50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

行きは、よいよい、帰りは、こわい!(;´Д`) その3

2018-05-12 15:57:43 | 日本からイギリスに帰る
ホテルに着いて、この日は、やっとリラックスできると思った。
部屋に入った途端、暑いなあ、と予想もしなかった暑さに、驚いた。

天井を見上げると、南国にあるような扇風機が取り付けられている。



どうやって回すのか、念入りに見てみたら、スイッチがあって、扇風機を回すのに成功。(^_-)-☆

夕食、案の定、どこも食べに行くところがない。
パブが近くにあったけど、一人でパブに行く勇気がなかった。(~_~;)

こんなこともあろうかと、日本から持ってきたカップヌードルと、割りばしを取り出して、
簡単な夕食を済ませた。

荷物を整理して、お風呂に入り、すぐにベッドに横になった。
考えてみたら、22時間、ずっと眠っていない。
そのせいか、すぐに眠りについた。

扇風機があるお陰で、良い風が吹いてきて、気持ちよく眠れた。

あとは、翌朝、イーストボーンに行くタクシーを待って、家に帰るだけだ!!

ところが、このタクシーが、とんでもなくストレスだったのだ。
朝、ホテルの外で待っていても、タクシーが、時間になっても来ないので、どうなってるのだろうと
思っていたら、タクシーのドライバーから携帯に電話がかかってきた。

そのタクシードライバーの話す英語が、何を言ってるか聞き取れない。
イギリス人ではないようだ。あとで聞いたらスリランカ人とのこと。

どうやら、ハイストリートにいるが、ホテルが、どこにあるかわからないらしい。

散々、電話でのやり取りをしていて、どうにも手に負えなくて、レセプショニストのネパール人に、
電話を代わってもらった。

タクシーは、大型のバンでメルセデスだったが、リクライニングも出来なくて、おまけに
この運転手、最初から最後まで、ずっと携帯で、友達か誰かとスリランカ語を話し続けて、疲れた。

ぶっ飛ばして車を運転しているかと思えば、急ブレーキをかけるので、リラックスしして、乗って
いられなかった。

挙句の果てには、気分が悪くて、窓を開けてと言ったら、全開にして、風がびゅうびゅう、入ってくる。
「そんなに開けなくて、もう少し閉めて」と言ったら、全部、閉めるのかと、こちらの言うことが全くわからない。
言葉の問題でなくて、常識で考えたらわかるだろうが、ということでも、わからないようだ。

しかし、幸い渋滞もなかったので、2時間ちょっとで、家に着いた。

長い道のりだった。
イギリスから日本へ行く道のりは、楽だったけど、帰りは大変だった。

これが、また来年も、繰り返されるのかと思うと、ぞっとするけど、やはり、日本には、一年に一回は、帰りたいと思うのだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 行きは、よいよい、帰りは、... | トップ | 心が折れてしまいそうになる... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (三毛)
2018-05-13 09:11:37
イギリスに戻られたのですね!
私は3カ月半の滞在予定なので、もうちょっと日本にいます。

いつも往路・帰路ともに移動は大変だけど、その度に到着時のうれしさもひとしおというか、自分のおうちは最高だ!と思いませんか?
きっと白日夢さんも今頃イギリスのよさを満喫されているかと思います。
長旅おつかれさまでした!
三毛さん、いつも、コメント有難う! (白日夢)
2018-05-13 14:51:34
三毛さんは、3か月半、日本に滞在するのですね?
思い切り、日本の美味しい食事など満喫できるのではないかと思います。

私も今回、約2か月近く(仕事があるので心配でしたが)滞在して、日本を満喫出来ました。

前半は、体調が悪くのですが、喘息もなかなか治らなかったのですが、後半は、友人知人と会ったり、日本のフィットネスクラスや、焼き鳥、やりたいことを出来て、充実した時間を過ごせました。
日本からイギリスに帰る時は、いろいろストレスですが、やはり、どちらの国に帰っても、自分の家はいいものですね?

イギリスは、昨日は、雨で、肌寒い一日でした。
三毛さんも、気を付けて、イギリスにお戻りくださいね。

コメントを投稿

日本からイギリスに帰る」カテゴリの最新記事