50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

忽然と消えたメガネ

2019-03-07 23:50:39 | 日記
私が、この何年か、ずっとかけていたメガネが、今夜、忽然と消えてしまった。

台所で、夕食の支度を終え、居間に、食卓の用意を整え、座って食事をし始めた時、
食事の時、メガネを、はずすことが多い。

いつものように、テーブルの隅にメガネを置いて、食事をしていた。
今日は、ハンバーガーにした。
Lidlで、バーガー用の美味しそうなバンが売っていたので昨日、買って置いたのだ。
ついでに、脂身が5%のビーフのミンチ肉も買って置いた。


おっと、温野菜を買うのを忘れていたので、今日は、冷たいサラダ、
寒い季節にサラダは、いまひとつだけど、レタスとトマトとキュウリしかなかったので仕方ない。


昨日は、少し手の込んだ料理、チキンと野菜の甘酢あんかけ、美味しかった!
まるで、日本にいるような食事を楽しんだ。

今日、食事が終わった後、テーブルの上にあるはずのメガネがなくて、あちこち探したが、とうとう
どこにも見当たらなかった。
勿論、床に落ちていないかも見た。
夫も手伝ってくれて、家じゅう探したけど、忽然と、まさに忽然と消えてしまったのだ。

つい、今まで手の届くところにあったものが、忽然と消えてしまったことの気持ち悪さ。

でも、これが最初ではないのだ。

この家では、頻繁に起こらないけど、それでも、何故か、わからないけど、
引き出しに入れてあった、ごはんしゃもじが、3回も消えてなくなった。

だから日本に帰るたびに、ごはんしゃもじを余分に買って帰る。
霊だか、何だかわからないけど、この世のものではない、何かが、いたずらしてるとしか思えない。

父が亡くなった後は、それは、気持ちの悪い現象が起きたものだ。
家のものが、物体移動としか考えられない場所に移動していたり、消えたものが、何か月かして、また
もとの場所に戻っていたり。

この世のものの仕業とは、考えられないことが、頻繁に起こった。
気持ち悪かったけど、それにも、だんだん慣れてきた。

電気が勝手に点いたり消えたりするのも気持ち悪いし、物体移動するのも気持ち悪いけど、最近では、
こういう、物の怪みたいなものが、いるんだなという現実を受け止められるようになってきた。

出来れば、こういう事が起こってほしくないし、大変迷惑なんだけどね。
特にメガネは、大事なものだから、日本にいないから、簡単にメガネは作れない。
余分に何個かあるけど、いつものメガネが一番、かけ心地が良かったのに。。。(~_~;)

翌朝のこと、私より早く起きる(仕事の依頼がいつ来るかわからないので)
夫がいつものように、コーヒーを入れようと、エスプレッソマシンの上を見たら、
「はい、お返ししますよ~」と言う感じで、きちんと揃えて、私のメガネが置かれていたという。

これには、さすがの夫もびっくりしていた。

私は、それほど、驚かなかったけど、やっぱり、霊界の仕業かな、
なんて思ってしまった。(・_・;)


にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 昨日は、ひな祭り | トップ | 大変なことになってしまいま... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (porori)
2019-03-10 18:51:24
こんにちは~。

うちもよく物が忽然と消えることがあります!
「神隠し」と呼んでますが(笑)。
オットは私がボケてると思っていますけどね・・・。

白日夢さんの家はもしかしたら小人が住んでいるのかもしれませんよ~♪
子供の時にイギリスの作家メアリー・ノートンさんの「床下の小人たち」を読んでから小人はいると信じてるおばさんです(笑)。
時々人間の物を借りに来るらしいから。
Pororiさん、有難う! (白日夢)
2019-03-10 19:14:36
イギリスの作家メアリー・ノートンさんの「床下の小人たち」、この物語は、読んだことないです。
面白そうですね~(#^.^#)

物が忽然と消えてしまうこと、今回は、そういう霊的な事を信じない夫でさえ、そういうものを、感じたというのですから、私のもの忘れでは、済まされない!
認知症になるには、まだ早いし~~(-_-;)

ご飯しゃもじが、3回にも渡って、忽然と消えたのは、小人さんがいるのかな~って考えられますね。よほど、気に入ったのね!白いプラスティックのごはんしゃもじ、ダイソーで買ったやつ!(;^_^A
 コメント有難う~

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事