50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

昨日は、ひな祭り

2019-03-04 22:54:09 | 海外生活
最近、お友達になった日系カナダ人のフランシスさん、
彼女とは、スペイン語のクラスで知り合った。

スペイン語のクラスは、スペインに行く目的で、始めたんだけど、これが、いつ行けるかわからないのと、
勉強する暇もなく、授業についていけないので、やめようかと思っている。

授業料は、とても安いのだけど、それでも、毎回、通う時のバス代と合わせたら、やはり、勿体ないなと思ってしまう。どうしても必要に迫られたものではないし。


そのフランシスさんが、ちらし寿司を、子供の頃に食べたっきりだというので、ひな祭りの機会に作ってあげようと思った。
あとは、もう一人、私の日本人の生徒さんを招いた。

リドルのイタリアンフェアで買った蛸のカルパッチョ。



勿論、新鮮な蛸があればいいけど、ここでは、手に入らない。
大阪人としては、残念だ。たこ焼きは、大阪の名物だから。
といっても、私は、たこ焼きは、子供の時、母と一緒に作ったきり。

この日は、蛸のカルパッチョと、ちらし寿司、豆腐の味噌汁、



貧乏ながら、ピンク色の布をテーブルクロス代わりに、女子らしくしてみた。(#^.^#)




そうそう、1月にブライトンに行った時に、日本食料品店で買った、酒かすが残っていたので、甘酒も作ってみた。

そして、仕上げは、ぜんざいだ。

どれもこれも、好評だった。ちらし寿司は、面倒で、来客がある時くらいしか作らない。
夫にも、手伝ってもらった。錦糸卵の作り方を教えた。

昔、夫が、私が錦糸卵を作った時、驚いたのを思い出す。
なんて、綺麗なんだ、なんて、繊細なんだ、って言ってくれたのを。

あの頃に、戻りたいなあ、なんて、ふと思ってしまった。

食事の後は、皆で、かるた取りをした。
これが、とても楽しかった。
おまけをして、一等賞は、フランシスさんが勝ち取った。
笑いの絶えない一日だった。

夜は、他の友人から電話があり、パブ、ドルフィンで、ジャズライブがあるとのことで、1年ぶりに出かけた。
そういえば、去年の今頃も、ドルフィンで、皆で楽しく過ごしたことを思い出す。

私も出演してみたいと思ったが、やっぱり無理だな~と思った。
私の腕では、まだまだ無理だ。いや、一生、無理かな?


にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 春は、すぐそこまで来てる。... | トップ | 忽然と消えたメガネ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

海外生活」カテゴリの最新記事