50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

平成最後の日、久々に、母のミシンを使った!

2019-05-01 09:52:31 | 日本に帰国中
今日から、新しいERA(時代)

ずっと、日本に帰ったら、イギリスの我が家のバスルームの為のカーテンをミシンを使って
縫おうと思っていた。

以前に縫って、窓に付けていたカーテンは、カビが生えて黒くなってきたので、取り替えなければと思っていた。

しかし、残念なことに、イギリスの家は狭くて、ミシンを置く場所がないのだ。
滅多に使わないので、買う必要もないと思って、やり過ごしてきた。
でも、ずっと、ミシンを使わないと、使い方を忘れそうだ、恐かった。

まずは、昨日は、少し遠くまで、自転車を走らせて、大きなスーパーまで行き、
既製品のカーテンを買ってきた。
何と、2枚で千円と安売りのカーテンがあった。
うちの近くには、昔は、大型のスーパーがあったのだが、数年前に姿を消した。
だから、この少し遠いスーパーに行くには、ちょっと覚悟して、行く必要がある。

でも、いざ自転車で行ってみると、案外、近いもんだな、なんて思ってしまった。
いい運動にもなった。それに連休だから、大型のダンプなどは少なくて、排気ガスも少ないので、マスクも必要なかった。

昨日は、息子が幼稚園の時から、仲が良かったJ君のママ友のTさんに電話をした。
久々に、お電話させていただいて、また、私の愚痴や、息子のことなどを話した。
いつもいつも、私の家族のことなどを、快く聞いてくださり、適切なアドバイスを聴いて下さる方だ。
縁があって、イギリスに行った後も、日本に帰ってきた時に出会うことがあり、今もたまに電話で話したりする方である

私の息子のこと、お嫁さんとのことなどを話すと、「あなたは、何も悪くは、ないわ」と言ってくださった。

私がお嫁さんから嫌われてる理由は、東北の震災のあと、東京に住んでいた息子夫婦の間で、お嫁さんが子供を連れて、実家の九州に帰ってしまった時、その震災のあと、私がイギリスから帰ってきた時に、息子の住む東京の家に行き、掃除などをしたことが悪かったようだ。腑に落ちないが、お嫁さんが、私のことを気に入らない理由は、息子からは、そのような説明しかない。

でも、親が子供の家に行って、掃除するのは、当たり前のことではないか?
と思うのだけど、それが、お嫁さんの怒りを買ったようだった。

息子は、震災のあと3年くらい、その広い家で一人暮らしをしていた。
震災のあと、掃除をしてから、「もう、こっちに来ないで」と言われるようになった。
お嫁さんの怒りを買ったからのようだった。

Tさんから、「あなたは、親として当たり前のことをしただけのことよ」と言われ、また涙がボロボロこぼれてきた。
そして、「息子さんが、そこで暮らし続けるには、お嫁さんの嫌いな母親である、あなたのことを、自分の中で抹殺しないと、生きていけないんだと思う」とおっしゃった。
まったく、その通りだと思った。

疲れ切った様子の息子。私が行くと、お嫁さんにいびられ、余計、ストレスを与えるに違いないと思う。水をこぼしただけで、大急ぎで、ぞうきんをもってきてふき取っていた様子が忘れられない。昔の息子の姿からは、想像もできない。もっとリラックスしていたのに。

夕方は、2階に上がって、久々に、母の愛用していたミシンを取り出した。
いったんは息子が結婚した時に、このミシンをお嫁さんのためにと、あげたのだけど、不要だというので、また送り返してもらった。

このミシンを使うのは、何年振りだろう?
母の大切にしていたミシン。
まだまだ使える。

でも、私はミシンが上手に使えない。
父に似て手の先が不器用だから。
いつも、そう思い続けてきた。

中学の時、私と私の親友のEさんだけが、家庭科の先生に、さんざん、怒られてから、ミシンを使うのが嫌いになったのだ。

私は料理は好きだけど、裁縫や、アイロンがけが大嫌いなのは、この中学時代の家庭科の先生に、さんざん怒られたからだと思う。

そして、私は、自分が、すごく不器用だと思いこむようになった。
私は、裁縫が出来ない、ミシンが使えないと思い込んでいた。

だから、母が生前、ミシンの使い方を教えてくれようとした時も、ろくすっぽ、聞かなかった。今は、そのことを、とても後悔している。

何年か前に、母のミシンを使ってカーテンを縫った時も、近所の親切なIさんに、ミシンの使い方を聞いた。彼女は、何かと親切にしてくださる、たった一人のご近所さんなのだ。

そして、今回も、ミシンを何年かぶりで開けた時、どこに糸を通すのか、頭が、こんがらがってきた。YOutubeのビデオを見てみるも、余計わからなくなり、Iさんに電話したら、早速、忙しい夕方時刻というのに、来てくださった。

そして、親切に教えてくださった。
よくよく、ミシンを見ると、前回の時に、ミシンの糸を通す順番を、マジックで番号を書いていた。
なあんだ!と思ったが、やはり、それでも、Iさんに聞かなかったら、こんなにスムーズにミシンが使えなかっただろう。

夕食前に、済ませようと、ミシンを縫い始めたら、あっという間に縫いあがった。

ミシンを使っている時の、あの至福に満ちた時間、幸せだなと感じた。
お母さん、有難う、こんな素晴らしいものを残してくれてと、また有り難く思った。

母は、私と反対で、とても器用な人だった。母の祖父は、大工の棟梁をしていたという。
その血筋を受けてか、裁縫も大工仕事も、庭仕事も器用にこなしていた。
父は、反対で、ものすごく不器用で、何もできず、大工仕事も、すべて母がやっていた。
水道のパッキンの交換なども、母は自分でやっていたのを思い出す。

そんな母の思い出を思い出しながら、平成最後の夜は、平安な気持ちで過ごすことが出来た。

?。


にほんブログ村



コメント (6)   この記事についてブログを書く
« フィットネスクラブが、なく... | トップ | また、トラブルが!イギリス... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
嫌われている理由 (tako)
2019-05-01 18:50:42
息子さんの嫁さんが冷たい理由は、将来同居を希望されたり、介護しなくてはならなくなったりすることを恐れているのではないでしょうか?息子さん夫婦の生活を邪魔されたくないと、寄せ付けないように冷たくしていると思います。
takoさん、初めまして。 (白日夢)
2019-05-01 22:47:02
コメント有難うございます。

私は、将来、同居する気もないし、介護してもらうことも、無理だと思っています。

今の私たちの年代(60代)は、皆、自分の子供を当てにしていない人が多いと思います。


カーテン (RainDrop)
2019-05-02 09:28:02
白日夢さん こんにちは。

息子さん夫婦は 震災にあわれたのでしょうか、
それとも そうではなく その頃に 東京に住まわれていて 息子さんが3年間 お一人で住んでいたということですか。
震災にあってしまったのなら 親、兄弟、親戚が手助けに行くのは ごく自然なことですが それ以上は
分かりません。
でも いつか あんなこともあったねと 水に流して
仲良くできる日が 来るといいですね。
感情が入る、こういうことは 紙に書いてみると 道しるべがわかるのではないでしょうか。

ふと思ったのですが カーテンって 色々な意味が
ありますね。どんなカーテンができたのでしょう、
使うのが楽しみですね。

体調良く お元気でいらしてください。

それでは また!







Rain Dropさん、有難う! (白日夢)
2019-05-02 09:47:29
コメント有難うございます。

息子とお嫁さんと、2歳になる孫が、東京に住んでいました。
息子は、イギリスに1年間、留学してやっと英語を使った仕事に就くことが出来ました。

あの震災がなかったら、と、いつも悔しく思われます。
勿論、息子や私たちが受けた以上の、もっと大変な人生を歩んでいる人々がいるのは、知っています。

でも、あの震災がなかったら。。。と、ついつい、考えてしまうのです。

震災のあと、お嫁さんは孫を連れて実家に帰ってしまいました。放射能の影響を心配して、のことです。

お嫁さんは、神経質なところがありますし、殆どの小さい子供をお持ちのお母さんは、やはり、皆、不安だったと思います。

それで、息子と家族との別居生活は、長く続きました。
息子は、東京で、仕事をして、孤独な生活をしていました。
震災のあと、心配になって、日本に帰ってきていたので、息子のところに訪ねました。

カーテンはイギリスの風呂場のカーテンで、レースのカーテンです。既製品を買って、サイズに合わせて、縫いました。
Unknown (RainDrop)
2019-05-02 22:24:09
白日夢さん おはようございます。
アメリカは 今 午前9時です。今年はいつまでも
寒い日々です。住んでいるところは、お天気がコロコロと変わる場所ですのですよ。

さて、お母さんのミシンを使って 気持ちの良い
お仕事をなさいましたね!👏 特価で買ったカーテンをちょっと手直しして使うのは 素敵ですね。そういうの、私も憧れます。

震災のこと、そうだったのですか。あの頃は 放射能の恐怖が 子育ての人々には 大きな問題でしたから
お嫁さんも 不安だったでしょうね。
所帯を持つた子供の家庭との関係、この話は とても
勉強になる課題ではないでしょうか。一言で 誰がどうとか言えませんが よく考えるための事柄ではありませんか。私も 人と人との間について 久しぶりに考えることができました。
そろそろイギリスが 恋しくなりませんか。
沢山のお土産話を持って 帰英なさってくださいね。

嫁姑のことは よくあることですが 良いことを見つけていくことが あなたのような素敵な人には 似合っていますよ。ピアノや絵があるではないですか。
誰もができることではありません。
お体を大切に 日々をお元気でいらしてください。

私も なんで、ということを身内に持っていますが
忘れるようにしています。月並みですが悩みのない人はいませんね。友達と話していて そう思います。
今は 私の悩みを口にはしないでいます。考えがどう変わるか分からなし、現在は 夫との生活を全うすることが大切だからです。

Rain Dropさん、再コメ有難う! (白日夢)
2019-05-02 23:43:35
今年は、日本も、この時期にしてみたら、少し肌寒いと感じます。
去年の今頃は、半袖だったと思います。
私は、朝晩、ここでは、ストーブをつけたりしています。
5月で、こんなのは、本当に珍しい!!

息子たちのことを考えると、ネガティブな気持ちになってしまうので、出来るだけ、考えないようにしています。

イギリスに帰ったら、仕事も待っています。
そろそろ、こちらでの用事は、ほぼ片付いたので、イギリスに帰りたくなっています。

喧嘩しても、やはり、夫と一緒に食べるごはんは、良いものです。一人で食べるごはんは、わびしいものです。
といいながら、一人でも、今しか手に入らない食材を使って、和食を、思う存分作って、楽しんでいました。

そうですよね。人生は川の流れのように、いつも変化があるもの。
いつまでも、同じところにとどまっていられない。

コメントを投稿

日本に帰国中」カテゴリの最新記事