50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

高槻ジャズストリートに行ってきました!

2017-05-04 19:58:34 | 日記
昨日は、お腹の調子が悪くて、結局、行けなかった高槻ジャズストリート、まさに、お祭りのような感じで、大賑わいでした。

こんなに、大掛かりな、ジャズフェスティバルがあったなんて、13年前まで、隣接した枚方市に住んでいたのに、こんなフェスティバルがあることさえ知りませんでした。
この高槻のジャズイベントが始まったのは、19年前だそうだそうです。

最初は、きっと、小規模のお祭りだったのでしょうけど、今では、こんなに大掛かりなイベントになってしまうなんて!

私が着いたのは、JR高槻駅、午前中、いろんな雑用を片付けて、朝食兼昼食を済ませてから、チャリで駅に行き、やっと、電車に乗り込みました。

電車は、思ったほど、混んでなくて、座ることが出来てラッキーでした。
私は、足底筋膜炎なので、立ちっぱなしが、とても、つらいのです。

高槻の駅に着くと、早速、ボランティアの方々が、「ジャズストリート」のパンフレットを配っていました。

その昔は、枚方に住んでいたので、高槻にも、何度か来た事があるはず!?
なのに、どこがどうなのか、すっかり忘れてしまっていました。

ボランティアのおじさんに「FMCOCOLOのブースはどこですか?」と聞くと、親切に、駅の外まで出て行って説明してくださいました。

でも、人気があるのは、(上手な人が出るのは)、この阪急の駅のちかくだよ。20番と26番だと教えてくださいました。

何と、高槻市の中心部において、全部で63か所において、ライブが行われるというのです。
5月3日、5月4日の2日間、このイベントが催されるそうです。

私は、まず阪急の方面を目指して歩きました。
昔、来た事のあるはずなのに、さすがに、来た事があるのは、もう20年近く前になるから、すっかり忘れてしまっています。

それにしても、どこに行っても大勢の人々だこと!
阪急高槻市駅周辺で、一つのバンドの演奏を聴いてみることにしました。
上手!プロ並みだなあ。
でも、歌は、イマイチかも?と思ったり。

キーボードのお姉さん、とても上手!
これくらい弾きこなせないと、人前では、弾けないのか?
なかなか、厳しいなあと、つくづく自分の腕のなさに情けなくなったりしました。

30分ほど聴いて、ほかの所に行こうと、FMCOCOLOのブースになってる小学校に行くことにしました。

やっと人混みをかき分けて、校庭に入ってみると、もう、人、人、人で、ぎっしり!
皆さん、レジャーシートを敷いたりして、まるで、お花見か、BBQのようなお祭り騒ぎです。
ビールを売ってたり、焼き鳥を売ってたり、家族連れも目立ちました。
外国人のグループも結構いました。

それにもまして、多かったのは、団塊の世代の方々です。
70代くらいのおじさまが多かった!
この年代の方々は、ジャズが好きな年代のようです。

もう、ここは、立って待ってるだけで、くたびれてきそうなので、早々と退散しました。
もう一度、JRの高槻に戻って、ラッシュアワーになる前に帰ろうかなと思いました。
歩いていくと、どうやら、また阪急の駅に戻ったようです。
その途中にも、いろんなお店の前やお店の中で、演奏している人々がいました。

自分も演奏する側になったら、さぞや、楽しいだろうなあと思いました。

最後に阪急の駅前で、TSUBO-KENバンドというグループの演奏を見ました。
サックスがかっこいい!
いや、、キーボードも、ギターも、ドラムも、すべて、すごく洗練されていました。
久々に生演奏を聴いて、鳥肌が立つような感じを覚えました。

これは、まさにプロだなあ、と、つくづく感じました。
そして、ここは、ボランティアのおじさんのお勧めの場所でした。
ボランティアのおじさん、有難う!

帰りは、立ちっぱなしでくたびれていたので、阪急の駅前のサイゼリアに入って、小さなピザとコーヒーを飲んで、帰途につきました。
本当は、もっと、聞いて帰りたかった、見て帰りたかったのだけど、さすがに立ちっぱなしだったので、私には、無理でした。
一人で行ったからこそ、気ままに行動できたのだと思います。

ちなみに、一人で来てる人は、意外と多かったです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 終の棲家は、どちらの国? | トップ | 関西空港より »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事