら、いろんな子供たちの面倒を
みてきてるから、きっと大丈夫だろうという気もする。



夫に買ってきたお土産。もっぱら、自分が食べてる! (^^♪





にほんブログ村
コメント   この記事についてブログを書く
« また、トラブルが!イギリス... | トップ | セブンシスターズに、下見に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事